ドイツ語の下ネタ!フレーズや翻訳を移住者が紹介


 

ドイツ語で下ネタになってしまう日本語・・・

有名なのは「もしもし」。

 

ドイツ人の相手がこれを知らなかったら、

先に教えてあげよう(笑)。

 

 

ドイツ語の下ネタの学び方、

ドイツに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

ドイツ語の下ネタは、

どういうものがあるだろうか。

 

 

日本語からドイツ語に翻訳する言葉の中で、

面白い意味になる下ネタフレーズや、

ドイツ語の中でも気を付けないといけない場面など。

 

真面目なドイツ人に受ける内容や、

ドイツ語が他国での下ネタになっている

事例などを含めて紹介しよう。

 

 

自分も海外生活が長いため、文化や言語の違いが

ジョークとしては使いやすいと感じているが、

ドイツ語でも同じ。

 

その点も踏まえてドイツ移住者の

ブログを参考に取り上げていきたい。

 

 

 

ドイツ語の下ネタ!使える場面は?

 

ドイツに移住や旅行に行った際、

ドイツ人とコミュニケーションをとるのに

下ネタが使えると、より早く仲良くなれる。

 

もちろん、過度に下品なものや、

下ネタを発言すると

気まずい空気が流れる場所もある。

 

 

日本でもよくある若者言葉といわれる

「スラング」なども、

下ネタになるものも。

 

 

ドイツ語の下ネタで有名なのは、

日本語の「もしもし」だ。

 

ドイツ人にはこれは

「Muschi Muschi」と聞こえるらしい。

 

 

「ムシ」の意味は女性器のことなので、

日本人には注意点として

覚えておいたほうが良い。

 

 

「もしもし」は電話で良く使うため、

あらゆる場所で使用してしまう。

 

ただし、日本語を良く知るドイツ人には、

あまりにも有名な下ネタなので、使える場面としては

ドイツ人がいる場所なら、非常に笑いを誘うことができる。

 

 

また、日本の駅名で兵庫県高砂市にある

「宝殿(ほうでん)」も注意が必要だ。

 

日本語での発音が、ドイツ人には

睾丸の意味の単語に聞こえるそうだ。

 

 

ドイツ語は世界的にも

第2言語として習う国が多数あり、日本でも

大学でドイツ語を選択する生徒も多くいる。

 

 

日本語とドイツ語の翻訳でも、

このように笑える下ネタがある。

 

使いやすいシーンとしては、

言葉を習得する場所だろう。

 

 

語学のネイティブな先生や一緒に習っている友達に

言語系の下ネタを使いながら、どういう

タイミングと場で使うのか、ぜひ練習して欲しい。

 

 

 

ドイツ語の下ネタ、フレーズと翻訳を紹介

 

ドイツ語は、日本だけでなく

フランスやイタリア等の近隣国でも

習っている学生達がいる。

 

 

ドイツ語は、近隣のヨーロッパ系の言語とは

由来が異なるため、別途習得する必要がある。

 

 

代表的な例としては、フランスでも

ドイツ語の勉強をする授業がある。

 

 

最初の方に授業で習う「danke(ありがとう)」

「bitte(どういたしまして)」が、フランス人の発音では、

「danke」は「dans cul(ケツの中)」となる。

 

「bitte」は「bite(男性性器の意味)」となってしまい、

授業では下ネタフレーズで溢れてしまうようだ。

 

 

この内容だと、日本のお菓子でもこの

「プチビット」という名前のものがあるが、フランス語の

翻訳ではとんでもない下ネタのフレーズになってしまう。

 

 

他にも、日本では若者言葉として

「ヤバイ」などがある「スラング」という俗語として、

ドイツ語では「geil(エロイ)」という言葉を使う。

 

日本での「ヤバイ」と

同じような使い方をするようで、

すごい褒め言葉として使用する。

 

 

ドイツ語を習う場合は、

「スラング」についても

少し勉強した方が良いだろう。

 

そうでないと、本来の意味として受け取ると、

恥ずかしい言葉も入っているので、

1人で冷や汗をかくことにもなるからだ。

 

 

 

まとめ。ドイツ語の下ネタについて

 

ドイツ語は、医学用語としても

世界的に使用されているものもあり、より多くの国で

自国語以外の言葉として習得される有名な言語だ。

 

 

その言葉の意味の中で、

他国の言葉に翻訳するだけで

下ネタのフレーズになるものも多い。

 

そういう下ネタであれば、女性や

真面目な場所でも抵抗感が少なく受け入れ安いし、お互いの

言語に興味をもって、学ぶきっかけにもなるかもしれない。

 

 

下ネタの使い方を間違えると品が無くなり、

気まずい空気が流れるが、下ネタを上手く活用することで、

相手との距離を一度に縮めることができるだろう。

 

 

言語翻訳の下ネタは初心者でも使いやすく、

失敗が少なくて済むし、相手国の言語が

文化の違いを勉強できるので、ぜひお勧めしたい。

 

 

ドイツ語の下ネタに詳しいてっちゃん。

自分と同じく、元人見知りの変わり者(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ