新城島とアンビリーバボー!人魚神社への潜入と事故、祭り(秘祭)…アカマタ・クロマタと人魚神社、豊年祭について


 

新城島はアンビリーバボーでも紹介されたが

謎の秘祭が行われており、内容の口外が禁止されている。

 

参加者は島の出身者のみなので、

その情報はなかなかリークされない。

 

 

国内の秘祭など面白情報、

ブログを手段にして国内外好きな場所に住む手段

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

約束を破った者には祟りが起きるなどの

怖い噂もあるが・・・新城島の秘祭とは

どんな内容なのか。

 

 

紹介できる範囲でお伝えしていく。

 

 

 

新城島で秘祭開催、内容と過去の事故を紹介。アンビリーバボーで紹介された立ち入り禁止エリアへの行き方はツアーで

 

 

沖縄本島から南西400kmの距離にある新城島。

 

新城島には様々なタブーが存在し、

約束を破った者は事故に遭うなどの

怖い噂がある。

 

 

新城島では「アカマタ・クロマタ」

と呼ばれる秘祭が行われている。

 

 

新城島で行われている

秘祭は口外禁止のため、

内容を知る者はいない。

 

また、新城島の秘祭に

参加できるのは

島の出身者に限られる。

 

 

新城島には立ち入り禁止の場所が

数多く存在しており、

その代表的なのが人魚神社。

 

島の住民でさえも限られた者しか

立ち入ることができず、

写真撮影などが禁止されている。

 

 

残念ながら、秘祭に関する詳しい情報は

今現在でも明らかにされていない。

 

しかし、これまでに新城島の

取材を行ったテレビ局は存在する。

 

 

新城島はフジテレビの番組の

「奇跡体験!アンビリバボー」で

取り上げられた。

 

新城島の立ち入り禁止ゾーンに

潜入するという内容で、

人魚神社を紹介した。

 

 

一見、恐ろしく感じる新城島だが、

ツアーに参加すれば訪れることができる。

 

新城島への行き方としては

観光ツアーの利用が必須なので、

ツアー会社のプランを事前に調べておく必要がある。

 

 

 

人魚神社の秘祭に潜入!新城島の祭りを宿泊で楽しもう。豊年祭の後は人魚伝説の神社や観光へ。アカマタとクロマタ、人魚神社

 

新城島へ訪れたい場合は

観光のツアーを利用しよう。

 

観光のツアープランは、新城島だけではなく、

石垣島や西表島などを巡って

楽しむという感じになっている。

 

 

新城島へ旅行をする人は多く、

楽しめる場所やエリアが

多いので人気がある。

 

 

新城島にアクセスするためには、

観光ツアーの利用が必須。

 

日帰りプランなどが用意された

ツアーがあるので、

ネットで調べてみよう。

 

 

以前までは新城島に

宿泊施設があったのだが、

現在は閉館となっている。

 

新城島には民宿のような

食事付きの施設が無いので、

そこは注意しよう。

 

 

新城島で宿に泊まる場合は、

パナリ島観光の施設を利用する。

 

ただし、宿泊は素泊まりのみなので、

食事は自炊する必要がある。

 

 

新城島では、

アカマタ・クロマタと呼ばれる

豊年祭が開催される。

 

 

アカマタ・クロマタに

参加できるのは

島の住民に限られる。

 

そのため、新城島の

豊年祭については

いまだ謎のまま。

 

 

一つ言えるのは、新城島の人魚神社が

豊年祭に関わっている可能性が

あるということ。

 

豊年祭が行われる時にだけ、

島の住民で限られた人だけが

立ち入りを許可されている。

 

 

新城島のアカマタとは

来訪神を意味しており、

男の神だという説がある。

 

クロマタは女の来訪神を意味しており、

それぞれが村の繁栄のために訪れる。

 

 

ネットで「新城島の豊年祭2018」と検索すると、

石垣島や竹富町、与那国島で行われる、

お祭りのスケジュール表が調べられる。

 

しかし、新城島の豊年祭については

主催者によって非公表とされている。

 

 

 

新城島観光スポット!沖縄らしい海岸でシュノーケルも。フェリーで人口わずかの島を楽しもう

 

新城島は沖縄本島から南西400kmに位置しており、

上地島と下地島の二つの島から形成されている。

 

 

2016年度における新城島の人口は、

上地島が13人で下地島が2人となっている。

 

新城島にはほとんど人がいないので、

歩いていても人と出くわすことは少ない。

 

 

新城島の竹富町ホームページによれば、

昔は両方の島の人口が700人の時もあったという。

 

 

新城島には御嶽と呼ばれる施設が12ヵ所あり、

そこでは祭祀が行われている。

 

 

昔の新城島では、琉球王府によって

人頭税が義務付けられており、

人々は哺乳類のジュゴンの干し肉を納めていた。

 

 

新城島には人口が少ないものの、

沖縄らしい海岸や様々な観光スポットがある。

 

新城島はシュノーケルの

スポットとして人気が高く、

訪れる人が数多くいる。

 

 

新城島観光でおすすめしたいのは、

のんびりと島内を散策すること。

 

数ある観光ツアーの中でも、

新城島の海岸を散策するプランが人気。

 

 

他にも、新城島の周辺を

フェリーで楽しむのもおすすめだ。

 

 

沖縄らしい遊びが満喫できるので、

是非ツアーで訪れてみてほしい。

 

 

 

まとめ。新城島の秘祭の内容について

 

新城島の秘祭の内容について、

紹介できる範囲でお伝えしてきた。

 

 

秘祭の内容は口外することが

禁止されており、情報は非常に少ない。

 

 

新城島は観光ツアーで訪れることが可能で、

日帰りツアーとして人気。

 

立ち入り禁止区域もあるので、

ガイドや現地の人によく従うこと。

 

 

興味がある人は新城島を訪れてみるとよいだろう。

 

 

新城島の文化に詳しい郡司。

自分と同じくガチャピンファン(笑)。

 

 

 

最後に、

 

遊び気を忘れず自分らしく生きたいあなたへ。

 

コンサルで前向きな気持ちを取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. じゅんじゅん より:

    新城島の秘祭、初めて知りました。
    なんだか怖いような、ワクワクするような。
    お祭りに参加はムリでも行ってみたいですね。

  2. CoCoRo より:

    実際に祟りが起きたことがあるのでしょうか?
    「人魚神社」という名前も気になります。
    人魚が祀られている? ということは人魚の祟り?
    約束を破ると海の泡にされてしまうのかも。

    • まめ より:

      新城島にある貝殻や砂、その他もろもろを持ち帰ることはしてはいけないという決まりがあります。
      私も詳しくは覚えていませんが、新城島の貝殻や砂を研究のために持ち帰った大学教授が不慮の事故で亡くなったとか………

  3. かなで より:

    新城島初めて知りました!
    日帰りツアーでしか行けないのは、なんだかおもしろそう。
    秘祭は琉球王国の名残なんでしょうか。

  4. カエル足 より:

    「アンビリーバボー」は好きでよく見ているのに、
    新城島の回は見逃したのかなぁ、覚えがないや。
    祟りとかの噂って、その島の環境を守るために
    昔から島民が流しているのかなって思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授