フィリピンの永住権の意味は?ハロハロ、条件やメリット、費用…永住ビザ・永住権取得の方法(取り方)、税金や土地の購入など


 

フィリピンの永住権を取る意味・・・

 

それは、最も簡単に

日本以外の住む場所を確保できるということだ。

 

 

フィリピン永住権取得者による詳細、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、フィリピンの永住権を

取る意味や方法について説明する。

 

 

 

フィリピンの永住権を取る意味!メリットやデメリットは

 

フィリピンの永住権を取る意味としては、

ビザなしで滞在できる、

30日を超えて滞在することができる。

 

 

他にもメリットは、不動産や株を保有することができる点、

銀行口座を開設することができる点、

ジャパンレールパスを購入できる点があげられる。

 

 

一方で、デメリットとしては、

永住権を取得する際に手数料がかかること、

維持するのに年会費がかかることがあげられる。

 

 

しかし、フィリピンに長期滞在するなら、

永住権を取得した方が圧倒的に良い。

 

 

フィリピンの不動産や株に投資をして

資金を増やすこともできる。

 

低金利の日本とは異なり、

フィリピンでは預金の金利が高いので、

利息だけでも相当な金額になる。

 

 

また、ジャパンレールパスが購入できるので、

日本に帰国した際、かなり安い料金で

鉄道に乗ることができる。

 

 

 

フィリピンの永住権、永住ビザならハロハロ?

 

フィリピンの永住権や永住ビザを取得する場合、

ハロハロという会社のサービスを利用するのがお勧めだ。

 

ビザの取得以外にも、住居の紹介など

生活に必要なサポートをしてくれるからだ。

 

 

あなたが、フィリピンのリタイアメントビザの

申請を考えているなら、リモンズのサービスも魅力的だ。

 

費用を抑えるプランや、最短でビザを取得できるプランなど、

様々なプランが用意されているので、

自分に合ったプランを選べる。

 

 

永住権の申請は、わざわざ会社のサービスを

使わなくてもできる、と思う人もいるだろう。

 

しかし、フィリピンの永住権の規定が変わったり、

書類を用意したり、意外と大変と感じる時もある。

 

 

多少、余計に費用がかかっても、

確実・最短で手間なくビザが取得できる

サービスを使うのも一つの方法だ。

 

 

 

クオータービザなどフィリピンの永住権の条件や費用!結婚など日本人の永住(13aなど)

 

フィリピンの永住権のなかでは、

クオータビザがかなり使い勝手が良い。

 

 

クオータビザを取得すると、永住権をもちながら、

フィリピンで仕事をすることもできる。

 

ワーキングビザの場合、仕事を解雇されると、

永住することが難しくなるが、

クオータビザならその心配はない。

 

 

クオータビザの手続き費用は、

1,500~2,500ペソ(日本円で5,400円ほど)だ。

 

年会費はないが、1年更新のたびに

手数料が1,000円かかる。

 

 

他の永住権の種類としては、

フィリピン人と結婚する条件を満たせば

発行できる、結婚用ビザがある。

 

多くの日本人は、結婚用ビザで永住している。

 

 

結婚用ビザは、13aとも言われている。

 

 

結婚用ビザは、配偶者が取得に

協力してくれるので、手続きの負担が少ない。

 

一方で、相手がいなければ始まらない、

というかなり不確定なものでもある。

 

 

 

フィリピンの永住権を取得!永住権取得の方法、取り方を紹介

 

フィリピンの永住権を取得する方法は、

仲介業者に頼んで手続きしてもらうケースが多い。

 

仲介業者を決めて申し込みをしたら、

日本で必要な書類をそろえる。

 

 

書類は全て英語に訳す必要がある。

 

 

その後、日本から永住権取得の際に

必要な金額を送金する。

 

 

いよいよフィリピンに滞在して、ビザの申請を行う。

 

一か月くらいは滞在する予定でいた方が良い。

 

 

ビザの申請が完了したら、出国できる。

 

 

ビザの取り方は、上のような流れなのだが、

当然、書類や手続きは全て英語だ。

 

英語に自信のある人以外は、

仲介業者に頼んだ方が、

確実・短期で手続きができる。

 

 

自分も、ビザを取得する際は、費用を抑えるために、

自分で役所に出向いて手続きしようと思っていた。

 

しかし、初めてやる手続きばかりで

よくわからないことが多く、時間と手間ばかりかかるので、

結局、仲介業者に依頼した。

 

 

使うべきところでお金を使うべきなのだ。

 

 

 

フィリピンの永住権を取ると税金や土地の購入は?

 

フィリピンの永住権のうち、

クオータービザを取得するには、

4万ドル以上の預金証明書が必要だ。

 

これは、経済的にも余裕がある人に

永住権を出したいという意図がある。

 

 

フィリピンの永住権取得のため、

ゆうちょ銀行からフィリピンの

銀行口座に送金することもできる。

 

 

フィリピンの永住権のうち、APRVは、

取得が簡単で使い勝手も良い。

 

年齢制限はない。

 

 

5日、フィリピンに滞在すれば

取得することができ、

長期滞在する必要がない。

 

 

フィリピンの永住権を取ると、

出国時に税金がかかるようになる。

 

1年以上滞在した後、出国する際、

大人1,620ペソ、子ども810ペソかかる。

 

 

また、出国許可証明書の発行に

毎年1回目は、2,880ペソ、

2回目以降は2,170ペソかかる。

 

 

つまり、フィリピンの永住権を獲得後、

大人が海外へ出国しようとすると、

約6,300円かかることになる。

 

 

永住権を取得すると、土地購入も可能になる。

 

しかし、フィリピンの不動産投資は

リスクも高いので、十分注意して行って欲しい。

 

 

 

まとめ。フィリピンの永住権の意味について

 

・フィリピンの永住権を取る意味としては、

ビザなしで滞在できる、

30日を超えて滞在することができる

 

 

・フィリピンの永住権や永住ビザを取得する場合、

ハロハロという会社のサービスを利用するのが、お勧め

 

 

・リタイアメントビザの申請を考えているなら、

リモンズのサービスも魅力的

 

 

・フィリピンの永住権のなかでは、

クオータビザがかなり使い勝手が良い

 

 

・フィリピンの永住権を取得する方法は、

仲介業者に頼んで手続きしてもらうケースが多い

 

 

・フィリピンの永住権を取ると、

出国時に税金がかかるようになる。

 

 

フィリピンでよく遊ぶ岩佐。

自分と同じくチョコミントに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ