ジョイナーフィー、ヒルトンやアヴァニ(パタヤ)のジョイナーフィーは?セブのホテルのジョイナーフィーとは?無料のホテルも


 

ジョイナーフィーとはホテルなどの宿泊料金の一種で、

チェックインした人以外の人物が部屋を出入りしたり

宿泊する際にホテル側に支払う料金のこと。

 

 

海外移住者による現地情報の詳細、

どこに住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もお気軽に。

 

メールアドレス >

 

 

ジョイナーフィーとは、

一見聞きなれない言葉で

困惑する人もいるだろう。

 

東南アジア、特にタイなどを

旅行する人にとっては

おぼえておきたいところ。

 

 

ジョイナーフィーについて紹介する。

 

 

 

ジョイナーフィーとは?セブのホテルにもジョイナーフィーが必要?

 

ジョイナーフィー。

 

東南アジアなどの歓楽街近くのホテルで、

ゴーゴーバーなどからお持ち帰りした女性を

ホテルに招く際などに支払うものである。

 

 

ジョイナーフィーは人気観光地のセブでは

いくらくらいが相場かと言われると、

ピンキリではある。

 

大体35ペソあたりであることが多い。

 

 

セブ島のホテルでは、

ジョイナーフィーを取るホテルと

とらないホテルがある。

 

セブ島でジョイナーフィーなしホテルだと、

少しセキュリティやサービス面は

注意したほうがいい。

 

 

フィリピンのセブは観光客がほとんどなので、

ジョイナーフィーを取らない安い宿も多い。

 

ラディソンブルというセブ島で人気のホテルは、

ジョイナーフィーを1,000ペソほどとる。

 

 

 

ジョイナーフィーが無料のホテル!バンコクなら?

 

ジョイナーフィーが無料のホテルはバンコクにもあるが、

ホテルと名のつくところだと厳しいことが多い。

 

ジョイナーフィーが無料のホテルだと思って宿泊した

スクンビットなどではも700バーツほど取られる。

 

 

タイ全体のジョイナーフィーの相場は、

500バーツから1,500バーツである。

 

 

首都バンコクのジョイナーフィーの相場は、

その中でも少し高めに設定されている。

 

ジョイナーフィー無料のホテルは、

シーロムという繁華街の近くで

探したら多くあり利便性が高い。

 

 

サーロムセリーンホテルは、

ジョイナーフィー無料のプランもあるので

チェックしておきたいところである。

 

 

ジョイナーフィーフリーは、

日本人などの観光客向けに宿泊プランに

組み込まれている場合も多い。

 

元々はジョイナーフィーを取るホテルでも

プランで無料にしている場合がある。

 

 

 

ジョイナーフィー、ヒルトンやアヴァニなどパタヤなら。ジョイナーフィーはプーケットでも?

 

ジョイナーフィーは、人気観光地の

パタヤのホテルにも導入されている。

 

 

アクアホテルはパタヤにある

ジョイナーフィー無料のホテルである。

 

しかし、身分証などは

フロントに預けなければならない。

 

 

ハードロックホテルは、パタヤで

ジョイナーフィーが無料のホテルである。

 

ハードロックホテルパタヤは、日本人であればジョイナーフィーが無料で、

現地の女の子をお持ち帰りする場合はジョイナーフィーがかかってしまう。

 

 

プルマンホテルはパタヤのなかでも、

ジョイナーフィーが1,000バーツと

少々高めの設定である。

 

 

レッドプラネットホテルは、パタヤの中でも

ジョイナーフィーが無料のホテルである。

 

四つ星ホテルのページ10は、

パタヤのなかで

ジョイナーフィーが無料である。

 

 

ジョイナーフィー無料のホテルは、

パトンのビーチ付近にも数多くあるので

検索するとすぐに出てくる。

 

同じくビーチリゾートなら

プーケットなども探せばあるだろう。

 

 

タイでは、ヒルトンやアヴァンというホテルも

ジョイナーフィー無料である。

 

ヒルトンは誰もが知る高級ホテルなので、

部屋の綺麗さやセキュリティなども安心である。

 

 

 

ジョイナーフィーはベトナムでも?

 

ジョイナーフィーは

タイのバンコクが発祥の地と言われており、

基本はベトナムにはないものである。

 

しかし、ベトナムのホテルでも日本人観光客が多く宿泊し、

歓楽街に近い立地にあるところは

ジョイナーフィーが発生する場合がある。

 

 

その場合のジョイナーフィーの相場は

20ドルほどである場合が多い。

 

 

しかしこれはホテル側から請求されるというより、

スタッフの小遣い稼ぎという場合も多い。

 

その場合ジョイナーフィーは

スタッフのポケットマネーになる。

 

 

払うのが馬鹿馬鹿しいと思えば、

英語を使ってしっかりと断るべきである。

 

 

ホテル側からの請求かスタッフからの請求かは、

請求書などを求めればすぐにわかるだろう。

 

 

そもそもベトナムでは、夜の22時以降未婚の男女が

ホテルに一緒に入るのを禁止する法律があるので

気を付けておきたいところである。

 

ジョイナーフィーは、ホーチミンの繁華街近くのホテルでも

発生する場合があるので覚えておきたいところである。

 

 

 

まとめ。ジョイナーフィーについて

 

ジョイナーフィーはゴーゴーバーなどで

女の子を持ち帰れるというところから

発生しているように思う。

 

タイが発祥であるが、

それは東南アジアで広がりつつある

覚えておきたいシステムである。

 

 

ジョイナーフィーを毎回支払っている和男。

自分と同じく元ネガティブを自称する(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ