タホがファミマで?フィリピンから日本へ。レシピは?フィリピンのスイーツ、タホの値段は?


 

フィリピンの定番スイーツ、タホがファミマで食べられる・・・

 

やはりフィリピンで人気のハロハロが

ミニストップでありましたが、フィリピンに進出しているコンビニは

果敢にフィリピンに切り込んでいきますね(笑)。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

タホがファミマで買えると

話題になっていますが、

タホとは何でしょうか?

 

フィリピンから

日本へ入ってきたらしいですが、

レシピはどんなものでしょうか?

 

 

フィリピンのスイーツ、

タホの値段なども紹介します。

 

 

 

タホが日本のコンビニ、ファミマで買える?タホはフィリピンから日本のどこへ?

 

タホというフィリピンのスイーツが、

日本のコンビニで手に入るようになりました。

 

そもそもタホとは何でしょうか。

 

 

タホとはフィリピンのスイーツで、

すでに日本で有名になっているハロハロと共に

フィリピンを代表するスイーツです。

 

 

ルーツは中国にあるようで、

フィリピンがまだスペインの植民地になる前の

時代に中国から豆腐が伝わったことから始まっています。

 

基本のタホは日本の絹ごし豆腐のような温かい豆腐に、

タピオカのような「サゴ」という丸い粒々を混ぜて

黒蜜をかけるというシンプルなものです。

 

 

フィリピンでは朝食に食べることが多く、

国民的な食べ物です。

 

 

また、フィリピンで街を歩いていると

道端で金属製のバケツをかついで

タホを売っている男性をよく見かけます。

 

タホ売りのおじさんが声をかけると、

子供たちが家から出てくることもあります。

 

 

そのくらいフィリピンの人々の暮らしに

根付いている食べ物なのです。

 

 

では、日本でタホが

買えるのはどこでしょうか?

 

 

タホはファミマで買えるのです。

 

製造しているのは

EMIAL(安曇野食品工房株式会社)です。

 

 

ただし、日本人好みに合うようにアレンジされており、

フィリピンの人が食べているタホとは少し違っていて、

豆腐が液体に近くて半固形状の豆乳のようになっています。

 

また、タホはフィリピンではサゴが入っていますが、

ファミマで売られているタホには

サゴの代わりに粒あんが入っています。

 

 

タホをフィリピンで食べた人が日本でこれを食べると、

タホではないと感じるかもしれませんが、

これはこれでおいしいという評判です。

 

 

また、東京の高円寺駅前に

「303 mAtcHa LaB」というスイーツ専門店がオープンし、

ここでもタホが販売されています。

 

ここは抹茶スイーツの専門店なので、

抹茶味をはじめフルーツ入りの

タホも味わうことができます。

 

 

 

タホのレシピ教えます。フィリピンのスイーツの作り方紹介!購入の場合の値段は?

 

タホを自分で作りたい人のために

レシピを紹介します。

 

タホはフィリピンでは

各家庭でも作られているスイーツで、

作り方はとても簡単です。

 

 

タホはフィリピンではとてもポピュラーで、

よく朝食として食べられるため、

各家庭に独自のレシピがあります。

 

ここで紹介するのはその一例です。

 

 

日本ではサゴが手に入りにくいので、

代わりにタピオカを使用します。

 

 

材料は二人分として、

グラスか透明カップを

2つ用意してください。

 

 

・黒砂糖 30g

 

・水 100ml

 

・乾燥タピオカ 20g

 

・絹ごし豆腐か、おぼろ豆腐 200g~300g

 

 

「作り方」

 

1.黒砂糖と水を混ぜて加熱し、時々かき混ぜる。

 

時々味見をして甘さを調節する。

 

2.タピオカをお湯につけて15分放置し、

さらに弱火で15分煮る。

 

 

3.豆腐を熱闘で5分温める。

 

4.グラスかカップに豆腐を入れ、

その上にタピオカをのせる。

 

5.黒蜜をたっぷりかけて完成!

 

 

フィリピンの代表的なスイーツである

タホを日本で味わい、フィリピンの

文化を感じてみましょう。

 

 

フィリピンのスイーツである

タホの値段はどのくらいでしょうか。

 

 

フィリピン現地で購入すると、

約20ペソ(約45円)と非常に安価です。

 

日本で購入すると、ファミマで売られている

EMIALのタホは258円で、やや高価な印象ですが、

それでもタピオカ飲料より安いです。

 

 

東京の高円寺駅前の「303 mAtcHa LaB」のタホは

450円~580円と、やや高価ですが、店内でくつろぎながら

さまざまな味のタホを楽しむことができます。

 

 

 

まとめ。タホをファミマで買える?

 

タホがファミマで買えることが分かり、

スイーツ好きな方にとってまた1つ

選択肢が増えました。

 

 

タホはタピオカのように

ブームとなるのでしょうか。

 

タホはフィリピンと日本をつなぐ

新たな架け橋となるかもしれません。

 

 

タホに黒蜜をたっぷりかけて食べる宮西。

自分と同じくマザコンです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

ユーモアを忘れてしまったあなたへ。

 

このコンサルでノウハウを学んで

ガッツリ稼いで成功者の人生を楽しみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授