タイ移住で後悔!チェンマイの移住失敗と後悔…チェンマイ移住生活費や仕事(仕事探し)、バンコクなど老後はタイ移住?


 

タイ移住で後悔する人の声として、

 

・本格的な現地料理が口に合わない

・都市部は生活費が上がっていて、思ったより楽に生活できない

 

といったものを耳にする。

 

 

長期滞在者によるタイ移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

リゾートなど観光でも人気の国であるタイ。

幸福度も高く、移住先としても人気だ。

 

 

ただ、移住となると正確な情報が少ない。

 

そこで今回は、タイ移住の後悔や

メリットデメリットなどを紹介する。

 

 

 

タイ移住の後悔!タイのチェンマイで移住失敗…失敗と後悔、デメリット

 

微笑みの国と言われるだけあって、

タイは国民の幸福度が高い国と有名である。

 

 

そんなタイ移住したいと思っている人も多い。

 

 

タイは日本に比べると物価など安いので、

日々の生活費は抑えられるうえに、低予算で日本では

できないような贅沢もできる。

 

移住先としてはとても人気である。

 

 

日系企業のコールセンターなども

タイに進出しているので

働き口も見つかりやすい。

 

 

移住するにもメリットとデメリットがあるので、

よく調べて考慮しなければならない。

 

 

タイの中でもチェンマイは移住や

長期滞在に人気の場所である。

 

すぐに綺麗なビーチもあり、物価も安い。

 

 

外国人にとって移住しやすい環境が整っている。

 

 

そんなチェンマイでも移住して

失敗したと後悔したという話もにらほら聞くので、

自分なりの判断が必要である。

 

 

後悔の理由としては、乾季の後の大気汚染である。

 

その時期のチェンマイは世界で一番

空気が汚い街と言っても

過言ではないくらいになる。

 

 

生きる上で空気が汚いとは重要な欠陥である。

 

その時期だけ違う街に行くとか、

なにか工夫が必要である。

 

 

 

タイ、チェンマイ移住生活費!タイ移住、長期の費用…生活費はいくら?

 

タイの中でも前述したとおり

チェンマイな人気な都市である。

 

観光地としても、移住地としても

長期滞在なら拠点としても人気である。

 

 

チェンマイが人気の理由はいくつかある。

 

 

タイ移住したのちに生活費が

とても安く抑えられることで有名だ。

 

しかし都市によって微妙に物価は変わってくる。

 

 

なかでもチェンマイは物価の安い方である。

 

首都のバンコクよりも生活費は

基本1.2割は安いと思っていいだろう。

 

 

そしてなによりチェンマイは治安がいい。

 

バンコクやパタヤなどの都市では夜の繁華街は、

売春の斡旋やドラックなとの勧誘が少なからずあり、

身の危険を感じることもある。

 

 

チェンマイはこのような身の危険を

感じることはほとんどないだろう。

 

 

なのでとても外国人にとっては暮らしやすい。

 

 

そして、チェンマイの近くには

日本人には嬉しい温泉の観光地などもある。

 

たまの休日に羽を伸ばして、

ゆっくり温泉も味わえるのは

とても魅力的である。

 

 

 

老後はタイ移住?移住と仕事、40代の仕事探し(看護師)やバンコクでの転職…バンコクなどタイ就職の失敗

 

タイはリタイヤメントビザなども

取りやすく物価も安いため、

老後はタイ移住したいと思う人も増えてきている。

 

 

老後だけではなく、その少し手前の

年代から移住する人も少なくはない。

 

老後からと考えているなら

早めに動いたほうがいいだろう。

 

 

老後よりまえ40代で移住する人もいる。

 

 

タイで仕事を探し、就職する。

 

就職ビザでまずタイに

移住するというやり方である。

 

 

老後いきなりタイに行くよりは、

バンコクなどの生活なども

分かるので良いだろう。

 

仕事探しも簡単ではないものの、

日本人向けの求人などもある。

 

 

看護師などの資格があれば、

資格を使って就職や転職ができやすい。

 

 

専門職の場合、英語だけではなく

タイ語なども使用する機会が多い。

 

言語問題を念頭に置いて

転職しなければ失敗してしまうだろう。

 

 

 

バンコクなどタイに移住するには?タイ移住の条件、セミリタイヤと移住手続き

 

タイに移住するには様々な条件がある。

 

リタイヤメントビザなどは

他の国よりタイは

比較的取りやすい国である。

 

 

移住への敷居が低いので人気の国でもある。

 

 

50歳以上の人であれば年金受給額、

もしくは銀行の預金残高が80万バーツ以上で

リタイヤメントビザはおりる。

 

 

50代だと日本ではまだまだ

セミリタイヤであるが、

タイでゆっくりもできる。

 

移住手続きも多少めんどうなことはあるが、

そこまで難しくもないので

移住はしやすいだろう。

 

 

人気の都市としてはバンコクが圧倒的人気である。

 

大都市なので何でもある。

 

 

そのほかパタヤなどのリゾート地も人気である。

 

 

日本でも慌ただしく働いてきた人にとっては

バンコクのような大都市ではなく、

パタヤのようなリゾート地でゆっくりしたいという人も多くいる。

 

 

 

老後の海外移住に失敗!タイ移住…移住して老後を過ごすってどう?

 

多くの人にとって海外移住は

一度でも夢見ることだろう。

 

老後は仕事を辞めて、

のんびり海外での移住生活は、

ゆとりもあり人生の楽園と揶揄もされる。

 

 

海外移住、タイ移住する場合は、

そのメリットやデメリットをしっかり調べて

見極めてからしなければならない。

 

 

デメリットを無視すれば、移住したことを

後悔してしまったり失敗してしまう。

 

 

老後となると、タイ移住で一番

デメリットだと考えうることは

食事と言語である。

 

 

香辛料たっぷりで、どちかかというと濃い目のタイ料理を、

老後日本で生まれ育った人が

食べ続けられるのかというところである。

 

 

いくらタイの物価が安いといえども、

タイで食べる日本食は少しばかり高くなるうえに、

クオリティは当然落ちる。

 

 

言語も日本語しか話せないという人が、

いきなりタイ移住やその他の

海外移住は無謀である。

 

多少なりとも英語や、

移住する国の言語が話せなければ、

移住生活は失敗に終わってしまうだろう。

 

 

 

タイ移住ブログ!バンコクへ子連れで移住した人のブログを紹介

 

タイ移住する人が増えてきたが、単身者だけではない。

 

夫婦で移住したり、中には子連れで移住する人もいる。

 

 

日本人が子連れで移住するには、

子供には学生ビザなどが発行される。

 

親が仕事などでタイに行く場合だと

就労ビザが発行されるが、そうでない場合、

親もビザを取らなければならない。

 

 

その場合は、投資家ビザやタイランドエリートという

タイ国家が出している会員制リゾートを

発行しているものである。

 

簡単にいうとビザをお金を出して

買うような仕組みである。

 

 

そのほかには親にも子供にもビザをだしてくれる

インターナショナルスクールを探すなど様々な方法があるので、

自分にあった移住方法を探すと良いだろう。

 

 

子連れでタイ移住するか迷っている人は、

色々ビザやインターナショナルスクールを調べることと平行して、

実際にタイのバンコクなどに移住してる人に話を聞くこと。

 

 

「シンママ子連れバンコク移住4年→ほぼ永住」など、

ブログをみたりするとより、正確に移住後の生活が

イメージできるのでオススメである。

 

 

 

番外編:マレーシアに移住!生活費は?

 

タイと同じく物価が安く、

豪華な暮らしができると

人気なのがマレーシアである。

 

 

タイ移住と同じくらい

マレーシア移住する人も増えてきている。

 

 

物価も日本の2分の1~3分の1程度である。

 

生活費全体も大幅に安くすむ。

 

 

5万から10万程度の家賃のコンドミニアムは、

2LDKなどの間取りでプールやジムが

ついているものがほとんどである。

 

日本の首都東京だと

こんな安い家賃ではありえないだろう。

 

 

家賃相場だけではなく、食費光熱費など

ありとあらゆるものが日本と比べると安く済む。

 

 

治安もよく、比較的気候も

安定しているので年中暮らしやすい。

 

 

移住する際いくつか注意点がある。

 

移住する際に役所で手続きすれば、

年金や住民税などの支払いが免除される。

 

 

そのため移住後に日本に一時帰国しても、

その時に病院にかかったとしたら、

健康保険が失効しているため全額負担になる。

 

虫歯の治療などは移住前に

すべて済ませておいたほうが良いだろう。

 

 

 

まとめ。タイ移住で後悔することとは

 

日本人が移住したい国は、昔から

ハワイが人気であったが、タイやマレーシアが

それを抜く人気になってきている。

 

 

物価の安さということが一番のメリットと言えそうだ。

 

 

移住する際はしっかりと移住先を

調べていかないと大変なことになる。

 

 

バンコクで一緒に焼き肉を楽しんだ、まーちゃん。

自分と同じく、チョコミントに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ