APECO(フィリピン)の評判!フィンランドの永住権申請、ハロハロホームの評判を海外移住者が紹介


 

APECO特別永住権プログラム(フィリピン)の評判は良いのだが、

大事なことを押さえておかないと無駄な時間を失うことになる。

 

 

現地在住者によるAPECOのより詳しい情報、

フィリピンに住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

APECOのサービスを使って、

フィリピンの永住権を取得しようと

考えている人もいるだろう。

 

実際の評判や、費用など。

様々なことを説明していきたい。

 

 

 

APECO、ハロハロホームなどでフィリピンの永住権申請…評判は?

 

フィリピンの永住権申請は、

自分で調べてやってもよい。

 

だが、手続きを調べるのが面倒だったり、

申請書類の書き方が分からなかったり、

意外と困ることも多い。

 

 

そこで、決まったプログラムに参加すると、

永住権が取得できるという

サービスを利用する方法がある。

 

 

代表的な永住権取得プログラムには、

APECO特別永住権プログラムがある。

 

APECO特別永住権プログラムを受けると同時に、

ハロハロホームでは、フィリピンの不動産を

探してもらうこともできる。

 

 

APECO特別永住権プログラムの評判だが、

結論から言うと、かなり良い。

 

APECOは、フィリピン政府直下の機関が

管轄する組織で、公的にも安心できる組織だ。

 

 

APECO特別永住権プログラムでは、

4泊5日の短期間で永住権が取得できる。

 

英語が得意ではなくても、

サポートがあるので問題ない。

 

 

また、他のメリットとしては、

年齢制限がなく、フィリピンで

就労・就学が可能になる。

 

 

費用は、プログラム参加料2万米ドルと、

新規登録手数料が150万円だ。

 

維持費用は、年会費で

7,500円とかなり安い。

 

 

更新は5年に1度なので、一度取得すれば、

しばらくは手続きに手間がかからない。

 

 

必要な書類は、パスポートだけ。

 

日本の役所で面倒な

書類を取り寄せる必要はなく、

海外旅行感覚で永住権が取得できる。

 

 

通常、永住権を申請する場合、

住居を用意することが求められる。

 

しかし、

APECO特別永住権プログラムでは、

住居は不要だ。

 

 

慣れない海外で、

物件を探し回らなくても良いのは、

かなり負担が減る。

 

 

APECO特別永住権プログラムは英語が苦手な人や、

海外での手続きの手間を省きたい人には、

かなりおすすめのプログラムだ。

 

 

 

フィンランドの永住権申請の場合は?

 

フィンランドの永住権申請の

手続きについて説明する。

 

 

外国人も、フィンランドに

4年住んだことが条件で、

永住権が申請できる。

 

 

フィンランドは福祉が

充実していることで有名。

 

教育費もほぼ無料なので、

永住権が取れればかなり

メリットがある国の1つだ。

 

 

フィンランドの永住権で

注意しなくてはいけないのが

 

「たとえ永住権があっても、フィンランドから

仕事や学業で2年以上離れると居住許可を失う」

 

という規定だ。

 

 

例えば、フィンランドで永住権を取得した後、

子どもの教育や仕事の都合などで

2年以上日本に戻ったとする。

 

その後、再びフィンランドに戻った際、

居住許可が無くなっているので、

再度、居住許可の申請を行わなくてはならない。

 

 

フィンランドの居住許可の申請は

かなり手続きが複雑なので、

できれば避けたい。

 

 

フィンランドの永住権を取得した後、やむを得ず、

フィンランドを離れることになったら、2年経たない

タイミングでフィンランドに戻ることをおすすめしたい。

 

 

 

まとめ。APECOのフィリピンでの評判について

 

・APECO特別永住権プログラムでは、

4泊5日の短期間で永住権取得が可能

 

 

・APECO特別永住権プログラムは、

年齢制限がなく、英語が苦手でも取得できる

 

 

・費用は最初が2万米ドル+150万円、

年会費が7,500円

 

 

・住居を用意する必要がなく、

パスポートだけ用意すればよいので手間が省ける

 

 

・フィンランドの永住権申請は4年住めば可能

 

 

・永住権を取得しても、

2年以上フィンランドを離れると、

居住許可が取り消される

 

 

どの国でも、永住権取得の手続きは

かなり手間がかかるので、自分でやるのではなく、

代行サービスを利用するのも1つの方法だ。

 

 

フィリピンで永住権を検討している村田。

自分と同じく、日本人よりも外人の友達の方が多い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ