ワーホリ後に就職、高卒でも?求人、英語で就職、海外で…留学生と台湾ワーホリ、就労ビザ(留学と就職)、高卒のその後


 

ワーホリ後の就職は高卒でも可能だが、

結論から言えば、転職エージェント選びが最重要

 

これを間違えると、あなたの貴重な時間をお金を

延々と垂れ流すことになる。

 

 

ワーホリ後に就職するための秘訣

海外で安定収入を得る具体的な方法を知りたい場合は

以下より無料登録を。

 

質問も喜んでお受けする。

 

秘訣を知りたい方は

フォームより
今すぐご登録を!

 

 

高校を卒業したら、

ワーキングホリデーで

海外に行って働きたい。

 

出来ればそのまま就職したい、

という話を耳にするが・・・

 

そのための情報が少ない。

 

 

そこでこの記事では、

 

現在の高卒の

ワーホリ後の就職はどうなのか。

 

また留学生と台湾ワーホリ、

就労ビザについての情報をお伝えする。

 

 

 

ワーホリ後の就職、高卒なら?ワーホリ(ワーキングホリデー)の高卒

 

ほとんどの高校生は、卒業後には

日本の大学や専門学校に進学するか、

もしくは就職する。

 

 

しかし、もともと

海外志向の強い高校生は、

すぐにでも海外に出たいと思うのだろう。

 

最近では、ワーホリ生活について

楽しく紹介しているYouTuberも多い。

 

 

たくさんの出会いがあった、

楽しかったという映像を見て

影響される高校生も多いと思う。

 

 

自分が20代のときに働いていた会社でも、

ワーホリでカナダに行っていた女性がいた。

 

1年で帰国し、その後は何度も

短期間でカナダに行っていたが、

最終的に日本の会社で働いていた。

 

 

ワーキングホリデーとは、若者たちが海外で

仕事、学習をしながら休暇を楽しんでもらうことを

目的とした、特別なビザのことである。

 

 

多くの利用者は、

アルバイトをしながら生活している。

 

 

実際のワーホリを利用する日本人は、

日本食のレストランでアルバイトをし、

夜は清掃員として働くことが多い。

 

そのため、将来の

キャリアにつながらない。

 

 

しかも、労働条件はハードで

最低限の給料しか支払われないのだ。

 

更に、ワーホリ後は学歴が高卒になるため、

日本に帰ってきてから就職活動に苦労する。

 

 

英語力を生かした職をさがしても、

ワーホリでしゃべれるくらいの

英語力を持つ人はざらにいる。

 

したがって、

フリーターになる人が多いのだ。

 

 

 

高卒の就職、海外の求人(英語)…留学生の就職

 

ワーホリ後、高卒で海外にて

英語力を生かして就職できるのか。

 

 

実は、海外で就職するには、

就労ビザが必要になる。

 

就労ビザがとれる最低条件が、

大学・大学院または

大卒の専門職、技術職とする国が多い。

 

 

したがって、日本に帰って就職するか、

現地の人と結婚して永住権をとるか、

現地の大学に進学する。

 

また、就労ビザが取りやすい国での

就職という選択になる。

 

 

しかし、通信制の大学で学位をとったり、

専門的スキルがあれば就職できる場合もあるので、

高卒の海外求人を載せているサイトを参考にするとよい。

 

「リクナビNEXT」

「リクルートエージェント」

「Typeエージェント」など。

 

 

実は海外で就職するのは、

正規の日本人留学生でも大変難しい。

 

 

正規の留学生は大学に通っており、

ほぼ毎日勉強し課題に追われている。

 

その上、就職には

ビジネスレベルでの英語力が必要だ。

 

 

そして、ネット時代の今でさえ、

海外での就活情報が不足しているため、

就活には苦労している。

 

 

多くの学生は、現地の就職展にいって、

直接自分を売り込んでいく状況だ。

 

しかも新型コロナの影響で、

就活自体も困難になっている。

 

 

 

↓↓↓ワーホリ後の求人を探すための強い味方

第二新卒エージェントneo

 

 

 

台湾の就労ビザと高卒!留学して就職…社会人の台湾ワーホリのその後とビザ

 

台湾は日本人にとって

働きやすい環境なので人気が高い。

 

 

台湾の就労ビザをとるには、

高卒ならば日本で

5年間働いたという実績が必要である。

 

大卒は2年間、

大学院卒は不要と決められている。

 

 

この条件をみたした上で、

現地での就職が決まれば、

その会社がビザの申請をしてくれる。

 

 

台湾に語学留学した日本人には、

どんな進路があるだろうか。

 

 

・中国語の向上をめざして留学生活を延長する

 

・パソナ台湾などのエージェントを利用して就活する

 

・日本で中国語を生かして仕事をする

 

などがある。

 

 

これからは中国語が大きな武器になる。

 

 

またワーホリは国によって

多少ちがいはあるものの、

ほとんどの国で年齢制限が18~30歳である。

 

そのため、20代のうちに

日本で仕事をして実績をつみ、

台湾へ来る社会人が多い。

 

 

自分の人生は一度きり。

 

年齢制限があるのなら、悔いのないように

やりたいことをしたいという気持ちが強い。

 

 

そのため、ワーホリが終了したその後は、

そのまま台湾で就職して住んでいる人も多い。

 

 

 

高卒でも海外移住できる?

 

では、高卒で海外移住

できる方法はあるだろうか。

 

 

先に結論を述べてしまうと

海外移住自体は可能だ。

 

だが、移住できても仕事など、

生活基盤がなければ

どうにも現実的とは言えない。

 

 

まずワーホリで海外に行き、アルバイトしつつも、

日本の通信制の大学を利用して、

学位をとることを目指すべきだ。

 

 

通信制大学は最短1年で

卒業できるところもある。

 

例えば、オーストラリアのワーホリは

3年間OKなので、時間は十分にある。

 

 

やはり、大卒をめざしたほうが

現実的に就職の難易度が下がる。

 

 

このように計画をたてて実行すれば、

海外移住の幅がひろがるだろう。

 

後先考えずに行動するよりも、

計画的に動くべきである。

 

 

 

まとめ。ワーホリ後の就職は高卒でも可能か

 

以上のように、ワーホリと同時に

通信制の大学であっても、

大卒を目指すことをおすすめする。

 

ワーホリでアルバイトしながら

学位首取得は大変ではあるが、

十分に計画をたてて、やる気を出せば成功する。

 

 

ワーホリに行くことを目的とするのではなく、

その先にある自分の将来を

きちんと描けるようにすることが大切である。

 

 

自分の人生なので、

思うように切り開いたらいい。

 

結果、責任も自分で引き受けるという

強い気持ちで、がんばってほしい。

 

 

オーストラリアのワーホリから戻った孝義。

自分と同じく、酒よりソフトクリームの男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ