マレーシア、華僑の虐殺者って?影響や言語、華僑の人口(割合)や性格(恋愛)、歴史と経済について紹介


 

マレーシアの華僑の虐殺者とは穏やかでないが・・・

 

実際に住んでみて現地の人に聞くと、

ほとんどの人がその歴史を知っていた

 

 

マレーシア華僑のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

マレーシアの華僑の割合や彼らの性格、

また歴史についても見ていきたい。

 

 

日本にも多くの華僑が

渡ってきているが、今回は省こう。

 

マレーシアにうつった彼らについて説明していく。

 

 

虐殺などショッキングな話もあるが、

歴史と一緒に紹介したい。

 

 

 

マレーシアの華僑、虐殺者って誰?

 

まず華僑について触れておく。

 

華人と混同されることがあるが、

華僑と華人は異なる概念だ。

 

 

華僑とは、二重国籍等の状態によって

中国国籍を保持したままの者。

 

そして、現地国籍のみを

有する両方の者を含んだ総称だ。

 

 

華人とは、現地国籍のみを

有する土着化した者である。

 

 

マレーシアの華僑での虐殺について見ていこう。

 

その背景の理由には何があったのだろうか。

 

 

マレーシアでの華僑の影響は計り知れない。

 

実は、非常にハングリー精神旺盛で

勝ち負けに拘りがある。

 

そのために国を出てきているのだからともいえる。

 

 

つまり、エリートや

ビジネスチャンスを掴んだ人達が多い。

 

華僑はお金持ち、というのは

強ち間違いではないのだ。

 

 

彼らはとにかく経済を回しているといえる。

 

 

マレーシアでの華僑の歴史は、

政治で言えば苦難の歴史だ。

 

第二次世界大戦後においても、

経済の実権を握る彼らを警戒していた。

 

 

マレーシアの華僑は経済への

影響が凄まじかったからである。

 

そのため、現地政権は彼らを危惧し、

マレーシア人を優遇とする対策を取った。

 

 

華僑は主に貿易業の

移住者が始まりとされている。

 

英国植民地時代には錫鉱労働者が、

清朝崩壊後には政治難民なども

マレーシアに移り住んだ。

 

 

また、「マレーシア華僑虐殺」は

どのような事件だったのか。

 

 

シンガポール華僑虐殺事件に続き、

マレーシア各地で抗日華僑狩りが行われている。

 

シンガポールの事件の方が

ビックアップされることが多いが、

忘れていけない。

 

 

 

マレーシアの華僑ってどんな人達?人口など

 

マレーシアの華僑の言語は、

共通語として中国語を用いる。

 

お互いのコミュニケーションを取るため、

しっかりと学んでいる人が多い。

 

 

マレーシアの華僑の人口は

約640万人から760万人程度と言われる。

 

これは実に、マレーシアの華僑の割合が

24%にも上ることを意味する。

 

 

これには諸説あり、データが

バラバラなため正確にはわからない。

 

 

マレーシアの華僑の性格は、

現地でのマナーを重んじている。

 

そのため、中国人らしい

振る舞いとはまた違う。

 

 

マレー系であり、更には

商売熱心な性格と言えよう。

 

 

そんなマレーシアにいる

華僑の恋愛とは、

とにかく恋人に尽くす。

 

甘く優しく、そして家族思いで

家庭的な人が多い印象だ。

 

 

また、中華系マレーシア人は

非常に一途である。

 

そもそも、浮気という概念が

存在しないといっても過言ではない。

 

 

こうしたシンプルな思考が人気なのも頷ける。

 

 

 

まとめ。マレーシアの華僑の虐殺者とは

 

マレーシアの華僑のイメージが何となく掴めただろうか。

 

虐殺者がいるというのがまた、

ショッキングな話である。

 

 

経済に貢献しているあまり、

現地の実権を握られることを危惧していた。

 

確かに地元政府にしては、

有り難い反面大きな勢力だ。

 

 

威厳となる前に潰しておこうとしたのは、

実に人間らしい心理だ。

 

しかし、華僑のエリートさや

ハングリー精神は見習うところである。

 

 

彼らがお金持ちだといわれるのは、

楽をしているからではない。

 

苦難の末に、自分達が

築き上げたコミュニティが大きい。

 

 

ビジネス面での成功から、

経済の力を握るのは当然だ。

 

 

商売熱心なところがここでも発揮し、

現地の経済を回している。

 

日本にも多くの華僑が

わたっていることから、

実に興味深い話だ。

 

 

経済的に潤いをもたらせてくれる

彼らをどう思うのか。

 

グローバル社会の

今後の課題になるともいえる。

 

 

とはいえ、過去のくらい過ちを

犯してはならない。

 

同じ過ちを起こしてしまっていては、

我々はなにも成長を遂げていないこととなる。

 

 

お互い歩み寄りながら

暮らしていくことが大切だ。

 

 

クアラルンプールで時々遊ぶカネオ。

自分と同じ「結婚は不要」派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ