マカオの夜遊びを画像(写真)やブログで!最新情報を長期滞在者が紹介…一人旅とマカオ夜遊び


 

マカオの夜遊びでは、女性の国籍によって

ランクが明確になっている。

 

ちなみに日本人女性と遊ぶと、かなり高額に。

 

 

マカオ夜遊びのより詳しい情報、

現地に住んでも入り続ける安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

カジノの街として有名なマカオ。

一度は行ってみたいと思っているのでは?

 

今回は、マカオの夜遊びについて解説する。

 

 

 

マカオの夜遊びの画像!写真で様子をチェック

 

マカオの夜遊びの魅力は、カジノの街ならではの

きらびやかな雰囲気を楽しみつつ、

「サウナ」と呼ばれる場所で夜遊びを楽しめることだ。

 

 

マカオの夜遊びは「サウナ」と名前の付いた店で行う。

 

 

サウナ近くの大通りには

客引きがいるので、

値段を確認してお店に入る。

 

店に入ったらロッカールームで

服を脱ぎシャワーを浴びる。

 

 

サービスで体を洗ってくれるお店もある。

 

 

サウナやお風呂を楽しんだら、

ガウンを着て休憩室に行くと、

時間を区切って女の子が登場する。

 

気に入った女の子がいれば、指名をし個室に行く。

 

 

値段はお店にもよるが、

良質なサウナなら最低約36,000円。

 

最高ランクの女の子の場合、約66,000円だ。

 

 

マカオの夜遊びの注意点は、

中国の夜遊びだからと軽く考えていると、

意外とお金がかかることだ。

 

特に、日本人と韓国人の

女の子の料金が高いので注意したい。

 

 

ベトナム人や中国人が比較的リーズナブルだ。

 

 

 

マカオの夜遊びのブログで最新の情報を

 

マカオの夜遊びについて、最新の情報は

「GOGO!KENGO!!」というブログに

詳しくのっている。

 

具体的なサウナの名前や地図もあるので、

実際に行く際にとても参考になる。

 

 

マカオの夜遊びを楽しむなら、

マカオ半島のエリアがおすすめだ。

 

空港からは離れるが、カジノの最低掛け金も安く、

カジノで遊ぶにも夜遊びをするにも最適なエリアだ。

 

 

よくマカオのカジノホテルというと、

きらびやかで豪華なホテルを想像する。

 

 

有名な所では、ホテルの中が

ベネチアの街のように作られている

「ベネチアンホテル」などだ。

 

 

しかし、これらの豪華ホテルのある場所には

ファミリー客が多く、大人の夜遊びに

向いているような店は少ない。

 

 

また、豪華ホテルに泊まる人には、当然高い掛け金で

カジノをして欲しいので、豪華ホテルが立ち並ぶ地区の

カジノの掛け金は高めに設定されている。

 

それぞれの目的に応じて、滞在する地域や

遊ぶ地域を選ぶ必要があるのがマカオなのだ。

 

 

そもそも、マカオはポルトガルが中国から占領した領地だった。

 

中国に返還されたのは、香港返還より後の1987年。

 

 

今から33年前と意外に最近の出来事なのだ。

 

 

マカオを訪れると、中国の影響を受けている部分もあるし、

まるでヨーロッパにいるような古いが

美しい石畳の街並みが混在している。

 

ヨーロッパに行くほどの時間やお金はないが、

ヨーロッパ風の歴史的な建造物を見たり、

ポルトガル料理を食べたいという時におすすめだ。

 

 

マカオへは、成田空港と

関西国際空港から直行便が運航されている。

 

また、マカオは香港とも近く、

約1時間のフェリーでつながれている。

 

 

マカオに行ったついでに香港に立ち寄ることもできる。

 

 

自分は、海外に行く時の魅力は、

日本ではできない経験ができることだと思う。

 

マカオは、日本では禁止されているカジノが認められている。

 

パチンコや競馬などの日本での

ギャンブルに飽きた人には刺激的だ。

 

 

 

まとめ。マカオの夜遊びについて

 

・マカオの夜遊びは「サウナ」と名前の付いた店で行う

 

 

・サウナではシャワーを浴びた後、ガウンを着て休憩室に行くと、

女の子が順番にやってくるので、気に入った子と個室に行く

 

 

・料金は、最低約36,000円。

最高ランクの女の子の場合、約66,000円

 

 

・韓国人や日本人女性の料金が高い

 

 

・マカオの夜遊びを楽しむなら、マカオ半島のエリアがおすすめ

 

 

・マカオ半島エリアは、カジノの最低掛け金が安く、夜遊びのお店も多い

 

 

・マカオは、ヨーロッパに行くほどの時間やお金はないけれど、

ヨーロッパ風の歴史的な建造物を見たり、

ポルトガル料理を食べたいという時おすすめ

 

 

・マカオへは、成田空港と関西国際空港から直行便が運航されている

 

 

マカオと珠海で行動を共にした町田。

自分と同じくガチャピンファンだったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ