スウェーデンに移住して看護師!スウェーデン移住の後悔をブログで…デメリットと条件(移住手続き)、子連れの失敗


 

スウェーデンに移住して看護師をするなら、

医療に関する考え方の日本との違いを知っておかないと

現地で葛藤することになる。

 

 

長期滞在者によるスウェーデンの移住情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

移住の際にどこでも問題になるのが、就労だ。

 

スウェーデンには、移住して看護師をしている人もいるが、

母国外での医療従事者になるのはどういうハードルがあるのか。

 

 

実際に体験している方のブログを紹介しつつ、

他にも移住する際に気を付けた方が良い

ポイントをお伝えしていきたい。

 

 

 

スウェーデンに移住して看護師に…仕事について

 

スウェーデンは日本から遠い北欧の国で、

日本でも馴染みのあるIKEAの本拠地。

 

夏は日照時間が長く、冬は極端に短い国。

 

日本と同じで細長い国土で、

北と南では気候が違う国。

 

 

自分が思っていたイメージだ。

 

 

福祉大国で教育も充実し、国民の人数が少ないので

移民に対しても積極的なため、

移住は比較的しやすい国だといえる。

 

 

自分も海外生活が長いが、

移民に対して理解の薄い国だと、

ちょっとした手続きだけでもかなり苦労する。

 

移住するなら、当然友好的なほうが良い。

 

 

スウェーデン語が話せないまま移住し、

看護師として働いている人がいる。

 

 

もちろん、スウェーデン語ができるように

移住後に勉強を重ねて、スウェーデンでの

看護師としての資格も取得している。

 

だが、日本で看護師の資格をもっていると、

スウェーデンでは準看護師として

働くことはできるらしい。

 

 

詳しい内容は

「スウェーデン日本人医療従事者の会」

というブログに掲載されている。

 

 

スウェーデンでは、移民に積極的だが、

仕事を見つけるのは容易いわけではない。

 

探し方としてメジャーなのは、

勉強のために通った学校の

紹介で見つけることだ。

 

 

特に専門性の高い分野については、

その方がより早く見つけることができる。

 

 

移民を対象にした日本の

ハローワークのような機関もあるが、

日本で職を探すより、はるかにハードルは高い。

 

しかし、様々なサポートもあるし

不可能ではないので、ぜひ頑張ってほしい。

 

 

スウェーデンに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

スウェーデンに移住…スウェーデン移住の後悔とデメリットとは?

 

スウェーデンに移住するにあたり、

経験者が言うデメリットは、

「日照時間が短い冬が厳しい」という内容だ。

 

 

スウェーデンの北は北極圏になり、

高緯度に位置しているわりには暖流の影響で

寒さはマシではあるが、相当な覚悟が必要となる。

 

北欧では、日本の機能性に優れた

温かい下着も役に立たない。

 

 

現地で良いと言われるウール素材が必要だ。

 

 

また、日照時間が短いのは、本当にストレスとなる。

 

北欧の国では日の出と日の入り時刻が

毎日の新聞にも掲載されており、

スウェーデンに住むなら、とても大事な情報となる。

 

 

他のデメリットとしては、

日本では考えられないほどの医者不足だ。

 

 

インフルエンザであっても、

医者にかかるのは一苦労。

 

予約しても何日も待たされたり、

当日も何時間も待たされたりする。

 

 

インフルエンザぐらいでは、医者にかからず

自宅療養が当たり前の世界だ。

 

 

どの場所の移住でも後悔や失敗はある。

 

事前に長期滞在や、

現地に住む日本人に話を聞くことが、

一番スムーズで失敗の少ない移住ができるだろう。

 

 

 

スウェーデンに移住、条件は?ブログでチェック

 

スウェーデンに移住するにあたり、

自分の譲れない条件について、

しっかり洗い出しておくことが必要だ。

 

 

例えば、景色の良い郊外に住みたい、

ある程度不自由ではない都会の方が良い、

日照時間が0は嫌だ、など。

 

 

色々条件を書きだしてみて、

どうしても譲れないものだけは残していく。

 

そうすることで、必然と

移住計画が定まってくる。

 

 

日本にいると条件が偏る可能性もあるので、

ショートステイでも試してみて、

じっくり考えて欲しい。

 

90日であればビザなし滞在も可能だ。

 

 

スウェーデン移住を考えている方は、

すでに知っているかと思うが、

高福祉の国だが物価も高い。

 

 

注意点としては生活費が

非常に高くなることだ。

 

外食は日本での倍の金額が

かかることもある。

 

 

外食には25%の税金、

日用品でも12%と日本より高い。

 

 

北欧の移住は先人者達もおり、

ブログやユーチューブなどでも

移住について紹介されている。

 

 

・私が家族でのスウェーデン移住を決めた理由(Forbs JAPAN)

 

書いている吉澤さんは、

ユーチューブも掲載しており

色々勉強になる。

 

 

・スウェーデン就職・5つの事情。

日本人に求人チャンスはあるのか!?(せかいじゅうライフ)

 

こちらも分かりやすいので、

ぜひ確認してほしい。

 

 

 

まとめ。スウェーデンに移住して看護師に

 

素晴らしい自然に囲まれた高福祉の国スウェーデン。

 

そんなスローライフを夢みて、

憧れのスウェーデンに移住をしたいと

計画する貴方は、行動力もあり素晴らしい。

 

 

移住をして失敗しないためにも、

故郷の日本での拠点は残しておこう。

 

たとえ移住先を間違えたとしても、

もう一度日本からやり直せれば安心だ。

 

 

また、永続的に住むためには、

やはり働く必要がある。

 

 

医療リソースが足りているとはいえないスウェーデン。

 

看護師など移住先のためになる仕事を選べれば、

一層自信を持ってスウェーデンに住むことができる。

 

 

無理のないショートステイから初めて見よう。

 

 

スウェーデンに住みたいと話す武安。

 

自分と同じく霊感はないのに、

輪廻転生を1ミリも疑わない男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ