アバンギャルドの意味(ファッション)!エレ、アヴァンギャルドの意味は建築や芸術なら…英語では?意味をわかりやすく説明


 

アヴァンギャルドの詳しい意味は・・・

 

軍隊用語の「前衛」を意味するフランス語で、

革新的、前衛的な芸術、

またはその立場をとる芸術家たちをいう。

 

引用:コトバンク

 

 

ファッションデザイナーの息子によるより詳しい情報、

時間と場所とお金の自由を得る具体的な手段

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

おしゃれな響きがあるが、

ファッションに関係する言葉なのか。

 

ここでは、アヴァンギャルドについて

ファッションや建築など業界別に

わかりやすく説明していこう。

 

 

 

アバンギャルドの意味をわかりやすく!ファッションなら

 

ファッション業界においてアヴァンギャルドという

言葉をわかりやすくいうと、今ある概念にとらわれることなく、

新しい技法によって新たに表現することである。

 

 

アヴァンギャルドの具体的な言葉の用法としては

「次のファッションショーはアヴァンギャルドに攻めていく」

など。

 

 

実際にアヴァンギャルドなファッションショーを見てみると、

その辺では着られないような斬新なデザインや色づかいが分かる。

 

有名なアヴァンギャルド系ファッションブランドと言えば、

ヴィヴィアンウエストウッドや

マルタンマルジェラがあげられる。

 

 

日本人でアヴァンギャルドなデザイナーは

 

 

ISSEYMIYAKE(三宅一生)

 

YohjiYamamoto(山本耀司)

 

先日亡くなられたKENZO(高田賢三)

 

COMMEdesGARCONS(川久保玲)

 

TSUMORICHISATO(津森千里)

 

 

など。

 

 

そして多くの若者デザイナーはパリコレを目指している。

 

 

ところで、YouTubeで初音ミクが歌う「エレ・アヴァンギャルド」

という曲は、神曲(かみきょく)と言われるのだが、

歌詞の意味が新鋭すぎて、分かる人しか分からないと言われる。

 

そのあたりが、非常にアヴァンギャルドである。

 

 

ちなみにアヴァンギャルドの反対語は「コンサバ」。

 

今ではほとんど使われない言葉なので、

今時の若い人が聞いても分からないと思う。

 

 

「コンサバ」は日本語的な意味で略すと「保守的」となる。

 

 

 

アヴァンギャルドの意味…他の業界では?

 

ファッション以外の業界の、

アヴァンギャルドの意味はどうだろうか。

 

 

ロシア・アヴァンギャルドの意味は、

建築業界における芸術運動のこと。

 

それらの建築物は、特徴的な色使いで

幾何学図形が力強く組み合わされている。

 

個性豊かで、エネルギーに溢れたデザインだ。

 

 

ロシア・アヴァンギャルド建築の例をあげると、

ゴーリキー文化宮殿、旧キーロフ・デパート、シューホフのラジオ塔、

メーリニコフのゴスプランガレージ、など。

 

世界的に有名な建築家コルビュジェも、

ロシア・アヴァンギャルドの芸術の意味を、

先駆的な作品建築であると述べている。

 

 

アヴァンギャルドの意味は「前衛」だが

英語で表記すると、(the) avant-gardeである。

 

ちなみに、イギリスにおけるアヴァンギャルドは

「ニューウェーブ」といい、新しい傾向という意味がある。

 

 

70年代にはニューウェーブとして

パンク、テクノ・ポップ、ノイズ・ミュージックなど

音楽スタイルが流行った。

 

 

 

まとめ。アヴァンギャルドの意味について

 

アヴァンギャルドとは何なのかを

ファッション、建築について説明した。

 

 

アヴァンギャルドは、古いものにとらわれず、

「先進的」「前衛的」なものを作り出すこと。

 

 

きっと当時の人々は、アヴァンギャルドな

ファッションや建築を見て、

不思議に思ったことだろう。

 

 

日本でも「荘苑」(そうえん)という

ファッション雑誌があるが、

非常にアヴァンギャルドである。

 

 

ファッション業界では若い学生たちが、

常に新しい作品をつくり続けており、

非常に斬新的である。

 

見ていると楽しい。

 

 

つい最近では

メルセデス・ベンツ自動運転車=F015世界初試乗の映像を見たが、

今ある車のかたちとは違っており、革新的だった。

 

2030年を想定して作られたということだ。

 

 

ファッション業界にかぎらず、

次の新しいアヴァンギャルドが

どの業界から出てくるのか。

 

これからが楽しみである。

 

 

ファッション業界で奮闘する重本。

自分と同じく、かつて自分に自信ゼロだった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ