フィリピンで盛り上がる曲は?ラブソングで人気なのはイカウ?人気曲ランキング!あのオチョオチョも?


 

フィリピンで盛り上がる曲は、

日本の曲ならタガログ語に訳されている「最後の言い訳」、

君が好きだと叫びたい」を押さえておきましょう。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンで盛り上がる曲といえば

何でしょうか?

 

ラブソングで人気なのは

イカウでしょうか?

 

 

あのオチョオチョも話題になっています。

 

 

ここではフィリピンで盛り上がる曲と、

最近の人気曲ランキングを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンで盛り上がる曲紹介!フィリピンのソング、マハルキタやラブソングで人気なイカウ、シンガーは?

 

フィリピンの有名ソングの1つに、

マハルキタがあります。

 

歌っているのはレンツ・ヴェラノで、

マハルキタとはタガログ語で

「愛してる」という意味です。

 

 

ゆったりとしたリズムをバックに、

高音が伸びやかな甘い歌声。

 

フィリピンでは知らない人は

いないほどの有名ソング、

それがマハルキタです。

 

愛を語り合う二人の

甘い雰囲気にふさわしく、

盛り上がる曲でしょう。

 

 

フィリピンのラブソングで人気があるのは、

「Pagdating ng Panahon」「Hanggang Ngayon」

「Kahit Kailan」の3曲が過去四半世紀の間のトップ3です。

 

 

フィリピンで盛り上がる曲として

まず挙がるのは「Narda」です。

 

フィリピンで国民的人気のある

ロックバンド kamikazee の曲で、

現地では名曲と評判です。

 

 

また、日本でも人気のある「Bon jovi」の

「Livin’ on a Prayer」もフィリピンではカラオケで

必ずといっていいほど歌われていて人気のある曲です。

 

 

実はフィリピンでは

日本の歌もよくカバーされており、

人気があります。

 

例えば、徳永英明の「最後の言い訳」は

フィリピンで非常に有名で、

若い人でも知っているほどです。

 

 

他には宇多田ヒカルの「First Love」や、

小林明子の「恋に落ちて」なども人気です。

 

これらの歌はみなタガログ語でカバーされていて、

カラオケでもよく歌われています。

 

 

フィリピンの人々はカラオケが大好きで、

自宅にカラオケ機器があることも珍しくありません。

 

 

フィリピンの有名なラブソングの1つに、

イカウがあります。

 

2014年にリリースされた歌で、

歌っているシンガーは

「Yeng Constantino」です。

 

 

この歌はYouTubeの

オフィシャル動画の再生回数が

1億回を超えたという大ヒット曲です。

 

甘い歌声で、後半はとても盛り上がる曲です。

 

 

 

ユーチューブのフィリピンの人気の曲ランキング!オチョオチョって!?

 

フィリピンの人々は歌が大好きですが、

普段どのような歌を聴いたり

歌ったりしているのでしょうか。

 

 

ユーチューブによるフィリピンでの人気ソングは、

2010年では以下のようなランキングになっています。

 

 

1.Beautiful Scars  Maximillian

 

2.At My Worst (feat. Kehlani)  Pink Sweat$

 

3.KLWKN  Music Hero

 

4.Mariposa  Peach Tree Rascals

 

5.Holy  Justin Bieber

 

6.if this is the last time  LANY

 

7.Ice Cream  BLACKPINK X SELENA GOMEZ

 

8.Dynamite (Holiday Remix)  BTS

 

9.You Got It  Vedoyou!  LANY

 

 

これを見ると、海外の英語圏の

アーティストが多いという印象です。

 

フィリピンは英語が公用語の1つなので、

海外の歌も問題なく歌えるのでしょう。

 

 

日本でも有名な歌がいくつか

ランキングに入っています。

 

また、フィリピンの

国民的な人気ソングとして有名なのが、

オチョオチョです。

 

 

2006年には日本にも上陸しており、

「今夜はオチョオチョ」のタイトルで

リリースされています。

 

歌っているのは

フィリピン人女性グループ「ハッピーナ」で、

底抜けに明るいダンスが特徴の5人組です。

 

 

オチョオチョはハッピーナのデビュー曲で、

フィリピンのコメディアンである

バヤニ・アグバヤニの国民的ヒット曲をカバーしたものです。

 

オチョオチョの「オチョ」とは、

スペイン語で数字の8を意味しており、

それ自体には特に意味はないのだそうです。

 

 

フィリピンは昔スペインの植民地だったこともあって、

スペインの文化が残っている部分もあり、

数を数えるときはスペイン語で数えることもあります。

 

 

オチョオチョはフィリピンでは

子供からお年寄りまで知られている歌で、

ダンスも踊れる人が多いという人気の曲です。

 

一部では韓国のK-POPに便乗したのではないかとも

噂されていますが、フィリピンの陽気な国民性に火がついて、

ハッピーナは一気に国民的アイドルグループになりました。

 

 

 

まとめ。フィリピンで盛り上がる曲について

 

フィリピンで盛り上がる曲は

イカウやオチョオチョなど、

国民的なヒット曲があります。

 

 

フィリピンの人々はロマンチストが多く、

甘いラブソングは人気があります。

 

日本の歌もたくさんカバーされていて

親近感がわきますね。

 

 

タガログ語の歌がうまい仁克。

自分と同じく、焼き鳥、特につくねが大好物です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

いくつになっても好奇心を持ち続けたいあなたへ。

 

コンサルで可能性の扉を開いてもっと多才な自分に出会いませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授