カザフスタン人の顔の特徴!顔立ちはイケメン?キスなどのスキンシップや愛情表現…手をつなぐ?性格はしつこい?嘘つき?


 

カザフスタン人の顔の特徴と言えば、

整った人が多いこと。

 

要は美人とイケメンが多い国だ。

 

 

カザフスタン人のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きないオンライン収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

カザフスタンは中央アジアに

位置する共和制の国。

 

国土の大半を砂漠が占める

世界最大の内陸国だ。

 

 

そこに住むカザフスタン人の

顔の特徴を紹介しよう。

 

 

 

カザフスタン人の顔の特徴!顔立ちは?有名人、日本人や海外の反応

 

カザフスタンは中央アジアの国で、

ロシアと中国に挟まれている

共和制の国である。

 

他国に比べるとその歴史は浅い。

 

 

意外とイケメンと美女の

割合が高いと有名な国である。

 

 

カザフスタン人の大多数を占めるのは、

カザフと呼ばれる民族である。

 

 

カザフとは元々遊牧民。

 

家畜と共に点々とする暮らしをしていたが、

旧ソ連構成国時代に遊牧することを

禁止され、定住するようになった民族である。

 

 

起源はトルコ系。

 

日本人と同じ黄色味の肌色や、

暗い髪の色などの、

外見の特徴の共通点はある。

 

 

カザフの男性は一重で、

骨格のしっかりした幅広い顔つき、

男らしいイケメンが多い。

 

隣国のモンゴルとのハーフも多い。

 

 

そして、ロシア系カザフスタン人もいる。

 

ルーツは様々だが、見た目は

ロシア人そのものである。

 

 

白い肌に明るい髪の毛の色で、

中には碧眼の人もいる。

 

カザフとは全く違う外見である。

 

 

女性は同じアジア系で、

日本人女性と

似通っている部分も多くある。

 

 

男女共に平均身長はあまり高くない。

 

 

海外の反応だと全く見た目の違う民族が

同じカザフスタンという国の国民として暮らしている、

という点において大変驚く人も多い。

 

 

歴史の浅い国だが、有名人も多くいる。

 

 

ゲンナジー・ゴロフキンは、

ロシア系カザフスタン人の

プロボクサーである。

 

ロシア系の特徴である、

目鼻立ちくっきりの顔立ちと、

明るい髪の毛のが特徴である。

 

 

そしてデニス・テンという

フィギュアスケーターもいる。

 

2018年に強盗により殺害されてしまったが、

彼も朝鮮系のカザフスタン人であった。

 

 

日本のカザフスタン大使館にも

献花台が設けられた。

 

 

 

カザフスタン人男性のアプローチの本気度!メールは無視?夜は…

 

カザフスタン人は自由を求める、

独立心が高い人が多い。

 

国の歴史も滅亡など繰り返し、

旧ソ連構成国から独立したということも

あるので、そのような国民性を持つ。

 

 

そして、家族の強いのも

特徴のひとつである。

 

 

寒さに強く、

意見をはっきりいうなど、

気の強い性格も特徴である。

 

 

国民の70%以上が

イスラム教信者であるが、

戒律にそこまで厳しく無い。

 

 

約束事や交通ルールなどは、

あまり守るのが苦手としている人が多く、

嘘つきにもあまり厳しくない。

 

 

しかし、イスラム教の教えにより

婚前交渉は認められていないので、

キスなどのスキンシップも男女間であまり行わない。

 

愛情表現としてのスキンシップは、

手をつなぐがぎりぎりOKなラインである。

 

 

カザフスタン人男性は、

彼女の手をつなぐことが最大の愛情表現であり、

ドキドキする瞬間である。

 

夜の営みはいざ結婚を

してからということになる。

 

 

カザフスタン人男性は、

気が強く主張も強いので

女性へのアプローチも積極的だ。

 

好きになった女性に対して、とても一途で

激しくアプローチをするため、

しつこいと思われる場合もある。

 

 

とても一途で貞操観念も強いので、

アプローチされたらそれはとても

本気度が高いと思っていいだろう。

 

 

押しがとても強いので、

連絡やメールを無視しても

アプローチが続く場合もある。

 

悪く言えばしつこいが、

よく言えばとても情熱的である。

 

 

一方で女性はとてもシャイな人が多く、

基本は男性任せである。

 

 

 

まとめ。カザフスタン人の顔の特徴について

 

宗教的な戒律が多い国は、

まだたくさんある。

 

 

日本人からすると、

結婚するまで婚前交渉禁止などは

考えられない常識である、

 

だが、そのような国があることを理解し、

その国の人たちと交流するには

その国の文化を尊重したい。

 

 

カザフスタン人の友達が何人かいる一樹。

自分と同じく、お酒よりソフトクリーム派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ