ベトナムで永住権取得…取り方は?取得の条件や無住宅ローン、人数や日本人の結婚など移住者が紹介


 

日本人に人気のベトナムだが、

永住権取得が簡単ではないのは知っておこう。

 

結局、一番楽なのは

ベトナム人パートナーを探すことだろう。

 

 

長期滞在者によるベトナム永住権取得のより詳しい情報、

ベトナムに住んでも尽きない安定収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ベトナムでの永住権取得は安易に行えるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ベトナムで永住権取得!取得のメリットは?

 

まず、ベトナムについて簡単に紹介しよう。

 

 

東洋と西洋が混じった町並みから、

若者にも旅行先として非常に

人気のベトナム。

 

 

料理のレベルが高く、

特にフランス料理は

各国から一目を置かれている。

 

加えて、ベトナム料理は

日本人の口に合うものが多い。

 

 

フランス料理ではなく大衆料理こそ、

日本人に勧めたいものだ。

 

 

活気のある市場や親日国でも知られ、

移民の受け入れもいい。

 

 

また、何より物価が安く、

プチ贅沢ができることは

言うまでもない。

 

 

もちろん住むとなると

住居のことも考えなければならない。

 

その場合、高き地域があることも

頭に入れておいてほしい。

 

 

メリットばかりではなく、

デメリットも存在する。

 

 

移住に辺り住居探しでのトラブルや、

ベトナムのバイクが行き交う交通量の多さは、

誰しも一度はテレビで見たことがある。

 

空気の悪さから、どうしても気管の

弱い人など体調を崩しやすい。

 

 

年中温暖で、

過ごしやすいと言えば過ごしやすいが、

その代わり湿度も高い。

 

そのためカビが生えやすく、衛生面は

どうしても日本と比べると劣る

(日本が特別丁寧にされていることは知られているが)。

 

 

ベトナムで永住権を取得するためには、

無住宅ローンを組めばいいというわけではない。

 

 

基本的にワーキングビザから

永住へと考えている人が多い。

 

そして、お金を落とせば

永住させてくれる国があるのは事実だ。

 

 

しかしながらベトナムは少し異なっている。

 

 

不用意に外国人を誰でも受け入れる

と言うスタンスは持ち合わせていない。

 

 

ビザを取得するメリットは、

更新時まで滞在できることは

言わずもがな知られている。

 

だが難易度が国によって異なることを、

知っているのはそれよりも少ない。

 

 

注意点として、ベトナムの永住権は

気安く取れないと思っておいた方がいい。

 

長年ベトナムに勤めていたからと言って、

簡単に受け入れられるわけではないのだ。

 

 

国が徐々に発展してきたことから、

安易に外国人を受け入れていない。

 

 

 

ベトナムの永住権の条件…取り方は?

 

ベトナムで永住権を取る

確実な方法は「結婚」である。

 

 

この条件を満たしていればあとは簡単。

 

取り方も他のビザを取るようにスムーズに進む。

 

 

実際、ベトナムで永住権を

取得している人数は少ない。

 

ベトナムに滞在している日本人は多いが、

永住権を持っている日本人など一握りだ。

 

 

国際結婚がもっとも現実的な手段と言える。

 

 

他には、ベトナム政府から与えられた場合。

 

政府から推奨された科学者や

専門家なども、永住権が与えられる。

 

 

これも余程のことがなければ、

実現させることは難しい。

 

専門性の知識に富んでいる必要があり、

かつベトナムに貢献できるようなもの。

 

 

そうでなければ、政府の許可が

下りることなどない。

 

 

これを目標に仕事に励むのも結構だが、

正直なところ、永住権取得に向けては

あまり現実的ではない。

 

かといって、就労ビザでは

定年後に困ることは目に見えている。

 

 

定年後の悠々とした生活のために、

ビザを駆使しなければならない。

 

 

 

まとめ。ベトナムの永住権取得について

 

このように、

ベトナムの永住権取得は

なかなかにハードルが高い。

 

他の国でも永住権となると気安く取れはしないが、

観光ビザや就労ビザは他の国と同じようなルールだ。

 

 

こまめな更新をしながら

滞在することは可能なので、

ビザを見直してみてほしい。

 

 

ここでは永住権について触れただけだが、

住むこと自体を断られるわけではないのだ。

 

 

就労で来たものの、そのまま

ベトナム人の同僚と

結婚するかもしれない。

 

 

日本にいると、

どうしてもピンポイントで

ベトナム人と知り合うのは難しい。

 

しかし実際現地に行ってしまえば、

ベトナム人だらけなのである。

 

 

その中で結婚に進むという

可能性も大いにある。

 

 

妻子と共に仕事できた、

という人にはそれはできないが。

 

 

そのため、やはりビザの更新を考える他ない。

 

ベトナムでの永住権を取得するのは

困難だとまとめておく。

 

 

ホーチミンで気楽に暮らす有賀。

自分と同じく「結婚はいらない」派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ