ベトナム女性とベッド!ベトナムの女の子やばい…ベトナム人とのワンナイトとセックス(SEX)、性意識と性


 

明るく朗らかでスタイルの良い

ベトナム女性とのベッド事情は

どのようなものか。

 

 

期待して良いか。

 

真相はいかに。

 

 

ベトナムは危険?女性が旅行、服装は…持ち物(女性の場合)

 

近年ベトナムは女性を中心に、

人気の高い観光地となっている。

 

 

北部に位置する首都ハノイ、中部のダナン、

そして南部の商都ホーチミンが有名だ。

 

 

その魅力はベトナム料理、雑貨、スパと様々である。

 

 

また、自然味あふれるベトナム人の国民性が

日本人にとって身近に感じられる。

 

 

ベトナムは世界でも有数の

親日国家として知られている。

 

 

また治安が良いことも人気の理由だ。

 

夜に女性が出歩いてもそれほど危険を感じない。

 

 

賑わっている大通りも、現地の女の子や

女性旅行者がたくさんいるので

安心して楽しむことができる。

 

ただし、人の少ない裏路地や、

大通りでのスリには注意が必要だ。

 

 

ベトナムは南北に細長い国のため、

地域によって気候が違う。

 

 

全体的に高温多湿で、

北部は日本と同じように四季があり、

南部は一年を通して日本の夏のように暑い。

 

特に冬場は、北部の朝晩はかなり冷え込み、

ジャケットなどの羽織ものが必要だ。

 

 

南部は日中では30℃を超える日が多い。

 

ベトナムの人の服装は基本シンプルで、

男女共にTシャツとジーパンまたは短パンが多い。

 

 

女性は特にボディラインを見せる、

フィットした物を好む。

 

 

なので旅行の服装も

ベトナムの人に合わせるのが良い。

 

派手な服装だと目立って、

犯罪の的にされてしまう。

 

 

そして持ち物には必ず

長袖の羽織ものを用意しよう。

 

朝晩と昼の気温差もあるが、

カフェやレストランの店内は

かなり冷房が効いている。

 

 

ちなみに羽織ものを腰に巻くスタイルは、

日本人の特徴である。

 

ベトナム人からすると、

これぞ日本人と映るようだ。

 

 

ベトナムで起業、女性でも?ハノイなど現地のガイド(女性)を雇う

 

ハノイやホーチミンでは、最近の旅行ブームにより

ガイドの仕事も増え、現地ガイドとして働く人も多い。

 

女性や学生も多く、中には日本に

留学経験があり日本語が堪能な人もいる。

 

 

そんなベトナムでは日本人の起業が増加している。

 

 

日本の数々の世界遺産認定をきっかけに、

ベトナムでは日本食ブームがおこっている。

 

そこにビジネスチャンスを見出し起業する人がいる。

 

 

ダナンの農場で作った自家製のチーズを使って、

高品質なピザを売りにしている創作ピザ屋「Pizza 4P’s」。

 

ベトナムでは初めてとなる

クッキングスタジオ STAR KITCHENなどなど。

 

 

中には社会的な理由から起業する人もいる。

 

 

ベトナムでは貧困層の子供や孤児が多く、

家もなく橋の下で暮らす子供がいる。

 

そんな子供達に温かい食事を、

そして将来働く場所を提供したいという想いから

レストラン事業に乗り出す起業人もいる。

 

 

ある女性は、教育から貧困層を救うという想いから、

子供とのコミュニケーションのために

ベトナム語の絵本事業を始めた。

 

 

ベトナムのホーチミンなど南部の女性って?貧困の女性

 

ベトナム南部は北部とは違い、

亜熱帯気候で、ゆったりとした

時間が流れている。

 

 

南部最大の都市ホーチミンは

初代主席の名前から付けられた都市だ。

 

サイゴンから改名され、

人と区別するために

ホーチミンシティとも呼ばれる。

 

 

そのせいか、ホーチミンを始め、

南部の女性はとてもおおらかで楽観的だ。

 

柔軟な性格で、誰とでもすぐに

打ち解けることができるので、

日本人男性と相性が良いと言われる。

 

 

気分屋なところがあり、

ストレートに意見を言うが

本音で話ができる。

 

 

ベトナムは目覚ましい発展を遂げている反面、

人口の6割が農業に携わっており、

まだまだ貧困層との格差は大きい。

 

 

この貧困を埋めるべく、女性や赤ちゃんが

人身売買のターゲットにされる。

 

女性は売春、そして妊婦には

子供が産まれる前から契約。

 

 

国境に近い中国で出産・売買され 、

産んだ女性はベトナムに戻される。

 

当初契約していた金額が支払われない

トラブルも発生している。

 

 

過去に女性2人が貧困を苦に、

人身売買ブローカーに自ら

依頼し中国に渡った。

 

しかし中国での地獄のような生活から、

またベトナムに逃げ帰ると言う事件も

発生している。

 

 

ベトナム、夜の女性は…ゲアン省やハノイのホテルに女性と同伴、理髪店の女性など

 

旅行に来たら夜は少し羽目をはずしたくなるものだが、

男性にとってはベトナムの女性との

ワンナイトは期待しないでほしい。

 

ベトナムではそういった行為は

結婚後でなければ許されない。

 

 

宗教上の問題もあるり、女性のガードは固い。

 

 

そして、一番注意しなければならないのは、

ゲアン省やハノイを始め、ベトナムでは夜10時以降に、

女性と密室にいると逮捕されるという法律があること。

 

ベトナムは風俗に厳しい国で、夜10時以降に

婚姻関係のない外国人男性とベトナム人女性が

密室にいることは違法だ。

 

 

罪も重く、強制送還または一発強制送還もありうる。

 

 

周りの目も厳しく、見つけると通報される。

 

 

自分の泊まっているホテルでも無理だ。

 

フロント係が厳しく取り締まっている。

 

 

運良く通過できても後から通報され、

公安に踏み込まれるケースも少なくない。

 

どうしてもというならば、

同伴を黙認しているホテルがあるので

事前にリサーチしておこう。

 

 

ベトナムにも理髪店はあるが、

日本の理髪店とはかなり違っている。

 

 

まず女性が全て行う。

 

胸元が開いた、まるで

キャバ嬢のような服装をしている。

 

 

髪やヒゲはもちろん、

足を洗ったり肩から上のマッサージ。

 

そして爪切り、顔パックに耳かき、

腰や足のマッサージ、最後にシャンプーと

至れり尽くせりだ。

 

 

ベトナムの理髪店はどちらかというと、

体全体を整えるといった感じで、

日本で言う床屋とは別物のようだ。

 

本当に髪とヒゲだけで良ければ、

そういう店に行くことをお勧めする。

 

 

まとめ。ベトナム女性のベッドについて

 

アジア諸国の中でも進化にとんだベトナム。

 

日本と似ている部分もあり、とても親近感が湧く。

 

 

また女性からすると、危険が少なく、

風俗の取り締まりが厳しいのは有難い。

 

男性にとっては期待はずれかもしれないが。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ