フィリピン人の家政婦、住み込みなら?お手伝いさん、住み込みの家政婦(福岡)、メイドの日本の料金(値段)は


 

フィリピン人の家政婦、特に住み込みなら

かなり慎重に選ぶようにしよう

 

自分がいる現地では、貴重品を盗まれて

トンズラされたなんて話は日常茶飯事。

 

 

フィリピン人家政婦の本当の選び方、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

日本人にはあまり馴染みがない家政婦。

 

だが、フィリピンではフィリピン人の

メイド制度が普及しており、ごく普通の

一般家庭で家政婦が住み込みで働いている。

 

 

フィリピン人はフレンドリーなので、

家政婦として住み込みで来てもらえたら

家族同然の付き合いができるのですごく魅力的。

 

もちろん日本においても

フィリピン人の家政婦に

住み込みで来てもらうことは可能。

 

 

しかし、フィリピン人の家政婦を選ぶ時には

注意しないといけないことが多い。

 

適当に選んでしまうと、

家の中の私物や貴重品などを

盗まれてしまう場合もある。

 

 

そこで今回は、フィリピン人の

家政婦を選ぶ時のポイントや注意点。

 

住み込みで来てもらうためには

どうすればいいのか具体的に紹介していく。

 

 

 

フィリピン人の家政婦(お手伝いさん)を住み込みで!家政婦(メイド)のフィリピン人ってどう?

 

家政婦という言葉を聞いて、

あなたはどんなことを想像するだろうか。

 

おそらく大半の人は、

裕福な家庭のお世話係さんを

想像するのではないだろうか。

 

 

日本で家政婦というと、

お金持ちの家庭で働く

メイドというイメージがある。

 

ごく普通の家庭で、

家政婦に住み込みで来てもらうのは

あまり多くはないだろう。

 

 

しかし、フィリピンでは

フィリピン人のメイド制度が普及している。

 

家政婦という仕事はとても

重要な職業の一つとされている。

 

 

フィリピン人のお手伝いさんはとても真面目で、

一つ一つの仕事をとても丁寧にこなしてくれる。

 

そのため、掃除やお世話などの

作業におけるクオリティが非常に高い。

 

 

フィリピン人の家政婦は、

英語が話せるので海外でも人気が高い。

 

政治家や有名人の中には

フィリピン人の家政婦を

雇っている人も多い。

 

 

また、日本語が堪能な

フィリピン人のお手伝いさんもいる。

 

日本の芸能人の中には、

メイドとして住み込みで

来てもらっている人もいる。

 

 

 

住み込みのフィリピン人の家政婦(メイド)を日本で…福岡なら?

 

住み込みのフィリピン人の家政婦を日本で探す場合、

家事代行サービス業者を通してメイドを探すことになる。

 

 

フィリピン人が在籍する日本の主な家事代行業者は

 

・アールメイド

 

・ピナイ家政婦サービス

 

・クラシニティ

 

・ニチイ サニーメイドサービス

 

・ベアーズ

 

 

家事代行業者によっては

利用できるエリアが決まっている。

 

自分の家がサービスの

担当エリア内にあるかどうかを確認しよう。

 

 

 

自分が特におすすめしたい業者は、

アールメイドとベアーズの二つ。

 

 

アールメイドではサービスの質に特に力を入れていて、

しっかりトレーニングされた家政婦のみが登録されている。

 

フィリピン人の家政婦と

家族同然の付き合いが可能となる。

 

 

ベアーズの特徴は、

日本人とフィリピン人の

2人1組でサービスを行っていること。

 

安心して家事を任せられるので助かる。

 

 

また、東京や埼玉、福岡など

日本各地で利用できるのもうれしい点。

 

 

 

フィリピン人の家政婦の料金は?メイドの料金、住み込みの値段…フィリピン家政婦料金

 

フィリピン人の家政婦の料金は地域によって異なるが、

1時間あたり2,000~4,000円くらいが相場となっている。

 

住み込みの場合は、1日あたり

1万8,000円くらいが相場。

 

 

また、家事代行業者によっても

料金やサービス内容、システムなどが

異なってくるので注意しよう。

 

 

インターネットで「フィリピン人 家政婦 住み込み」

などと検索すれば詳しく出てくるので、

お気に入りのメイドを探してみよう。

 

 

先ほど紹介した家事代行業者の

アールメイドやピナイ家政婦サービスでは、

身元がしっかりしたフィリピン人が在籍している。

 

詳しいサービス内容や

料金などについて一度調べてみよう。

 

 

フィリピン人の家政婦に家事や身の回りの

お世話をしてもらう場合、彼女たちが

外国人だということを忘れないようにすること。

 

特に住み込みの場合は、

何かしらのトラブルが

起きてしまうこともある。

 

 

日本とフィリピンの文化の違いや生活習慣、

それぞれの異なる価値観など、

ある程度の摩擦は生じるだろう。

 

そんな時は少し大きな心で彼女たちを受け入れて、

お互いが心地よく生活できるように工夫をしてみよう。

 

 

もちろん、あまりにもひどい態度や

トラブルを起こした場合は別だが。

 

 

お互いがコミュニケーションを取りながら、

程よい距離感でお付き合いしていくのが

理想的と言える。

 

 

 

フィリピン人の家政婦、ビザは?

 

フィリピン人の家政婦を雇う場合、

必ず相手のビザを確認する必要がある。

 

その際に、ビザだけではなく、

身分証も併せて確認することが大事になる。

 

 

これまでの不法就労に関する法律が改正されて、

ビザや就労の条件が以前よりも

厳しいというのが現状だ。

 

 

仮に自分がフィリピン人の家政婦を雇ったとして、

相手がビザを所持していなかった場合、

雇用主にも罰則が下される。

 

 

フィリピン人の家政婦が日本で働く場合、

就労可能なビザは基本的には

永住権ビザが適用される。

 

 

ここまで、フィリピン人の家政婦を雇う場合の注意点、

ビザに関する話をしてきたが、

それはあくまでも自分が雇った場合。

 

 

日本国内でフィリピン人の家政婦を雇う場合は

家事代行業者を通すことになるので、

そこまで深く考える必要はない。

 

信頼できる家事代行業者を利用すれば、

ビザのことや身分証について任せられる。

 

 

このことに関しても、先ほど紹介した

家事代行業者を利用すれば、

安心して家事を任せられるだろう。

 

 

 

まとめ。フィリピン人の家政婦について

 

フィリピン人の家政婦について

様々な角度から紹介してきた。

 

いかがだっただろうか。

 

 

日本で家政婦というと、お金持ちの家の

メイドを想像する人が多いと思うが、

フィリピンではごく普通の家庭が家政婦を雇っている。

 

フィリピンでは家政婦という仕事が

重要な役割を担っており、

ポピュラーな職業として定着している。

 

 

丁寧な仕事をすることで

海外からの反応も高い

フィリピン人の家政婦。

 

あなたもお気に入りの

家政婦(メイド)を

探してみてはいかがだろうか。

 

 

マンダウエにいるフィリピン人家政婦のオードリー。

自分と同じく太った猫が大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ