山梨移住で後悔!山梨移住失敗と後悔…2chのおすすめと50代の仕事、差別と独身、有名人など


 

山梨移住で後悔する理由は、東京から遠くないのに意外だが

その保守的な空気

 

個人的には、休火山の富士山も不気味だ。

 

 

山梨移住のより詳細な情報、

移住しても入り続ける安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

山梨移住を決行して

どんな楽しみと後悔が待っているのか。

 

移住について気になるなら、

予め知っておいて損はない。

 

 

今回は実際に山梨に

移住した人の話を元に紹介する。

 

 

 

山梨移住で後悔!移住の失敗と後悔の理由は

 

山梨は自然豊か、ほうとうにワイン、

ブドウや桃のフルーツなど、

美味しいものがたくさんある。

 

 

そしてなんと言っても富士山。

 

毎日富士山を眺めながらの生活は

誰もが羨ましがる。

 

 

老後や子育てに、

そんな田舎暮らしに憧れ

移住を試みる人は多い。

 

 

山梨移住を実行した有名人では

シャ乱Qまこと&富永美樹夫妻がいる。

 

 

まことさんは移住前、バンドが活動休止したことで

好きなドラムを叩く機会が減り、

段々と笑顔が失くなっていった。

 

奥さんは「これではダメだ。夫がもたない」と感じ、

新婚当時、自然の中でキャンプをした時、

笑顔でいる夫の姿を思い出した。

 

 

そして、夫が笑顔になる居場所を求め、

この山梨に移住する決意をした。

 

その後まことさんは平安を取り戻し、

夫婦仲良く平穏な日々を過ごしている。

 

 

しかし、まことさん&富永さんのように

うまくいく家庭もあるが、当然デメリットもあり、

逆に山梨移住失敗と後悔する人もいる。

 

 

山梨はまだまだ田舎の部分が多く、

昔から集落の団結が強いため、

考え方も保守的だ。

 

外から来た者を喜んで受け入れる人もいるが、

そうでない人は、まるで差別を

するかのような態度を取る。

 

 

受け入れを拒否する村では村長の言うことは絶対で、

村長が認めなければ、村のゴミ捨て場に

ゴミを捨てることすら許されない。

 

 

実際このような問題に対応するため、

新しく移住してきた人専用のゴミ捨て場が

役所に設けられている。

 

 

初めての土地で知り合いもおらず、

頼れるのは役所の人。

 

しかし、その役所の人もまた

集落の人間が多い。

 

 

自分の村に都合の悪い事は、

相談してもまともに

取り合ってくれない。

 

また、都会の感覚で意見しようものなら、

意見をする行為が生意気だと

集中砲火に合ってしまう。

 

 

田舎にはその村ごとにしきたりや行事があり、

神社関係、消防団、組長に区長と

地域の仕事が盛りだくさんだ。

 

ほぼ強制参加で、参加しなければ

冷たい目で見られる。

 

 

中には心底親切で面倒を見てくれる人もいるが、

人間関係で疲れ、都会に戻りたいと後悔する人もいる。

 

 

 

山梨に移住、仕事はある?

 

山梨移住について2chでも話題になっており、

移住するなら山梨と長野・静岡と

比べる対象になっている。

 

この3県は都心から近いこともあり、

常に上位を争っている。

 

 

その一方で、山梨は求人倍率が

全国で33位とけして高くはない。

 

求人自体が少なく、

あっても農業や役場関係、

介護職が多い。

 

 

都会でそこそこの会社に勤めていたとしても、

エンジニアなどスキルの高い技術を持っているなら

高収入な仕事につける可能性はある。

 

が、そうでなければ難しい。

 

 

なので、転職先を見つけないまま

先に移住するのは危険だ。

 

 

山梨移住と簡単に言っても

独身なら動きやすいが、

家族と一緒となればスムーズではない。

 

家族が反対ならばとことん話合い

理解してもらわなくていけない。

 

 

山梨移住を決行するなら、

気力・体力がある

50代のうちにするのが良い。

 

完全に移住が難しければ、

週末だけ暮らすという方法もおすすめだ。

 

 

山梨に強い転職サポートリクルートキャリア

 

 

 

まとめ。山梨移住で後悔することについて

 

「リタイヤ後は自然のなかで静かに暮らしたい」

 

そう願い、移住を決断する人は

年々増加傾向にある。

 

 

人口減少傾向の町や村は両手を広げ、

どうぞどうぞと歓迎する。

 

しかし、その先は都会とは違う、

田舎特有のその土地に根付いた

昔からのルールがある。

 

 

移住するならそれを含め、

その土地の人間になる覚悟が必要だ。

 

憧れだけでは済まされない、田舎独特の

人間関係と地域の繋がりがあることを念頭に、

素敵な田舎ライフを計画して欲しい。

 

 

山梨で気楽に暮らす本橋。

自分と同じく、ほうとうは好きだがシイタケが嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ