オーガズムでカロリーを消費?メカニズムや仕組みとは


 

オーガズムのカロリーは100キロカロリー未満ですので、

それ単体でダイエットにはなりません(笑)。

 

 

オーがニズムを一緒に楽しめるパートナーの見つけ方。

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

オーガズムを感じることで

消費するカロリーは

一体どのくらいでしょうか。

 

オーガズムを感じる過程で

セックスやオナニーなどがありますが、

それらは関係はあるのでしょうか。

 

 

オーガズムのメカニズムや

仕組みもかねて解説していきます。

 

 

 

オーガズムでダイエット?カロリーの消費やメカニズムが気になる

 

オーガズムを感じることで

ダイエットはできるのでしょうか。

 

 

ダイエットするためには

カロリーの消費量を

増やすことが必要です。

 

オーガズムに達するまでに

さまざまな動きをすることで

カロリー消費につながります。

 

 

セックスをしてオーガズムを感じることで

カロリーを消費してダイエット効果があると

いろいろな体験談やブログなどにも紹介されています。

 

 

さらにはオナニーでさまざまな動きをして

オーガズムを感じることでカロリーを消費して

ダイエットしたという人もいます。

 

 

カロリーを消費するためには

オーガズムを感じることよりも

しっかり体を動かすことが肝心です。

 

 

実は食欲と性欲を感じる

脳の場所は同じといわれています。

 

性欲を満たしてオーガズムを感じることによって

食欲を抑えることができる可能性もあるのです。

 

 

例えば夜中にお腹がすいてしまったという時に

セックスやオナニーで性欲を満たすことによって

食欲を抑えられます。

 

それにより、結果的にダイエットに

つながるともいえます。

 

 

オーガズムを感じることで消費できるカロリーは

セックスやオナニーを30分した場合、

約10~80キロカロリーだといわれています。

 

これは30分ウォーキングするのと

ほとんど同じ消費カロリーです。

 

 

オーガズムのメカニズムをよく知っておことで

ダイエットとして上手に活用ができるでしょう。

 

 

 

オーガズムの基本知識!オーガズムとは?仕組みや影響、カロリーの消費は?

 

では、オーガズムとは

そもそも何なのでしょうか。

 

 

オーガズムとは性的な反応の1つです。

 

男女それぞれが感じる性的な興奮状態が

1番上に達した時に感じる快感のことを

オーガズムと呼びます。

 

 

オーガズムの仕組みは、

男女ともに性反応は4つの段階を

踏んでいきます。

 

 

・興奮期

 

・高原期

 

・オーガズム期

 

・消退期

 

 

の4段階です。

 

 

オーガズムは3番目の

オーガズム期で感じます。

 

 

オーガズムを感じると0.8秒間隔で

男性の場合はペニスの収縮、

女性の場合は子宮の収縮が起こります。

 

これらは男性の場合は射精するため、

女性の場合は射精された精液を吸い込むために

起っているといわれています。

 

 

この他にもオーガズムの影響で

白目をむいたり全身がけいれんしたり

汗をかくなどの身体的反応も起ります。

 

 

重要なのは、オーガズムで

カロリーを消費するのでは

ないということ。

 

オーガズムに達するための準備段階で

どの程度カロリーを消費できるかで

カロリー消費量は変わってきます。

 

 

例えばパートナーとのセックスで

オーガズムに達すると、セックスの動きによって

カロリーの消費量が変わります。

 

オナニーの場合も、

激しい動きをしない限りオーガズムを感じても

カロリーの消費量は多くないでしょう。

 

 

オーガズムでカロリーを消費するのではなく、

オーガズムに達するための準備段階である

興奮期と高原期の運動量で消費カロリーが変わります。

 

オナニーでもセックスと同様運動量を増やすことで

消費カロリーが増えてダイエットできる

可能性はあるでしょう。

 

 

 

まとめ。オーガズムのカロリーについて

 

オーガズムを感じること、

オーガズムに達することで

ダイエット効果があることがわかりました。

 

 

また、脳の中では

食欲と性欲を感じる場所が

同じだといわれています。

 

これは性欲を満たすことで

食欲を抑えることができる可能性があり、

結果的にダイエットにつながる可能性が期待できます。

 

 

そしてオーガズムを感じるためには

性欲を満たす準備段階である行動が必要です。

 

主にオーガズムに達するための行動は

セックスやオナニーが一般的です。

 

 

カロリーを消費するためには

運動量を増やすことが重要です。

 

オナニーは基本的には1人なので運動量を

増やすためにはかなりの動きをしなければなりませんが、

カロリー消費を増やすことは不可能ではありません。

 

 

女性はセックスでオーガズムに達するよりも、

オナニーでオーガズムを感じるケースが

多いともいわれています。

 

自分に合った方法でオーガズムを感じることができると

ダイエット効果の他に快感や達成感も得ることが

できるので精神的にも良いでしょう。

 

 

ただしオナニー時は指やグッズを使う場合は

きちんと清潔にしてから使うようにしましょう。

 

 

オーガズムを感じたことがないと話す香奈枝。

自分と同じく、日本人より外国人の友達が多い人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

遊び心とゆとりがほしいあなたへ。

 

性の原理原則を学んでブルドーザーのように前向きに

セックスをして勝ち組になりませんか?

 

興味があれば

以下より無料情報を請求してください。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授