北センチネル島ドローン!なんjや言語、行ってみたなど。日本軍の嘘と2ch…センチネル島の現在


 

インド領の海に浮かぶ美しい島、

北センチネルが有名になったのはドローンがきっかけ。

 

そう、ドローンで撮影した島の様子には、

原始的な先住民がドローンを追い払う様子

撮影されていたからだ。

 

 

北センチネルなどインドの地域に関する詳しい情報、

海外に住んでも入り続けるオンライン収入構築法を知りたいなら

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご質問もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、ドローンで知られるようになった

センチネル島について紹介する。

 

 

 

北センチネル島のドローン…センチネル島(センチネンタル島?)と北センチネル島ドローン

 

北センチネル島の場所は、

タイとインドの間の海の中央である。

 

 

センチネル島は南と北で分かれているが、

南の方は無人島である。

 

 

北センチネル島の先住民は、

外部からの侵入者に対して非常に攻撃的。

 

今までも、侵入者への

暴行・殺人事件が起きている。

 

 

現在、北センチネル島への上陸は

法律で禁止されている。

 

島の様子を見るためには、

ドローンを使うしかない。

 

 

ところが、

外部からの干渉を嫌う北センチネル島の住人は、

ドローンすら叩き壊そうとしてしまう。

 

無事に撮影が成功することは奇跡だ。

 

 

ちなみに、センチネル島のことを

「センチネンタル島?」と

誤って言う人もいる。

 

しかし、

センチネンタル島という名称は

調べても出てこない。

 

 

北センチネル島の名前は、

島に住んでいる

センチネル族から取っている。

 

 

 

北センチネル島(センチネル島)となんj、2chについて

 

非常に攻撃的かつ原始的な先住民が住む、

北センチネル島やセンチネル島について、

なんjや2chでは、かなりヤバいと話題になっている。

 

 

ドローンで島の様子を撮影した映像には、

映画のイメージ通りの原始人が

弓矢を構える姿が映っている。

 

たまたま島の近くを通りがかったために、

矢で攻撃されたヘリコプターの写真は、

矢が機体全体にかなりの数刺さっていて衝撃的だ。

 

 

コメントでは

 

「このまま先住民達の生活をそっとしておいてあげるべきだ」

「文明に対して警戒し、攻撃してしまうのは仕方がない」

 

という意見が多い。

 

 

一方で

「スマホを落として、文明を教えてあげたい」

という意見もある。

 

 

自分は、今の文明が進んだ生活は、

確かに便利だと思う。

 

しかし、便利になりすぎて、

サービス過剰で働きすぎで精神を病んだり、

ネットいじめで平和から離れているケースもある。

 

 

朝日が昇る頃に起きて、添加物の全くない食事をし、

お金という価値観もなく、夜になったら眠る生活の方が、

ストレスを感じないのではないか、と考えてしまうのだ。

 

 

 

北センチネル島の言語って?日本軍と嘘など

 

北センチネル島の言語はセンチネル語だ。

 

センチネル語を話すのは、

北センチネル島の住人のみ。

 

島に入った外部者は

全員殺害されてしまっているので、

未開の言語だ。

 

 

現在センチネル語を話すのは、

北センチネル島に住む250人ほど。

 

外部者との交流を嫌っているので、

言語調査も不可能な状況だ。

 

 

日本軍によって、

太平洋戦争中、北センチネル島が占領された、

というのは嘘だ。

 

真実は、

北センチネル島の付近の島である、

アンダマン諸島が占領された。

 

 

もし、日本軍が北センチネル島を占領していたら、

現在のような先住民が文明から離れて

原始的な生活を送る神秘の島というイメージは消えてしまう。

 

誰かのロマンをかき立てるためにも、

占領されなくて良かったといえる。

 

 

 

北センチネル島に行ってみた!センチネル島の現在は?

 

「北センチネル島やセンチネル島に行ってみた」という話は、

ほとんどが島の近くに住む漁民に高額な料金を支払い、

島が見える場所まで行ったケースだ。

 

いくら高額な報酬でも、

自分の命と引き換えでは、

さすがに漁民も島への上陸まで案内しない。

 

 

あまりに外部からの侵入を嫌い、事件が多く発生するので、

現在は法律によって北センチネル島への上陸は

禁止されるようになった。

 

 

北センチネル島の近くには

美しいサンゴ礁の海が広がっている。

 

北センチネル島の先住民の危険さを知らない人には、

美しさにひかれてつい、

立ち寄ってみたくなってしまう。

 

 

そんな時、この記事を読んだあなたには、

ぜひ北センチネル島の注意点を思い出して、

教えてあげてほしい。

 

それが、あなたと一緒にいる人の

命を守ることになるのだから。

 

 

 

まとめ。北センチネル島のドローンについて

 

・北センチネル島は、タイとインドの間の海にある

 

 

・北センチネル島の住民は

外部からの侵入を嫌い、原始的な生活をしている

 

 

・北センチネル島の話題は

なんjや2chでもヤバいと話題

 

 

・北センチネル島の言語はセンチネル語

 

 

・太平洋戦争中、日本軍によって

北センチネル島が占領されたというのは嘘

 

 

・北センチネル島への上陸は

法律によって禁止されている

 

 

北センチネルに詳しい平間。

自分と同じマザコンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ