瀬戸内海の島に移住、仕事は?住み込みの仕事、隠岐の島で住み込みのバイト…四国の離島で住み込みの仕事をするなら


 

瀬戸内海の島に移住して仕事をしたい・・・

 

そう考えるなら、不安定な現地の仕事よりも

今からオンライン収入を構築しておこう。

 

 

瀬戸内海の島の就職状況、

移住しても入り続ける安定収入を得る方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

日本における3大湾の瀬戸内海(大阪湾)、

東京湾、伊勢湾の中で

瀬戸内海は日本の最大内海だ。

 

ここにある島に何かしら興味を

持っている人は年々増えている。

 

 

島に移住して仕事、

住み込みのバイトなどは

あるのだろうか。

 

住み込みの仕事をするなら

どの島がいいのだろうか。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

瀬戸内海の島に移住、島移住の仕事は?島で働く…島暮らしと仕事

 

瀬戸内海は本州、四国、九州に囲まれている

7,230kmにも及ぶ長い海外線を持っている。

 

また、日本国内の島の大きさで

一番大きい島は淡路島、

次に小豆島、屋代島と続く。

 

 

全国の島と島に興味がある人を

いいカタチでつなぐことがコンセプトの、

しまステーションというサイトも存在する。

 

 

財団法人日本離島センターの

日本の島ガイドシマダスによると、

瀬戸内海は海域に外周0.1km以上の島が727ある。

 

また、環境省によると

瀬戸内海面積は23,203㎢、

平均水深は38mだ。

 

 

瀬戸内海には、日本最大の島である淡路島も存在する。

 

 

瀬戸内海の島出身の有名人といえば、

岡山の北木島出身のお笑い芸人千鳥の大悟だ。

 

彼の漫才にもたびたび

島に関しての話題が出ているが、

島独自の文化がそれぞれ色濃い。

 

 

また、大悟の同級生が

5人だというように、

元々住んでいる人が少ない。

 

移住するとなると島の人全員と

交流するくらいの覚悟が必要だ。

 

 

島暮らしと聞くとワクワクするが、

実際に住むのとではわけが違う。

 

 

天候が荒れれば島から出られず、

スーパーやコンビニなど品薄になる。

 

医療機関も元々少なく、

重度となればドクターヘリなど

大掛かりになる。

 

 

仕事も農業や漁師など、

基本的に自給自足の仕事が多い。

 

 

今では多くの島で移住支援を行っている。

 

移住ツアーやお試し移住などを利用して、

実際に訪れるといいだろう。

 

 

 

隠岐の島、四国で住み込みの仕事!住み込み仕事の求人、住み込みバイト

 

隠岐の島は島根に所属し、

松江市の北部に位置する島だ。

 

北西には約158kmには竹島があり、

竹島は隠岐の島町に所属している。

 

 

隠岐の島は海域全体が大山隠岐国立公園に指定されており、

日本ジオパークとユネスコ世界ジオパークに認定されている。

 

 

ジオパークとは地球や大地の公園という意味。

 

動植物や生態系の自然、

人の生活や文化、産業、歴史など

丸ごと楽しむことができる場所のことだ。

 

 

隠岐の島の他に四国では

高知県の室戸が

ユネスコ世界ジオパークに認定されている。

 

 

隠岐の島や四国の住み込みの仕事やバイトは、

住む込み求人ナビの

「スミナビ」というサイトで求人がある。

 

隠岐の島に関しては町役場のサイトで、

ハローワークの求人がPDFで記載されていたり、

移住目的に求人を行っている。

 

 

 

住み込みのバイト、離島の求人は住み込みでも?バイトの住み込みと移住の仕事

 

離島に移住する人は年々増えている。

 

 

離島は非日常を満喫できることや、

時間に追われることなく

スローライフを楽しめること。

 

自然にふれることが

できることなどが

移住の人気理由だ。

 

 

基本的に島は観光業が

収入源となっているところが多く、

時には閉鎖的な人はいる。

 

だが、穏やかで優しく、

親切な人が多いだろう。

 

 

求人は住み込み求人ナビの

「スミナビ」で住み込みの仕事が

多く記載されている。

 

役場のサイトでも求人が記載されている。

 

 

移住の際には引っ越し代や

荷物の輸送費などを負担してくれる

移住支援を行っている島が多い。

 

島はどうしても

利便性に欠けるところがあり、

若い人が出てしまう傾向にある。

 

 

若い人を呼び込むために移住支援を行う島があり、

住み込みでも家具家電付きなどの

住居が用意されていることが多い。

 

 

 

島根や新島で住み込み、求人は?海で住み込みの仕事…離島で住み込みで働くには

 

島根は出雲大社をはじめ、

日本夕日百選に選ばれている宍道湖の夕日、

玉造温泉や隠岐の島が人気。

 

 

隠岐の島ではリゾートバイトでも人気だ。

 

 

東京に所属する新島は、

毎年サーフィン目的で海に訪れる

観光客が多い観光地だ。

 

 

離島はリゾート地ならではの

住み込みバイトがある。

 

期間限定など区切りがあることが多い。

 

だが、ホテルやマリンスポーツ関係の接客など、

リゾートバイトとなると、寮の費用や食費、

光熱費が無料というところがある。

 

 

海などのリゾートバイトは「リゾバ.com」や

「アルファリゾート」など、

派遣会社に登録して仕事を見つける手立てのひとつだ。

 

 

紹介してもらうことができる求人の中には、

個人では検索できない派遣会社独自の

非公開求人というものが存在する。

 

登録費用がかからない場合が

ほとんどなので登録しておくことに損はない。

 

 

 

仕事探し、関西や地方に移住しても求人はある?住み込みの仕事(バイト)

 

大阪や兵庫、京都などの

関西の中心地となると

住み込みバイトというものは少数。

 

だが、正社員として

寮が用意されている

という企業は実は多い。

 

 

大阪では和歌山方面の南部や、

兵庫県では神戸市内でも、

田舎のようなところが多々ある。

 

中心地を離れると

公共交通機関の便も少なくなるので

寮が用意されている。

 

 

関西や地方でも職種としては

介護系のホームヘルパーや工場勤務、

農業や酪農などの農業系の求人が多数を占める。

 

 

また、温泉地などでは

住み込みバイトで中居や

中居以外のスタッフも求人が多い。

 

 

兵庫の有馬温泉は友人が

住み込みでバイトをしていたが、今では

定住して有馬温泉の観光協会に所属している。

 

 

仕事探しの際は地域というより

海があるからリゾートのバイト。

 

温泉地があるから旅館スタッフなどといった、

地域柄と職種に目を向けると

仕事が見つかりやすいかもしれない。

 

 

 

まとめ。瀬戸内海の島に移住すること

 

島に移住するには自治体が行っている

移住支援を活用して、実際に

足を運んでみることをおすすめする。

 

 

また島によっては独自の文化があり、

住んでいる人との交流が不可欠だ。

 

離島と文字で書くと離れるという

良い意味の漢字ではないが、実際に

島の中の人のつながりは決して離れてはいない。

 

むしろ温かく家族のように

迎え入れてくれる人が多いだろう。

 

 

日本の離島といえば、

沖縄の石垣島などの有名な観光リゾート地

というイメージを持つ人が多い。

 

 

だが、国内に島は総務省統計局の

平成23年日本統計年鑑によると

実に有人無人は関係なく6,852ある。

 

制度や移住支援を利用して

色んな場所が活性化していくことを願う。

 

 

瀬戸内海をこよなく愛する森下。

自分と同じく、元かなりの神経質(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ