消滅集落とは?固定資産税は…奥会津、神奈川、埼玉、広島、千葉、四国、北海道など一覧を紹介。移住して住むなら?


 

消滅集落とは、文字通り住人がいない集落

北陸地方や四国地方に多い。

 

 

消滅集落のより詳しい情報、

どこに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

消滅集落といえば、奥会津の名前がよく上がる。

 

 

新型コロナウイルスの流行から一転し、

地方への移住が人気を呼んでいる。

 

やはり注目されるようになった消滅集落について、

この記事で紹介しよう。

 

 

 

消滅集落とは?固定資産税はどうなる?

 

今までは若者はこぞって上京。

 

東京に住むことを目標に

仕事を探しにくるほどだった。

 

 

東京近辺といえば、ほぼほぼ

ベッドタウン化してしまう。

 

住んでいるのは

埼玉や千葉だが、仕事は東京。

 

 

金銭的な問題を気にせず

住むとするのであれば、

東京という声も多い。

 

 

そのため、地方都市は

過疎化が進む一方となっていた。

 

 

しかしながら、

新型コロナウイルスの影響もあり、

密を避けるべく地方が注目されている。

 

年齢的にも移住を考える

という人も少なくはないのだ。

 

 

そもそも消滅集落とは、

住民の転居や死亡などで、

住民が0人になった集落のことをいう。

 

 

消滅集落になる原因は

 

 

・基幹作物の収益性の低下

 

・耕作環境の悪化

 

・教育上の不安

 

 

などが多い。

 

ダム建設や自然災害でも

消滅することがある。

 

 

消滅集落については、

国土交通省が調査している。

 

 

消滅集落は2018年時点で、

2016年の調査が一番新しい。

 

驚くことに、2010年~2015年間で

190集落が消滅している。

 

 

また、限界集落の数は1万4375と発表した。

 

 

消滅集落のその後は、

無人になった家が放置されている。

 

壁が崩れ落ち、廃墟のなかは大変危険だ。

 

 

固定資産税を払っていると言うのに、

その後の再建は非常に厳しい。

 

「土地がある」のは本来資産なのだが、

その土地は本当に資産に

なるのだろうか考えものだ。

 

 

 

消滅集落に住む!奥会津・神奈川・埼玉・広島・千葉・四国・北海道など一覧…移住するなら

 

消滅集落に住むといっても、

北海道であれば道内には3,632集落がある。

 

そのうち1,037の集落は、

65歳以上の割合が50%を超えている。

 

 

限界集落である。

 

 

消滅集落に住むことを考え、

青森を視野に入れても過疎化は著しい。

 

消滅集落の一覧を奄美を見ると、

ここには住民1人の集落もあるのだ。

 

 

消滅集落は関東にも多く存在する。

 

 

消滅集落目前とされていた、新潟十日町市にある

池谷・入山集落へ移住した人もいる。

 

十日町市地域おこし実行委員会を結成している。

 

 

最初は震災での被害から

復旧する目的があったが、

地域おこし活動へと進化を遂げた。

 

広島県には中心部から

それほど離れていない地域にも

消滅集落がある。

 

 

また、集落集落目前の

広島市内の集落もあると言うから驚く。

 

広島県には多くの消滅集落が存在している。

 

 

消滅集落になる手前、限界集落は

岡山県にも約1,400箇所あるという。

 

 

消滅集落の存在する、

奥会津・神奈川・埼玉・千葉・四国に移住するのであれば、

自分の生活とのバランスを考えるとよい。

 

収入はさすがに0で田舎生活を

楽しめるというほど甘くはない。

 

 

しかし、田舎では田舎への移住の補助なども存在する。

 

 

 

まとめ。消滅集落の奥会津について

 

都会の騒動から離れてのびのびとした田舎暮らし。

 

言葉にすると非常に素敵な生活に聞こえる。

 

 

しかし、その実態は非常に困難を極める。

 

そういった生活を好んで望めば良いが、

不便さは計り知れない。

 

 

また、そこに住んで離れられない住人も多い。

 

そのため、高齢化と共に、

過疎化は進む一方である。

 

 

町おこしができればいいが、そう甘くはない。

 

それでも移住を考えるのであれば、

事前に詳しく調べてほしい。

 

 

田舎暮らしはもちろん素敵だ。

 

のびのびとした毎日が

送られることは間違いないが。

 

 

日々騒がしい中で過ごしていると、

静かな空間が羨ましくなる。

 

 

そのため、人の少ない地域への

移住を考える人も多い。

 

不便さはどうしようもないもので、

どこまで自分が我慢できるかも

考えた方がいい。

 

 

少なくとも今住んでいる場所より

田舎にいくことは間違いない。

 

田舎暮らしをしているといっても、

限界集落となるとまた別だ。

 

 

だが、町おこしを考えているのであれば、

住人にも喜ばれるだろう。

 

若手が増え、

賑やかな町になっていくことを

願う高齢者も多い。

 

 

自分のやりたいことを

明確にしてからの移住をおすすめする。

 

 

消滅集落に住むと決めている広口。

自分と同じく、霊感ゼロなのに生まれ変わりを信じる男(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ