デンマーク移住で後悔!移住の難易度やデメリット、後悔…北欧への移住の難易度、日本人の仕事と就労ビザなど


 

デンマーク移住の難易度を高くするのは、

現地での就労。後悔の声も・・・

 

言葉はもちろん、

良いエージェントを味方にする必要がある。

 

 

デンマーク移住のより詳しい情報、

英会話の最速マスター法

 

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

実際デンマークへ移住した知人が居るなら未だしも、

そうでなければ何もわからない移住生活。

 

失敗してしまわないようには、

事前の情報収集が非常に大切になる。

 

 

「世界一幸福な国」

 

そう呼ばれているデンマークだが、

実際の暮らしはどうなのか。

 

 

世界一と称されるほどの国だ。

 

期待は大きい。

 

 

しかし「思っていたことと違う」

と落胆してしまっては、

せっかくの移住も台無しである。

 

 

デンマークへの移住が

実際可能なのか、

少し触れていきたい。

 

 

 

デンマーク移住、移住して後悔?移住のデメリット、デンマーク移住で失敗するケース

 

 

デンマーク移住を後悔したと

感じている人もいる。

 

実際移住してわかった

デメリットとはなんなのだろう。

 

 

デンマークを移住先に選んで

失敗と言われる理由は、

物価の高さだ。

 

北欧は比較的物価の高いものだが、

それでも日本人の憧れと言える重要文化財、歴史ある町並み、

そして治安のよさも人気の秘訣だ。

 

 

しかしながら、それは旅行先での話。

 

 

物価の高さは日々の生活を

真っ先に圧迫すると考えていい。

 

 

メリットも当然あり、

医療や教育面の充実はピカイチだ。

 

年金制度も充実しており、

確かに国民には

住み良い国となっている。

 

 

それは逆に、その住み良い国を体験してしまうと、

次の移住先が見付けられないことにも繋がる。

 

住みづらい国で住んでこそ、

次なる良さを見付けられるが。

 

 

もちろんデンマークへの永住は、

物価面での問題解決が

出来るのであればおすすめする。

 

住居費も東南アジアでなら、

庭付きの広い部屋を

借りられるレベルだ。

 

 

何を重視したいのか、

今一度考えてみよう。

 

せっかくの移住を、日々の生活に

追われてしまうのは勿体ない。

 

 

メリットもデメリットもあることは

頭に置いておこう。

 

 

 

北欧、デンマーク移住…移住の難易度は?日本人の仕事と移住手続き

 

デンマーク移住を

子連れで考えている場合、

難易度はどれほどのものか。

 

 

まずは就労ビザから

入ることが一般的と考えていい。

 

現地に配偶者がいるのであれば、

子連れであってもまた別の話だ。

 

 

ここでは、生粋の日本人が

デンマークに移住することを

目的としている。

 

 

まず必要な就労問題についてだが、

実はデンマークは、デンマーク人でさえ

就労が難しくなってきている。

 

そんな中、医療業界での仕事は

やはり重宝される。

 

 

ただ、日本で看護師として

働いていたからと言って、

簡単に現地で看護師になることはできない。

 

海外で看護師になる場合、

その国の試験をパスしなければ

ならないからだ。

 

 

それ以外にも、得意分野に

特化したビザも存在する。

 

日本人の仕事は丁寧だと評価されており、

日本人ならではの技術があれば

ぜひチェックしたいビザだ。

 

 

移住手続きはそれほど難しくはないため、

そういった面での難易度は低い。

 

ただ、その後の生活を考えると、

決してお気楽に住める国ではない

と思っておこう。

 

 

デンマークに強い転職サポートリクルートキャリア

 

 

 

まとめ。デンマークに移住する難易度について

 

デンマーク移住の難易度事態は、

然程高いというものではない。

 

決められた書類を提出するだけのため、

特別なビザも必要ないのだ。

 

 

ただし、金銭的な話をすると

一気に難易度は上がってしまう。

 

 

仕事が決まっており、かつ金銭的余裕があり、

住居が決まっているのなら、

一気にハードルは低くなる。

 

しかし仕事を現地で探すとなると、

ハードルが跳ね上がると思ってほしい。

 

 

町並みもきれいで、

素敵な国であることは間違いない。

 

自分も就労や生活を

気にしなくても良いのであれば、

ぜひにと考えたい国だ。

 

 

どこの国であれ、海外移住は

行き当たりばったりでは必ず苦しむ。

 

それを醍醐味と捉えられたならいいのだが、

事前にメリットとデメリットは

しっかりと頭に焼き付けておこう。

 

 

旅行で訪れる際の感覚と、

住むとなったときの感覚には

必ず差異が生じる。

 

 

せっかく素敵な国を、

過酷な国だと思ってしまうことが

ないようにしてほしい。

 

 

デンマークに住んでいたフィリピーナのマリクリス。

自分と同じく、日本の白子が大嫌い(笑)。

 

 

最後に、

 

感謝の手紙がもらえるビジネスができないあなたへ。

 

英会話をマスターし、

自分が熱中できるものを見つけて人生を変えませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 萌香 より:

    デンマークはアンデルセンのふるさとってことくらいしか知りません。
    「世界一幸福な国」と言われているのも知りませんでした。
    どんな風に幸福な国なのか、実際にそこで暮らして体感してみたいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授