オーストラリアへ移住!職業のリスト、老後や後悔、移住条件は?失敗や費用など移住するには必読!子連れも


 

オーストラリアへ移住するなら、職業のリストを見る前に

オンライン収入のつくり方を考えよう。

 

 

世界のどこに住んでも尽きない安定収入を得る具体的な手段は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

オーストラリアへ移住する際、

人気の職業リストとは?

 

 

老後や、実際移住してわかる

後悔やデメリットなど、移住を考えている人に

ぜひ知ってほしいことをまとめてみた。

 

気後れする内容もあるかもしれないが、

事前に知ることで対策しよう。

 

 

 

オーストラリアへ移住するには?気になる移住条件や費用、計画や準備のポイントなど移住方法を解説

 

海外への移住を計画している人のなかで、

オーストラリアは人気である。

 

オーストラリアへの移住の

計画を立てておこう。

 

 

まず、オーストラリア移住への

資金はどうするつもりか。

 

 

オーストラリアへの移住の条件では、

一定の資産があれば永住権も取れる。

 

オーストラリアへ移住する準備の際、

ぜひ視野に入れておいてほしい。

 

 

 

労働やビジネス、投資などの

カテゴリーで永住権を取得できる。

 

もちろん、結婚での

ビザであればまた別の話である。

 

 

年齢が49歳以下であれば、

永住権を目指すコースもある。

 

これは技術系ビザであり、

ポイントが合格点に

満たなければならない。

 

オーストラリアへの移住では、

基本的に65ポイントが必要となる。

 

 

また、オーストラリアの移住で

生活費がどれだけ必要かも

頭に入れておこう。

 

 

永住権を持っていない場合、

子供がいても、子供の学校の教育費、治療費など

無料で受けることはできない。

 

 

一人暮らしであればもちろん

どこを拠点にするかで、家賃が変わる。

 

月にして15万から20万

といったところだろうか。

 

 

 

オーストラリアへの移住で仕事は?永住権を目指すための職業リスト!地方によってビザ取得の条件が違う?

 

オーストラリアへ移住するにあたり、

ieltsスコアが必要となる。

 

 

TOEICよりもより

実用的な英語を使われる。

 

TOEICで優秀な点を

取っているからといって、

軽く見てはならない。

 

 

オーストラリアへ移住し、

永住権を目指すのなら

人気の職業がある。

 

 

オーストラリアへ移住した後、

医師として働くのは人気だ。

 

日本の医師と然程変わらない給与で、

労働時間が短いのが特徴。

 

 

また、オーストラリア移住で

看護師も魅力的である。

 

 

海外の医療で働く場合、

オーストラリアへ移住し、

資格を取る必要があることも押さえておこう。

 

 

オーストラリアで他の職を探すのであれば、

ケアンズが移住先としておすすめだ。

 

 

また、オーストラリアの

ゴールドコーストへの

移住もすすめたい。

 

 

他にもオーストラリアの

メルボルンも移住先として人気である。

 

 

オーストラリアへ移住して就職するとなると、

日本人に特化した職を探すのがいいからだ。

 

 

日本人観光客の多い地域の方が、

観光業や日本料理店などが盛んである。

 

 

オーストラリアで移住した後も

続けられる職業があるのなら別の話だ。

 

 

他には、オーストラリアでは

タスマニアが移住しやすい。

 

田舎(地方エリア)への移住は、

オーストラリア移住で重要な

ビザの面も優遇されやすい。

 

 

オーストラリアへ、

農業目的で移住する人もいる。

 

 

 

オーストラリアへの移住、子連れの場合は?教育について。現地で結婚する場合も。

 

オーストラリアへ親子で移住する場合、

気を付けることはあるのか。

 

 

オーストラリア移住を

家族で考える人も多い。

 

オーストラリアでの教育を目的とし、

移住する声も聞いている。

 

 

オーストラリアへ移住し、

結婚するのであれば

パートナービザが取れる。

 

 

だが、オーストラリアへの移住を

子連れで行う場合、

学費に気を付けてほしい。

 

 

現地の人は無料で教育を

受けることができる。

 

しかし、永住権がない場合は

この通りではないのだ。

 

 

留学生は、公立で

年間130万円ほどの

授業料が必要となる。

 

 

オーストラリアへの移住を

30代で考えると、

20代とは印象が違う。

 

31歳からは

ワーキングホリデービザが

使えないのだ。

 

 

もちろん、オーストラリア移住を

40代で叶えることもできる。

 

人生設計を練っているのであれば、

不可能などではない。

 

 

ただ、学生や20代という

勢いでもなく、

シニア世代でもない。

 

いわゆる働き世代が

海外移住をするというのは

どんなメリットがあるのか

 

 

オーストラリアへの移住、老後に最適?メリット、デメリットを知ってリタイア後の移住生活を考える

 

では、オーストラリア移住の

デメリットとはなんだろう。

 

 

まず永住権を得るためには

かなりのまとまったお金が必要だ。

 

なにより、仕事を探すことが

大変である(永住権があれば話は別だが)。

 

 

ビザ取得条件には

英語力も問われるため、

年々厳しくなってきている。

 

英語に自信があり、

手に職がある人なら

仕事も探せるかもしれないが。

 

 

老後を過ごすつもりであれば、

オーストラリアへの移住に

リタイアメントビザ取得を勧めたい。

 

 

もちろん、オーストラリアへの

移住にメリットもたくさんある。

 

しかしまず、オーストラリアに

移住する条件は老後でも

なかなかに厳しい。

 

 

加入期間が10年以上あれば、

オーストラリアに移住後も

年金はもらえる。

 

悠々自適な老後を

過ごしたいのであれば、

やはり金の力は偉大だ。

 

 

移民を受け入れる文化のある国なので、

住んでしまえば心地がいい。

 

 

 

オーストラリアへの移住を相談できるサポート機関を紹介!

 

とはいえ、知らない外国の地へ

いきなり移住というのも心配だ。

 

何から何をするのか、

まず皆目見当がつかない人もいる。

 

 

そんな人におすすめなのが、

このサポート機関だ。

 

 

オーストラリアへの移住を

サポートしてくれる機関がある。

 

オーストラリア移住を相談できる

ところがあるのはありがたい。

 

 

紹介したいのは、

オーストラリアンビザネットだ。

 

オーストラリアへの移住の

手続きをサポートしてくれる。

 

 

他にもさまざまなサポート機関はあるが、

個人的に見やすいと思ったのが、

このオーストラリアンビザネットである。

 

気になった人はぜひ調べてみてほしい。

 

 

特にそこの回し者というわけではない。

 

 

他にも存在する

エージェントの中から、

見やすい印象を受けた。

 

オーストラリア移住の

エージェントである。

 

 

 

オーストラリアへの移住で後悔、失敗したことって?移住生活の現実。体験談や苦労話など

 

オーストラリアへの移住で、

後悔したと感じている人はいるのか。

 

また、オーストラリア移住で

失敗したこととはなんなのだろう。

 

 

同じ失敗をしてしまわないよう、

体験談を紹介しておく。

 

 

オーストラリアへ移住した場合、

日本の家族と離れることが現実だ。

 

もちろんこれは

オーストラリアに限った話ではなく、

海外移住に付き物。

 

 

自分の両親に

介護が必要となったとき、

簡単に手助けはできない。

 

また、親族が

亡くなってしまったときなども

考えてほしい。

 

 

こうした場合、どうしても

日本にいる人に頼む他ない。

 

気安く電車で帰省、

新幹線のチケットを取って、という問題で

解決できないことは心に止めておこう。

 

 

逆に言えば、自分達に何かあったときに

日本の家族からのサポートも受けられない。

 

 

家族に何かあったときに、

一番後悔するという声が聞かれる。

 

また、老後の心配が

耐えないという苦労話も多い。

 

 

なぜなら、永住権を

取得したからといって

案パイなわけではない。

 

移民法は絶えず変わり続けるからだ。

 

 

 

オーストラリアに移住した日本の有名人は?移住生活のブログやYouTubeなどご紹介!(プチ移住含む)

 

では実際、オーストラリアに

移住した人のブログなども紹介しよう。

 

 

読みやすかったのですすめたいのは

「オーストラリアに移住してみたblog」だ。

 

 

オーストラリアへ移住した

日本人といえば、誰がいるのか。

 

 

オーストラリア移住のために

TBSを退社した

アナウンサー、小島慶子さん。

 

小島慶子さんは、家族で

オーストラリアに移住している。

 

 

美味しんぼで有名な雁屋哲さんも、

オーストラリアに移住した。

 

雁屋哲さんは、オーストラリアの

シドニーに移住している。

 

 

オーストラリアを移住先に

考える有名人は多い。

 

オーストラリアは、

海外移住する芸能人達に

人気なことがわかる。

 

 

メルボルンは

「世界でもっとも住みやすい国」

とまで言われているのだ。

 

オーストラリアに

プチ移住してみるのも面白い。

 

 

 

まとめ。オーストラリア移住と職業のリストについて

 

オーストラリアへの移住にあたり、

人気の職業があることもわかった。

 

 

やはり医療系の仕事は、

どこでも重宝されている。

 

 

しかし日本人への仕事が

それだけなわけではない。

 

自分の得意とする分野があり、

資格など強みがあれば

挑戦するのもいいだろう。

 

 

ただし、永住権を狙っている人は

そう簡単にはいかない。

 

永住権を目的としているのは、

日本人のみではないからだ。

 

 

さまざまな国の人と、

永住権争いをする覚悟で挑もう。

 

 

パースで快適に暮らす釜谷。

自分同様、かつて自分に自信がゼロだった人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ