セブ島に移住、デメリットは?セブ移住の現実とフィリピン移住の失敗!子連れと費用のデメリット、看護師の仕事や移住手続きの後悔


 

セブ島に移住するデメリットは、

あちこちで日本人に会うこと(笑)。

 

気にしない人にはどうでもいいことだが・・・

 

 

セブ島に移住しても不安定な収入や人間関係に悩まない方法

移住に関する注意点や準備について知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

質問も気軽にして頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

セブ島に移住すると

様々なメリットがあるが、

デメリットも存在する。

 

セブ島に移住した後で後悔しないために、

デメリットを押さえておきたい。

 

 

今回は、現地在住者が

セブ島に移住することの

デメリットを中心に紹介していく。

 

 

 

セブ島に移住、デメリットは?セブ移住の現実と失敗

 

フィリピンのセブ島は、

観光客に人気のリゾート地。

 

学生の留学先としても人気が高く、

注目を集めている島。

 

 

セブ島に憧れて

移住する日本人がいるが、

後悔する人が後を絶たない。

 

それは、セブ島での暮らしにおける

デメリットを知らない人が多いから。

 

 

観光や留学で

セブ島を訪れた場合、

デメリットを感じにくい。

 

短期間の滞在では、

日本との違いから来る不便さに

気づきにくいからだ。

 

 

実際、セブ移住をした

ほとんどの日本人は後悔しており、

3年以内にセブ島から出ていってしまっている。

 

テレビや雑誌などでは

取り上げられない現実があるのだ。

 

 

セブ移住した日本人が

後悔する理由は

大きく3つに分けられる。

 

 

・環境

・人間関係

・仕事

 

 

セブの環境は日本とは大きく異なる。

 

 

例えば、街中の排気ガスや

ゴキブリが出るなど。

 

そういった環境に適応することができず、

失敗したと後悔して日本に帰る人が数多くいる。

 

 

現地の人とのコミュニケーションが

上手に取れず疲れてしまい、

嫌気がさす人も多い。

 

 

セブ島で仕事を探す場合、

現地採用では仕事の選択肢が

少ないのがデメリット。

 

仕事を選ばず低賃金で働くなどといった

現実もあるので覚えておこう。

 

 

自分がおすすめしたいのは、

自宅でネットを使った仕事。

 

 

 

フィリピン移住、移住のデメリットは?失敗の理由

 

フィリピン移住におけるデメリットは数多くあるので、

失敗して後悔しないためにも頭に入れておく必要がある。

 

 

まずフィリピン移住で

問題になるのが、

医療に関すること。

 

 

フィリピンの医療費は高額なので、

まとまったお金を用意しておく必要がある。

 

フィリピン移住の前に

日本で海外旅行保険などに

加入するのがおすすめ。

 

 

また、国民健康保険の

任意継続も可能なのだが、

これには少し問題点がある。

 

医療費を支払う際に、

まずは自己負担で

全額を支払う必要があるということ。

 

 

つまり医療費の先払いができないと、

治療をしてもらえないのだ。

 

 

病気や怪我をした時に

治療を受けられるように、

医療費の確保をきちんとしておくこと。

 

 

フィリピンの総合病院には

日本人の看護師が在籍している場合があり、

病気や怪我の時にはとても心強い味方となってくれる。

 

でも、その日本人の看護師が

いつまでも在籍しているとは限らない。

 

 

フィリピン人看護師との

コミュニケーションができず、

挫折して帰国する人は多い。

 

医療費のことも含めて、

現地人との関わりを円滑にするため、

語学学習は重要になる。

 

 

フィリピン人の看護師の中には、

高収入を得られるという理由から、

日本に訪れて就職をするという人が数多くいる。

 

日本で看護師の仕事をした場合、

フィリピンの約10倍もの収入が得られる。

 

 

フィリピン移住後、

看護師の仕事をしたい人は

そういったデメリットを知っておこう。

 

 

 

フィリピンに移住!セブ島への移住は子連れでも?親子での移住の失敗

 

フィリピンに子連れで移住する場合、

デメリットを必ず頭に入れておくこと。

 

 

子連れでセブ移住をする人が年々増加しているが、

日本との教育内容の違いに戸惑う親子が数多くいる。

 

 

フィリピンでは2013年の教育制度改革により、

幼稚園1年、小学校6年、中学4年、高校2年。

 

計13年の義務教育制度が

設けられるようになった。

 

 

幼稚園から義務教育がスタートしていること、

中学では4年間、高校は2年間の

義務教育が設けられている。

 

 

こういった教育における違いについて、

事前に知っておくことが大事。

 

 

また、フィリピンでは、

春休みや夏休みといったものはない。

 

 

子連れでフィリピンへの移住に

失敗しないためには、

学校選びがとても重要になってくる。

 

フィリピンには、公立校、私立校、日本人学校、

インターナショナルスクールなどが存在する。

 

 

親子でセブ移住をした場合、

多くの子供は私立校に通うケースが多い。

 

ちなみに公立校の場合だと、

基本的には授業料は無料となっている。

 

 

 

海外移住、セブ島への移住の費用は?セブ島移住と老後の費用

 

セブに移住することのメリットとして、

毎月の生活費の費用を抑えられるというのがある。

 

 

セブの物価は日本と比べると安いので、

老後のための費用を貯金することができる。

 

仕事を引退してからフィリピンに移住する日本人は増えており、

物価の安いフィリピンで

年金生活を満喫している人が数多くいる。

 

 

フィリピンのセブで

1ヶ月にかかる家賃は3~4万円程度。

 

この金額でジムやプールまで

付いているのだから本当に魅力的。

 

 

セブ島で1ヶ月にかかる

トータルの生活費は約10万円。

 

工夫次第ではさらに

生活費を抑えることも可能。

 

 

セブ島への移住手続きの方法と、

移住にかかる費用について紹介しよう。

 

 

1.移動費

 

2.敷金・礼金

 

3.家具・家電代

 

4.雇用許可書・就労ビザの費用

 

 

まず、日本からセブへの移動費は

飛行機で片道2~4万円程度。

 

 

敷金・礼金は、合計で

家賃3ヶ月分を支払うのが普通。

 

セブの住居では、家具や家電が付いている

コンドミニアムが多いので、

現地で購入するといった必要はほとんどない。

 

 

セブに移住する際には、

外国人雇用許可書と就労ビザが必要になる。

 

外国人雇用許可書の発行には、

初回発行費用として

約1万8,000円がかかる。

 

 

就労ビザの発行は

初回2万2,000円かかることを

覚えておこう。

 

 

セブへの移住手続きには、

日本での事前手続きと現地での手続き、

両方の手続きを行う必要がある。

 

詳しくは各自ネットで調べてほしい。

 

 

セブ島移住のブログも役立つので、

自分は特におすすめしたい。

 

 

 

まとめ。セブ島に移住するデメリットとは

 

セブ島への移住における

デメリットについて紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

セブ島には様々な魅力が詰まっており、

移住をする日本人が急増している。

 

セブ島での暮らしを

満喫している人がいる一方で、

後悔して帰国する人も中にはいる。

 

 

今回紹介したデメリットを頭に入れて、

後悔しない素敵なセブ移住を満喫してもらいたい。

 

 

セブで一緒に遊んだ俊平。

自分と同じフェミニストだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ