中国語のメールの書き出しや結び!文例や件名…メールを送るなら。挨拶や返信、メールの書き方(ビジネス)やメールアドレス


 

中国語のメールの書き方は、

日本とほぼ変わらない

 

 

さらに相手はこちらが外国人と

分かってくれていることがほとんどだから、

言葉の微妙なニュアンスを恐れる必要はない。

 

意味さえ伝わればいいので気楽ですらある。

 

 

中国語の最速マスター法、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

中国語のメールの書き出しや

結びの言葉に悩む人は多い。

 

ビジネスならやり取りは基本英語なのだが、

中国では英語を受け付けない企業もあるからだ。

 

 

そこでここでは、中国語で

メールを送る時の恒例の挨拶や返信。

 

またメールでよく使われる

中国語などを文例を交えて紹介する。

 

 

 

中国語でメール!件名や挨拶、書き出しや文末の結びなどメールの書き方…返信は?

 

ここでは中国語のメールでの件名や書き出し、

文末、結びの言葉、返信など、

抑えておくべきポイントを挙げていく。

 

 

まずメールの「件名」だが、

ビジネスなら件名は「〇〇の案内」

「〇〇のお願い」「〇〇について」が多い。

 

 

こういう件名を中国語で書きたい場合は、

 

 

「〇〇のご案内」→「〇〇的通知」

 

「〇〇のお願い」→「〇〇的请求」

 

「〇〇について」→「〇〇关于」

 

 

となる。

 

 

次にメールの書き出しだが、日本だと

最初は「拝啓〇〇様…」という言葉がくる。

 

しかし中国語のメール様式はあっさりしていて、

書き出しは日本語の「こんにちは」である

「您 好」で良い。

 

 

次に中国語のメールでの結びの言葉だが、

これもあっさりしていて、日本語のように

よけいなことは書かなくていい。

 

 

中国語のメールでの結びの言葉はこんな感じだ。

 

 

「以上です。よろしくお願いします」→「以上,拜托 您 了。」

 

「何かあったら連絡ください」→「如果 有 什么 问题,请 随时 与 我 联系。」

 

 

ちなみに中国語のメールの結びの言葉は、

中国と台湾では少し違う。

 

メールの結びの言葉は、

台湾では以下のようになる。

 

 

「よろしくお願いします」→「敬請確認、謝謝。 」

 

「何かあったら連絡ください」→「歡迎隨時電話或郵件詢問。」

 

 

台湾の人も中国の中国語を読めるので、

あまり深く考える必要はない。

 

ただ、本格的にビジネスパートナーとしてやっていきたい場合は、

台湾の中国語と中国の中国語はきちんと区別するのがおすすめだ。

 

 

 

中国語でメールを送る時の文例!例文(お礼など)

 

ここでは、中国語でメールを送る時の

文例や例文を紹介する。

 

 

・中国語のメールの例文【受注】

 

中国語

 

首先,感谢贵方对我公司产品的关注和兴趣。

 

关于贵公司6月14日的垂询,现提出以下报价单。

 

敬请确认。

 

 

日本語

 

今回はわが社の商品に興味を

もっていただきありがとうございます。

 

6月14日にお問い合わせされた件について

下記の通りお見積もりをしました。

 

よろしくお願いします。

 

 

・中国語のメールの例文【感謝】

 

中国語

 

谢谢你的邮件。

 

期待与你合作。

 

 

日本語

 

メールをありがとうございます。

 

一緒に仕事ができることが嬉しいです。

 

 

・中国語のメールの例文【友達】

 

中国語

 

很高兴再次收到您的来信。

 

日本語

 

メールをくれて嬉しかったよ。

 

 

中国語

 

对不起,这么久没有给你写信。

 

日本語

 

しばらく連絡できなくてごめんね。

 

 

・中国語のメールの例文【結び】

 

中国語

 

我期待再次与你相见

 

日本語

 

また会いましょう。

 

 

中国語

 

我期待你的回复

 

日本語

 

連絡をお待ちしています。

 

 

・中国語のメールの例文【感謝・贈り物】

 

中国語

 

非常感谢大家送我十分珍贵的礼物。

 

日本語

 

素敵なプレゼントをいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

中国語のメールでお礼のメールをする場合、

件名を「お礼のメール」に

しておくと分かりやすくて良い。

 

 

メールを送る時、中国語は

台湾の中国語にした方がいいのか

中国の中国語にした方がいいのか悩む時がある。

 

 

自分は、少々面倒だが、分かる範囲で

台湾の人にメールを送る時は台湾中国語。

 

中国の人にメール送る時は

中国の中国語を使うようにしている。

 

 

そっちの方が心象が良いからだ。

 

 

 

中国語のメール、ビジネスと友達でどう違う?

 

中国語のビジネスのメールの書き方は、

友達相手とは少し違う。

 

 

中国語のビジネスメールは

「ビジネスライク」という言葉がぴったり

というくらいに必要な事しか書く必要がない。

 

形式があっさりはっきりしていて、

とても分かりやすい。

 

 

ただ、注意しなければいけないこともあるので、

ここではそのポイントをあげていく。

 

 

まず中国語のメールで個人あてに送る場合、

男性には「〇〇先生」、

女性には「〇〇女仕」とつける。

 

いくら中国語に不慣れだろうと、

ここを間違えると印象が悪くなってしまう。

 

 

中国語のメールで友達相手だと、

まずは「やあ!元気?」などの雑談が入る。

 

中国語のメールの書き出しはビジネスだといきなり

「こんにちは。〇〇の件はどうなりましたか?」

といきなり本題に入る。

 

 

さらに中国語のメールは、ビジネスだと

結びの言葉もあっさりしていて、

「よろしくお願いします」だけで済ませていることも多い。

 

中国語のメールはビジネスでは

「~申します」「~申し上げます」と言った

日本語の微妙なニュアンスを気にする必要がない。

 

 

中国語でメールを送る方が逆に楽だという人もいる。

 

 

また、中国語のメールはビジネスメールだと

本文の最後に署名を忘れないようにしよう。

 

署名には自分の名前や役職、会社名を書く。

 

 

最後に自分の所属を書くと、

メールが締まった感じがして気分もとても良い。

 

 

 

中国語でメール、アドレスは?ペイペイのメールアドレスへの登録を中国語で

 

何かに登録する時、そのサイトの表記が

英語や日本語ではなく

中国語だった場合は少し構えてしまう。

 

 

しかし心配する必要はない。

 

そういった場合、表記されている中国語は

できるだけ分かりやすいように、

一般でよく見る定型文を使っていることが多い。

 

 

フレーズさえ覚えてしまえば、

意味を理解することは割と簡単だ。

 

 

例えばペイペイなど登録する時、メールかアドレスが必要だが、

「メールアドレスを教えてください」は

中国語では「能告诉我您的邮箱吗?」と書く。

 

だからこのフレーズさえ覚えてしまえば、

メールアドレスを聞いているんだと

すぐに理解することができる。

 

 

注意点としてはぱっと見よく似た言葉でも、

微妙に漢字が違う、別の意味の文章だったり

することがあるので、しっかり確認することだ。

 

 

ただ、勢いに乗って登録を中国語でしようとすると

一気に言葉が複雑化するので、

中国語で登録するのはやめておこう。

 

 

 

まとめ。中国語のメールの書き出し

 

中国語でメールを書くとなると

しり込みしてしまう人も多い。

 

しかし中国語のビジネスメールは

かなりあっさりしている。

 

 

逆に中国語のメールの方が簡単だという人もいる。

 

 

相手としても、がんばって本国の言葉を

使ってくれたら嬉しいに違いない。

 

もし中国の人とビジネスで

やり取りする事があったら、

ぜひ中国語でメールを送ってみよう。

 

 

中国語が流暢な茂呂ちゃん。

自分と同じく、お酒よりソフトクリームが好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ