豊かさとつながりの要約!現代文の200字要約とあらすじ、問題と本文…知恵袋や解説、感想文。「豊かさとは何か」の要約も紹介


 

現代文の教科書の中に「豊かさとつながり」

という小論文があるが・・・

 

この豊かさとつながりの要約がズバリ載っている

サイトが少ない。

 

 

そこで、今回はこの記事で簡潔に紹介。

 

 

さらに詳しい情報を知りたければ、

以下より無料登録の上、ご連絡を。

 

将来にわたって安定収入を得る秘訣も

同時にお伝えできる。

 

メールアドレス >

 

 

この小論文で、作者が何を言っているのか

いまいちよく分からないという人も多い。

 

今回は、豊かさのつながりの

要約やあらすじなどをまとめた。

 

 

 

豊かさとつながり要約!現代文のあらすじと200字要約

 

現代文の教科書の中に記載されている

阿部健一の「豊かさとつながり」

という小論文は少し難しい。

 

 

「豊かさとつながり」という小論文を

あらすじのポイントだけみて

簡単に紹介する。

 

「豊かさとつながり」には

人や社会はどうすれば豊かになるのか、

そして本当の豊かさとは何かについて書かれている。

 

 

「豊かさとつながり」

について200字で要約すると、

 

 

貧しい人は

いくら努力しても

豊かにはならない。

 

それは知識と

余裕がないからだ。

 

 

例えば熱帯雨林地方に住む貧しい人たちは、

その日の食を得るために

どんどん木を伐採し、開けた土地に畑を作る。

 

しかし彼らは土地を整備したり、

使った分だけ木を新しく

植え直すという事はしない。

 

 

その土地はだんだんやせ細り

いずれ何も育たなくなる。

 

貧しい人は知識も余裕もないから、

何をしても自転車操業になってしまい

貧しいままである。

 

 

昔話に出てくる

いじわるじいさんの話を

書いているみたいだ。

 

なんだか人間の業を

感じてしまう。

 

 

 

豊かさとつながり、本文と問題を紹介

 

「豊かさとつながり」の

本文と問題を紹介しよう。

 

 

「豊かさとつながり」の本文は要約すると

「どういうものが豊かさなのか」

「どうすれば豊かになれるのか」という事が書いてある。

 

焼畑問題を例にあげてみよう。

 

 

簡単な豊かさを求めるなら、

どんどん森林を伐採して

畑を作ればいい。

 

作物が育ち、

人々は食べ物やお金を

得ることができて豊かになる。

 

 

しかしその方法には問題もある。

 

 

それは、その豊かさが

一時的にしか続かないという事だ。

 

思いのままに森林を伐採し、

適当に畑を作り手入れもせず作物を育てれば、

その土地はいずれダメになる。

 

 

森林がなくなった事で動物がいなくなり

生態系も崩れ、多くの植物が一度に姿を

消したことによって気候も変わってしまう。

 

 

「豊かさとつながり」の特徴は、

深く考えず一時的な豊かさを求めるといずれ破綻する、

という注意点をあげている事である。

 

 

昔はとにかくがむしゃらにやれば

豊かになれるというのが一般論だった。

 

 

現在はその豊かさが持続するのか。

 

その豊かさを得る事で何かを破壊していないかを

立ち止まって考えてみよう、

と注意喚起しているのが特徴なのだ。

 

 

 

豊かさとつながり(現代文)の解説…この点や知恵袋など

 

現代文の「豊かさとつながり」の内容が

どうしても分からなくて、

解説してほしくて知恵袋で聞く人もいる。

 

確かに知恵袋には

色々役立つ情報がかかれている。

 

 

しかし「豊かさとつながり」という

この点に関しては、知恵袋情報は0だ。

 

 

「豊かさとつながり」に関しては

適当な質問が1個と

投げやりな回答が1個あるだけである。

 

それは「豊かさとつながり」が

高校生の国語の教科書に記載されているものという事もあり、

多くの人は気軽に読む事ができないからだ。

 

 

知恵袋には無料で有益な情報を

つらつら書いてくれている人も多い。

 

だが、「豊かさとつながり」は

限られた人(現役高校生)しか読む機会がないので、

この点に関しては知恵袋は役に立たない。

 

 

中身を読まずに

適当に書く人も多いので、

先生や友人に聞く方がマシだ。

 

 

 

豊かさとは何か、豊かさについて、心の豊かさ(小論文)の要約

 

「豊かさとつながり」は

「豊かさとは何か」を考える

きっかけになる良い小論文だ。

 

 

豊かさとつながりという小論文を要約する時は、

豊かさとは何か、

どういうものが豊かさと言えるのかなど。

 

豊かさについて言える事などを

まとめていけばいい。

 

 

日本は戦争がない。

 

 

そして多くの人が

綺麗な水を飲むことができて、

安全な場所に住む事ができる。

 

清潔な衣類を身に着け、

時には適切な医療を

受けることもできる。

 

 

だから日本は

「豊かな国」と言える。

 

 

しかし日本には自殺者が多く、

年間3万人もの人が

自ら命を絶っている。

 

この点を考えると、

日本は本当に

豊かな国だとは言えない。

 

 

だからこの「豊かさとつながり」を読んで、

自分の生活の事だけでなく

日本の何が問題なのか。

 

どうすれば日本は

もっと豊かになるのかを

ぜひ考えてほしい。

 

 

 

豊かさとつながりの感想…感想文はどんなもの?

 

「豊かさとつながり」を読んで

感想を求められる事もある。

 

 

小説ではなく小論文の感想なので

どう書けばいいか分からないと思う人もいるが、

感想文というのは案外簡単だ。

 

 

一般的に感想というのは

自分の気持ちを書けばいいのだから

基本何を書いてもいい。

 

が、傾向や例をあげるポイントは

「自分の生活と絡めてみる」というものだ。

 

 

「豊かさとつながり」は視点が

ややグローバルなので少し遠い感じがするが、

その主語を自分に置き換えてみよう。

 

 

例えば

「自分は今豊かに生活を送っているか」

「自分は今心は満たされているか」

 

 

満たされていないなら、

なぜ満たされていないのか、

その理由を考えてそれを書けばいい。

 

 

自分も学生の頃

小論文の感想を書いた事があるが、

当時の自分もやはりかなり悩んだ。

 

しかし自分の生活や気持ちと絡めると

意外とスラスラと書けたので、

この方法はおすすめだ。

 

 

 

まとめ。豊かさとつながりの要約(ズバリ要約)

 

「豊かさとつながり」は本当の豊かさを考えたり、

今の自分の生活、また日本という

国の在り方について考えたりできる優良な小論文だ。

 

ぜひこの小論文を通して、

色々な事を考えてみてほしい。

 

 

豊かさとつながりに感銘したという、珍しい柚木。

自分と同じく、元ネガティブ思考だったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. えねいぶる より:

    「豊かさとつながり」は初めて知りました。
    現代文の教科書に出ているんですね。
    検索してみたら、みなさん要約に苦労しているようです。
    なかなか難しそうな小論文。機会があったら読んでみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ