ジョージア人の性格の特徴!しつこい?嘘つき?キスなどスキンシップや愛情表現…イケメンのジョージア人男性のアプローチと夜


 

ジョージア人の性格を一言で言えば、陽気

 

もちろん個人差はあるものの、

一つの傾向としてこれは言える。

 

 

長期滞在者によるジョージア人のより詳しい情報、

現地に住んでも入り続ける安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは、

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ジョージア人。

 

日本には馴染みがなく、

どこにあるかも解りにくい国に住んでいるが、

「グルジア人」と聞けばわかる方もいるだろう。

 

 

コアなファンがつきつつあるジョージア人について、

性格の特徴、スキンシップや愛情表現、

アプローチ方法や夜の事情などお伝えしていきたい。

 

 

 

ジョージア人の性格って?日本人や海外の反応…有名人は?

 

 

2015年4 月から「ジョージア」と

日本でも呼ばれるようになった国だ。

 

 

ロシアとトルコの間にあり、

地政学的に重要な場所のため、ギリシャから始まり、

ロシアまでの様々な国に侵略されてきた歴史のある国。

 

そこに住む人々は、

多数の文化や宗教、人種が入り交じり、

多民族国家となっている。

 

 

ジョージアでの主要民族は

「カルトヴェリ人」で、

キリスト教が国教となっている。

 

様々な人が住む土地が、

旅行愛好者達に人気があるという。

 

 

ジョージア人の性格は、

数々の国から侵略された歴史はあるが、

温暖な気候が影響しているのか大らかで陽気。

 

ラテン系のノリがあるようだ。

 

 

ジョージアの母と言われる

巨大なモニュメントは、

右手に剣、左手にワインをもっている。

 

この左手にワインについては、

客人はワインで歓迎する

ということを表している。

 

 

最近の日本人や海外の反応として、

旅になれた人々から

人気がある所以なのではないかと思う。

 

 

よく言われるジョージア人の特徴は、

とにかくワインを沢山飲むということ。

 

 

8000年以上の歴史ある

ジョージアワインは人気があり、

旅人たちを虜にする1つだ。

 

 

また、ジョージアでは日本以外の旅行でよくある、

嘘つき会計やしつこい客引きは少なく、

非常に旅人に親切だ。

 

ジョージア人をイメージしやすい例としてあげるなら、

有名人としては相撲の「臥牙丸」「栃の心」がいる。

 

 

「臥牙丸」については、

明るく人なつっこく、

相撲仲間でも人気だという。

 

 

「臥牙丸」と同じような時期に入った「栃の心」も、

母国では柔道をしており、

オリンピックを目指すほどの腕前で相撲界に入った。

 

大怪我を乗り越えて

真面目にコツコツと相撲に向き合い、

今も頑張っている。

 

 

 

ジョージア人の本気度…恋愛すると?

 

愛情表現は、

昨今のグローバル化で

どの国も似てきている。

 

 

一昔前の世代では、ジョージア人男性が

積極的にアプローチをするが、女性はなかなか

良い返事をくれないというやり取りが多かったらしい。

 

 

イケメンだと違うのかもしれないが、

良い返事をもらえるまで、ストーカーのように

男性が女性を追いかけるという風習だったようだ。

 

 

また、ジョージア人男性の本気度を

相手に表す方法としては歌うこと。

 

その友人たちも協力して

合唱となることまであるというから、この点については

ジョージア人独特の風習と言えるだろう。

 

 

ジョージアは保守的なキリスト教国のため、

スキンシップ/キスは、結婚前のカップルは積極的な国ほどはないし、

婚前交渉も表だってはしない国である。

 

その点は、スキンシップが少ないと言われる

日本人女性も、安心して付き合えそうだ。

 

 

ジョージア人男性は、

夜遊びをどの程度するのかはわからないが、

ナイトバーなどは普通にある。

 

日本以外の国では珍しく、

夜の治安も悪くないトリビシは、

男性なら夜散策なども可能だ。

 

 

 

まとめ。ジョージア人の性格について

 

99%日本人が訪れない国と

言われているジョージア。

 

 

その国は、

ロシアや周辺国の紛争問題があるため、

安全性について知られていない。

 

美味しいワインが食事についても、

まだあまり認知されていない。

 

 

そんな魅力ある国のジョージア人男性は、

日本に居ながら知り合うのは難しいだろう。

 

旅行に慣れた人々が絶賛する国ではあるが、

日本とは違い不便さは多数存在する。

 

 

まずは、海外滞在しやすい場所で練習し、

その流れでのジョージア滞在に

チャレンジしてはどうだろうか。

 

 

旅先のトラブルはある程度予測できるし、

回避できる方法もある。

 

その危険の先に、

自分の世界を広げるチャンスが待っている。

 

 

ぜひトライして欲しい。

 

 

ジョージアに住みたいと常々話す岸原。

自分と同じく、実は人よりも自然が好きな男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ