ポーランド移住のデメリット!移住…永住権の条件とワルシャワでの永住権申請など移住手続き。海外旅行(一人旅)でポーランドに?


 

ポーランド移住のデメリットは、医療面での不安

 

健康に自信があれば問題はないが・・・

 

 

長期滞在者によるポーランド情報、

ポーランドに住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

海外移住するうえで

いろいろ気になることがあるが、

情報が少ない。

 

そこで今回は、デメリットも含めて

ポーランド移住について徹底解説する。

 

 

 

ポーランド移住のデメリット…移住に後悔?

 

ポーランドに移住して

感じるデメリットとしては

 

 

・医療制度が整っていない

 

・脂っぽい料理が多い

 

・魚や野菜の種類に満足できない

 

・家族の絆が強すぎる

 

 

といった点があげられている。

 

 

ポーランドと言っても、

やはり日本とは違う外国。

 

日本と同じような生活レベルと

期待していると裏切られ、

移住を後悔したり失敗したと感じてしまう。

 

 

自分は海外に行った際は

「日本とは違う国なのだ」と

強く意識するようにしている。

 

日本と比較せず、

海外の文化や生活そのものを

まるごと楽しむのが大事。

 

 

「こんな食事をするんだ」とか

「この国ではこんな風に生活するんだ」と思うと

ストレスを感じずに滞在が面白くなる。

 

 

日本に長くいると日本の生活が当然と思うだろうが、

日本のように全てが整っている国はまだまだ少数派なのだ。

 

 

 

ワルシャワなどポーランドの永住権の条件は?永住権申請など移住手続き

 

ポーランドの首都はワルシャワ。

 

治安も比較的良い場所だ。

 

 

永住権申請の条件は、

ポーランドの居住許可証を

取得して5年経つと申請できる。

 

ポーランド人との国際結婚の場合は、

結婚して3年経つと申請できる。

 

 

永住権を取得できると、

自由な就労をすることができる。

 

 

ポーランドの移住手続きは、

ビザ取得から始まる。

 

3ヵ月以上滞在する

場合にはビザが必要だ。

 

 

20代の人は、ワーキングホリデービザを使えば、

ほぼ無条件で1年間滞在することができる。

 

仕事もできるし、勉強もできる。

 

 

ぜひ、使ってもらいたいビザだ。

 

 

また、学生ビザや就労ビザも

他の国と同様に用意されているので、

目的に合わせて選ぶ。

 

ちなみにポーランドは、

ヨーロッパの中ではビザがとりやすい国だ。

 

 

 

ポーランドに海外旅行(一人旅)!ポーランドの魅力

 

ポーランドの海外旅行の魅力は、

中世ヨーロッパを感じる街並みだ。

 

まるでタイムスリップしたかのような

感覚を味わうことができる。

 

 

世界遺産も14もあり、

行く地域ごとに特色ある景色を

楽しむことができる。

 

 

日本人にも優しい国としても

知られており、一人旅でも安心。

 

 

教育レベルが高いので、

世界中から留学生が

学びに来ている国なのだ。

 

 

注意点は、

夏でも朝晩が冷え込むので、

上着を用意した方が良いことだ。

 

また、春と秋は、

日本よりも日中と朝晩の

気温の差が大きい。

 

 

油断せずに、セーターやコートといった

防寒着を忘れずに持っていくことだ。

 

ポーランドの首都ワルシャワには、

成田空港から直行便が運航されているので、

面倒な乗り継ぎなしでスムーズに旅行することができる。

 

 

 

ポーランドにワーホリ、仕事は?日系企業の求人、看護師も?仕事探しについて

 

ポーランドにワーホリで行く場合、

仕事探しは、日本でも

転職エージェントを使ってネットでできる。

 

例えば「キャリアクロス」というサイトでは、

求人はもちろん、英語の履歴書の書き方や

面接攻略法も知ることができる。

 

 

ポーランドに進出している

日系企業の求人もあるので、英語力に

自信がなくても応募することができる。

 

 

看護師の資格があれば、

ワーホリで活かすこともできる。

 

ワーホリの協定国の医療施設で

看護師のアシスタントとして

働くことができるからだ。

 

 

普通のワーホリの

レストランの店員に比べると

給料は良い。

 

日本に戻った時に、

海外で働いた経験を活かして、

他の看護師よりも有利に就職活動ができる。

 

 

看護師の人で、ワーホリを考えているなら、

資格を活かして働くことをおすすめする。

 

 

ポーランドに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

ポーランドで賃貸…ポーランド移住を子連れで?

 

ポーランドの賃貸物件は、

インターネットで直接大家さんと

やり取りして探す。

 

翻訳ソフトを使ったり、

英語でも交渉してくれる

大家さんを探して物件を探そう。

 

 

移住者に人気の首都ワルシャワは

家賃が高く、収入の

半分くらいかかるイメージだ。

 

 

ポーランドの家賃には、

光熱費も含まれている。

 

光熱費を節約することができれば、

家賃として支払った分から

返してもらえる。

 

 

ポーランド移住を子連れで

考えている人もいるだろう。

 

ポーランドは、

海外から留学生が多く来るほど、

教育レベルの高い国だ。

 

 

教育の心配は不要だ。

 

 

子供がいる人は、子供のつながりで

交友関係が自然に広がっていく。

 

子供がいない人に比べると

海外生活の孤独を感じなくて済む。

 

 

 

まとめ。ポーランド移住のデメリットについて

 

・ポーランド移住のデメリットは、

医療制度が整っていない、脂っぽい料理が多い、

魚や野菜の種類に満足できない、家族の絆が強すぎる

 

 

・ポーランドの永住権申請条件は、

居住許可証を取得して5年経つこと

 

 

・ポーランドの魅力は、

中世ヨーロッパを感じる街並み

 

 

・ポーランドにワーホリで行く場合、

仕事探しは、日本でも

転職エージェントを使ってできる

 

 

・ポーランドの賃貸物件は、

インターネットで直接大家さんと

やり取りして探す

 

 

ワルシャワにいるポーランド人の友人ピーター。

自分と同じく、金髪美女に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ