メキシコの女性弁護士がダルマに?メキシコ女性、バラバラ殺害の女弁護士とダルマ、女性市長の殺害…府マフィアと女弁護士など


 

 

メキシコの女性弁護士がダルマにされ殺害された。

 

これが画像として出回ったせいで、

世界でより多くの人に知れ渡った事件となる。

 

 

マフィアの犯罪だが、女性弁護士が

虐殺されたのはショッキングだ。

 

そんな事件の耐えないメキシコだが、

訪れる機会があるとすれば、

気を付けて欲しいことがある。

 

 

メキシコへの旅行ついて説明していこう。

 

 

メキシコを女性が 一人で旅!ひとり旅を女性ができる?

 

メキシコを女性が一人旅で訪れる。

 

危険性や治安はどうなのだろうか。

 

 

海外に一人旅というと、

ややハードルが高く思える。

 

しかも、目的地はメキシコ。

 

 

自分の家族や友人であれば、思わず

「大丈夫?」と思うイメージがある。

 

 

しかし、問題なのはメキシコではなく、

メキシコのどこに行くかなのである。

 

 

カンクンなど、いわゆる

「リゾート地」であれば

安心して送り出したい。

 

リゾート地に行くだけで、そこから

出なければそれほど引っ掛かることもない。

 

ビーチなどぜひ楽しんできてほしい。

 

 

気になるのは、

首都メキシコシティを始めとする

その他の街に行くことだ。

 

スペイン語が話せ、

旅行慣れしているのなら

不可能ではない。

 

 

・語学力がどこまであるか

 

・街の雰囲気を感じとることができるか

 

・危ないところを察することができるか

 

 

その辺りが大切になってくる。

 

 

旅行慣れしているのであれば、

女性の一人旅が外国人にどう見られるのか

察することができるはずだ。

 

治安の安定しない国での身の振り方、

注意点を知っていることが前提だ。

 

 

全くなにも知らず、初の海外一人旅に

メキシコという人がいたら、

一度止めてあげてほしい。

 

 

きちんと準備ができていれば、

女性の一人旅も不可能なわけではない。

 

 

・スペイン語の勉強をする

 

・行っていいところと危険なところを知る

 

・現地人の常識や観光客がどう見られているか知る

 

・きちんとしたプランを立てる

 

 

こうした事前準備をすることで、

危険性は当然低くなってくる。

 

 

メキシコで女性弁護士が肢体を切断され、

虐殺された事件がある。

 

これは女性弁護士の服装の問題でもなく、

マフィアによる犯罪だ。

 

 

このように、メキシコでは女性が

事件に巻き込まれることも少なくない。

 

 

メキシコの女性の衣装や服…民族衣装や帽子と女性

 

メキシコの女性の服はどういったものなのだろうか。

 

 

メキシコシティの女性は、

ほぼ間違いなくパンツスタイルである。

 

いくら暑い日でも

長ズボンであることがキーワードだ。

 

 

ミニスカートはメキシコでは

絶対に穿いてはいけない。

 

ミニスカートは売春婦の衣装としての

暗黙のルールがあるのだ。

 

 

「タイツを穿けば見えないのでは?」

 

そんな考えは言語道断である。

 

 

スカート+タイツはメキシコでは、

売春婦の制服とも言える定番スタイルだ。

 

普通の丈であっても、スカートや

ショートパンツを穿くメリットはない。

 

 

ではロングスカートはどうだろうか。

 

メキシコの女性はロングスカートも

穿いている人はいない。

 

いるとすると、民族衣装に

身を包んだ人くらいである。

 

 

メキシコの若者は、単純に

ロングスカートは民族衣装

としての感覚がある。

 

インディアンではないため

穿かない、そういった認識だ。

 

 

また、帽子を被っている女性も

町中では見かけない。

 

 

メキシコの女性はかわいい?警察署長も紹介

 

そんな一見ガードがしっかりしていそうに見える

メキシコの女性は、どちらかと言えば美人多い。

 

しっかりと芯のある美女が多いのは、

メキシコではセクシーな女性が美人の定番となるからだ。

 

 

しかしながら、かわいい人ももちろんいる。

 

 

女性の警察署長もおり、住み良い街を目指した。

 

しかし彼女は、就任後すぐに

アメリカへの亡命を希望したのだ。

 

 

「こんなに恐ろしいことになるとは思わなかった」

 

現地の人の、この言葉がどんな意味を持っているのだろう。

 

 

家族を殺すと脅され、いつも怯えていたという彼女。

 

 

メキシコでは警察の力も日本ほどの

ものでないことがわかる。

 

警官であっても、弁護士であっても、

市長であっても、脅され

簡単に殺される国なのである。

 

 

まとめ。メキシコの女性弁護士がダルマに?

 

結論からいえば、メキシコは日本とは

比べ物にならないほど治安が悪い。

 

そして、残念なことに、女性が

ターゲットにされる事件が多いのだ。

 

 

旅行客だからといって安心はできない。

 

 

怨みを買う買わないに関係なく、

狙われやすいと思うべきだ。

 

 

それでも、危ない場所や観光客が

踏み入れてはいけない場所。

 

そういった危機管理をもってすれば、

楽しい旅行ができる。

 

 

ショッキングな事件も多いが、

それでもなお行くのであれば

下準備をしていこう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ