スウェーデンで仕事!北欧の日本人の仕事は?スウェーデンで働く…就職と移住についてブログで。ワーホリの仕事や50代の求人


 

結論から言えば、スウェーデンには

日本企業が少ないので、仕事を見つけるのが困難。

 

ただ、信頼できるエージェントを味方にすれば

可能性はある。

 

 

スウェーデンのより詳しい就職事情、

現地に住んでもオンラインで収入を得る

具体的な秘訣を知りたい・・・

 

そんなあなたは、以下の無料ニュースレターに登録を。

ご相談もお待ちしている。

 

秘訣を知りたい方は

フォームより
今すぐご登録を!

 

 

さすがに、スウェーデンでの就職情報は

多くはない。

 

 

そこで今回は、スウェーデンで

仕事をするための方法を紹介。

 

スウェーデンで仕事を探す時のコツや、

移住についてもブログで紹介しよう。

 

 

 

北欧スウェーデン、日本人の仕事は?

 

北欧のスウェーデンといえば、

幸福度が非常に高い国として

知られている。

 

 

自然豊かで暮らしやすい、

魅力あふれる国のスウェーデン。

 

日本人の移住先としても人気が高く、

多くの日本人が暮らしている。

 

 

では、スウェーデンには

日本人が就職しやすい仕事は

存在するのだろうか。

 

現状、日本人がスウェーデンで

仕事を見つけるのは

そう簡単なことではない。

 

 

その主な理由としては、

スウェーデンに進出している

日本企業の数が少ないから。

 

また、日本企業で働く人の多くが

スウェーデン人なので、

日本人の現地採用は難しい。

 

 

多くの企業においては

スウェーデン語が必須。

 

採用の条件として、

「スウェーデン語で話せること」

が前提となっている。

 

 

日本人がスウェーデンで有利に就職活動を行いたい場合、

スウェーデン語の語学学習をしっかり行うことが大事になる。

 

 

スウェーデンの企業の中には、

スウェーデン語を必須とはせず、

「英語が話せれば就職可能」という企業も存在する。

 

日本語を活かして働ける職場もあるので、

求人サイトなどで色々と探してみよう。

 

 

 

北欧スウェーデンで働く!就職・転職の求人…スウェーデン語の求人は?

 

スウェーデンには日本企業が

あまり進出していない。

 

それもあり、日本人が現地で

就職・転職することは

なかなか厳しい状況だ。

 

 

スウェーデンで働きたい場合は、

積極的に企業に応募するのが大事になる。

 

 

そもそもスウェーデンには

就職活動という習慣がない。

 

企業に直接履歴書を持っていき、

そのまま採用というケースもある。

 

 

現地の求人サイトやSNS、

日本人コミュニティの掲示板など。

 

ありとあらゆる手段を利用して、

有利に就職する方法を模索しよう。

 

 

スウェーデンでは個人のやる気さえあれば、

年齢に関係なく仕事に就くチャンスがある。

 

スウェーデンで働くチャンスは

50代の人でも十分にある。

 

 

日本で専門職に就いていて、

その経験を活かしてスウェーデンで働く場合、

50代の人でも働ける職場が必ず見つかるはず。

 

 

自分の専門分野を活かしてスウェーデンで働く50代の人は、

求人サイトなどの就職情報を活用する際、

自分の専門分野に絞って探すのが効率的。

 

 

スウェーデンで働く場合、スウェーデン語が

必須となる場合が多いのだが、50代の人が

スウェーデン語を一から勉強するのは効率が悪い。

 

英語が話せれば可能、

ネイティブな日本人を

求めている企業を探すようにしよう。

 

 

スウェーデン求人を載せたサイト名を

いくつか紹介するので、

参考にしてほしい。

 

 

・リクルートエージェント

・Spring転職エージェント

・Indeed(インディード)

 

 

海外に強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

スウェーデンに移住、ワーホリの仕事をブログでチェック

 

2019年8月、

日本とスウェーデンの間で

ワーホリの制度が結ばれた。

 

これにより、スウェーデンへの

ワーホリに参加することが可能になった。

 

 

ワーホリに参加する目的は人それぞれで異なるが、

仕事を目的としてスウェーデンを訪れるのは、

あまりおすすめしない。

 

おすすめできない理由は、

就職が難しいことと、

物価が高いこと。

 

 

スウェーデンで就職するためには、

専門職などの相応のスキルを持っている場合か、

スウェーデン語や英語が堪能でないと難しい。

 

 

またスウェーデンは物価が高いので、

資金をしっかりと貯めてから移住したい。

 

 

自分がおすすめしたいのは、

語学学習などを目的として、

楽しむつもりでスウェーデンを訪れてみること。

 

スウェーデンの文化や

良い所、悪い所なども

自分なりに学んでみよう。

 

 

スウェーデンへのワーホリで

就職しやすい仕事をいくつか紹介する。

 

 

・現地のレストランの店員

・農園のスタッフ

・インテリアショップの店員

 

 

スウェーデンの様子や仕事に関する情報、

移住やワーホリについて知りたい場合、スウェーデン移住者の

ブログがとても役立つので参考にしてみよう。

 

 

・スウェーデンとのワーキングホリデー解禁!おすすめ度は?(アンリさん)

 

・これからスウェーデンへ移住を考えている日本人女性へのメッセージ

(宮川絢子さん)

 

・2020年ワーホリビザでスウェーデンに来ることをオススメしない理由(yuiさん)

 

 

 

スウェーデンで働きたい!けどスウェーデン移住で後悔?

 

「スウェーデンに移住したい」

「スウェーデンで働きたい」

 

 

スウェーデンでの暮らしや仕事に憧れて、

移住をする日本人は数多くいる。

 

でも中には、移住して

後悔する人も

数多くいるのが事実。

 

 

夢や希望を膨らませて

スウェーデンに移住したけど

後悔している。

 

 

スウェーデン移住で後悔することとして、

物価や税金が高いことが挙げられる。

 

例えば、

消費税は25%と驚くほど高く、

日本とは比べ物にならない。

 

 

仕事で頑張って働いても、

その給料の約4分の1は

税金として持っていかれる。

 

仕事をモチベーションとして

頑張っている人にとって、

大きなデメリットと言える。

 

 

他にも仕事に関するデメリットしては、

退職金が支給されないことや、問題解決に

時間を要することなどが挙げられる。

 

仕事場で何か問題が起きた場合、

面倒なことは後回しにするので、問題解決するまで

時間が非常に長くかかってしまう。

 

 

退職金が支給されないのは、

スウェーデンが福祉国家ということもあり、

医療や福祉のサービスが充実しているから。

 

 

スウェーデンに移住する場合は、

デメリットをきちんと押さえておき、老後のことなど

人生設計をしっかりと立てて、後悔しないように移住したい。

 

 

 

まとめ。スウェーデンの仕事について

 

スウェーデンで仕事をする方法や

移住について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

スウェーデンで日本人が

就職することは難しいが、

可能性はゼロではない。

 

専門的な知識やスキルがあれば、

それを武器にして

自分を売り込むことができる。

 

 

物価や税金が高いなどのデメリットもあるが、

それ以上にメリットもあるのが事実。

 

スウェーデンに移住する前に、

しっかりと情報収集をしてから

訪れるようにしよう。

 

 

スウェーデンに住みたいと常々話す佐山。

自分と同じくせの強い天パに悩む男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ