メールアドレス  >

 

 

 

ラオスへ移住…生活費を紹介したブログで、ビザの取得と仕事のことも。移住するためには?その費用も紹介

  ラオスに移住するなら、生活費は 一人なら月10万円程度はみておこう。     ブログを手段にしてラオスに移住する具体的なノウハウは 以下の無料ニュースレターで学んで頂→続きを読む

イタリアの永住権の条件は?イタリアの永住権を持っているロシア人との結婚でビザと永住権を。結婚、国籍

  イタリアの永住権の条件と言えば、5年の居住。 問題になるのは、それに耐えうる収入と貯蓄だ。     ブログを手段にしてイタリアに移住する具体的なアイデアは 以下の無料→続きを読む

オーストラリアへ移住!職業のリスト、老後や後悔、移住条件は?失敗や費用など移住するには必読!子連れも

  オーストラリアへ移住するなら、職業のリストを見る前に オンライン収入のつくり方を考えよう。     世界のどこに住んでも尽きない安定収入を得る具体的な手段は 以下の無→続きを読む

クアラルンプールの家賃相場!コンドミニアムやアパートの家賃の相場…駐在員の家賃は安い?

  日本人に人気の移住先、マレーシアの首都クアラルンプール。 家賃相場は、日本人が住むようなコンドミニアムなら5万円ほど。   日本と違うのは、コンシェルジェが常駐していて ジムや→続きを読む

フィリピンの永住権の意味は?ハロハロ、条件やメリット、費用…永住ビザ・永住権取得の方法(取り方)、税金や土地の購入など

  フィリピンの永住権を取る意味・・・   それは、最も簡単に 日本以外の住む場所を確保できるということだ。     フィリピン永住権取得者による詳細、 現地に→続きを読む

マレーシアに移住…40代がマレーシアで働くことは可能?50歳(50代)の海外移住とマレーシア移住の仕事(求人40代・50代)、子連れなど

    近年マレーシアへ移住する人が増えている。   若い人はもちろん、40代から動き出す人もいる。     移住にまつわる情報を集めてみた。 &nb→続きを読む

シンガポールに移住、費用は?シンガポール移住の仕事や芸能人(有名人)の後悔…40代の子連れの看護師の失敗やデメリット、移住手続き

  シンガポールに移住する費用・・・   これを考える場合、日本の都市部と変わらないか それ以上になる現地の家賃を覚悟しておこう。   富裕層以外は、ほとんどの人が 他人→続きを読む

プーケットに移住、生活費や仕事をブログで紹介。ビザや方法、物件を移住者が語る

  プーケットに移住して生活費を抑えようとしても、 ここは観光地。あなたが思うよりもコストは高い。   そもそも、タイの生活費は年々上がり続けている。     →続きを読む

移住しやすい国はヨーロッパなら?ランキング(欧米など)を移住者が紹介…日本人にはどこ?

  ビザの点で移住しやすい国をヨーロッパで挙げるなら、 ひろゆきも住むフランス。メジャーな国なので意外だ。     海外移住者による移住しやすい国の情報、 移住しても入り→続きを読む

ベトナムで永住権取得…取り方は?取得の条件や無住宅ローン、人数や日本人の結婚など移住者が紹介

  日本人に人気のベトナムだが、 永住権取得が簡単ではないのは知っておこう。   結局、一番楽なのは ベトナム人パートナーを探すことだろう。     長期滞在者→続きを読む

マニラのブログ!マニラ駐在とコンドミニアム、フィリピンの駐在妻と子供、不動産投資や生活のマニラブログを紹介

  マニラについて語ったブログはいくつもあるが、 駐在の方のものには読み応えのあるものが少ない。   どの国でも、自分の意志で移住した人のほうが 冒険に満ちている。   →続きを読む

タイ移住で後悔!チェンマイの移住失敗と後悔…チェンマイ移住生活費や仕事(仕事探し)、バンコクなど老後はタイ移住?

  タイ移住で後悔する人の声として、   ・本格的な現地料理が口に合わない ・都市部は生活費が上がっていて、思ったより楽に生活できない   といったものを耳にする。 &n→続きを読む

東南アジアに住むなら?海外に住みたい!仕事と移住のおすすめ、海外に住むなら転職の求人は?海外に移住するなら…海外移住者が語る

  東南アジアに住むなら、自分のいるフィリピンがおすすめ。   ・英語が通じやすい ・生活費が安い ・基本的に親日 ・日本から近い ・ビザがゆるい   などが理由だ。 &→続きを読む

教育移住で失敗!マレーシアやオランダへの教育移住の失敗、海外移住と教育について移住者が語る

  教育移住の失敗でよくあるのは、学校選びの間違い。   下手な学校を選んでしまうことで、 バイリンガルになるどころか 日本語すら中途半端になってしまうのは怖い。   &→続きを読む

フィリピンで屋台ビジネス!フィリピン屋台を始めるなら…現地在住者が紹介

  フィリピンで屋台ビジネスを考えるなら、 先にテストマーケティングを必ず行うこと を必須としたい。   「日本よりコストが抑えられる」程度の考えだと 貴重な時間とお金を無駄にする→続きを読む

メールアドレス >
1 2 3 5
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ