マレーシアで働く!50代の海外移住と仕事…求人は50代や40代にも?マレーシア移住と50歳、40代の仕事。マレーシアで看護師として働くには


 

マレーシアで働くなら、50代に限らず英語

 

 

ネイティブレベルになる必要はないが、せめて

自信が持てるレベルにしておいてほしい。

 

マレー語は難しい言語ではないのだが、

やはり慣れ親しんだ英語を学び直すほうが早い。

 

 

マレーシアの就職情報の詳細、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ここを覗いたということは、

50代でマレーシアで働くことを

考えているのだろう。

 

若い頃に勢いでビザを取り、

働きに出るのとはまた違う。

 

 

40代50代だからこその悩みや、

移住への夢があるのは当たり前だ。

 

 

40代といえばまだまだ働き盛りだが、

果たしてマレーシアで仕事が

あるのだろうか。

 

マレーシアでのリアルな

就職について、順を追って見ていく。

 

 

 

マレーシアで働く…マレーシア移住の50歳、50代の海外移住と仕事

 

マレーシアで働くとは

どういうことだろうか。

 

 

当然の話だが、日本から

毎日通勤するなどと

言うのは無謀だ。

 

まずマレーシア移住について

考えなければいけない。

 

 

その中でも今回、50歳、

そして50代での海外移住について

考えていきたい。

 

 

仕事はどうするべきなのだろう。

 

50歳と言えばまだ日本でも

年金の貰えない年齢だ。

 

 

まだまだ仕事に勤しまざるを得ない。

 

 

お金持ちで、移住後は

順風満帆な生活が約束されている。

 

そんな人は本当に一握りだろう。

 

 

50代で移住するのであれば、

仕事のことが気掛かりとなる。

 

日本の企業からの

出向のような形であれば別だ。

 

 

その場合なら、会社が

手配してくれる仕事に

従事することとなる。

 

 

職探しの必要がないのは、

日本での生活と同じく

ハードルが下がる。

 

 

 

マレーシアに移住、求人は50代や40代にも?海外移住と仕事…日本語のみで可能?

 

マレーシア移住でもっとも

気になるのは仕事についてだ。

 

働き盛りであればともかく、

シニアに近付くにつれ不安になる。

 

 

有り難いことに、

50代や40代にも

求人はある。

 

 

しかし、日本語のみで

可能かと考えると

非常に難しい。

 

 

マレーシアで

仕事を探すのであれば、

英語は必須と考えていい。

 

ましてや50代となると、それなりの

スキルを持ち合わせていることを

期待される。

 

 

知識や経験を生かしたノウハウから

即戦力を求められるのだ。

 

しかし、英語が使えなければ

企業への就職は極めて困難である。

 

 

もちろん、

日本語のみの仕事が

ないわけではない。

 

ただ随分と限られたものとなるため、

年齢に合うかどうかは半ば運任せだ。

 

 

「マイナビ転職グローバル」など、

マレーシア求人のある情報サイトも

駆使してほしい。

 

 

 

マレーシアのコールセンターは40代でも?ボンビーガールや高卒の男のブログ

 

マレーシアのコールセンターでは、

40代の求人があるというのは

本当だろうか。

 

 

日本でのビジネスマナーが

身に付いていれば、

それは期待されている。

 

40代や50代での就職も可能だ。

 

 

日本でいると転職は35歳まで、

などという言葉をよく聞く。

 

 

もちろん、このご時世、

新卒から退職まで同じ企業にいる

という人は随分減った。

 

転職など当たり前の

時代になってきたからこそ、

個人のスキルが問われる。

 

 

ビジネスマナーと英語力があれば

ある程度難しくはない。

 

単純に、海外では

年齢的なビザの問題があるのだ。

 

 

それでも40代でマレーシアの

コールセンターに就職した日本人はいる。

 

語学力があれば

ハードルは下がってくるのだ。

 

 

ボンビーガールでもコールセンターで

働いているという人が紹介されていた。

 

マレーシアで生活をする

高卒の男という話もあった。

 

 

このように、比較的日本人が

仕事を得やすい環境ではある。

 

 

「ゆるりとマレーシアその日暮らし♪」など、

マレーシア移住者のブログも参考になる。

 

 

 

マレーシアで看護師として働くには?求人を紹介

 

マレーシアで看護師として

働くにはどうすればいいだろう。

 

 

実は医療関係の仕事は

何歳になっても需要がある。

 

しかし日本の看護師資格だけでは、

看護師として働くことはできないのを

知っているだろうか。

 

 

現地での看護師資格取得を

まずは目指さなければならない。

 

 

また一から資格取得なんて。

 

そう感じる人もいるだろう。

 

 

だが、英語ができて

医療知識がある人は

非常に需要があるのだ。

 

 

医療現場では、日本人を

相手にすることももちろんある。

 

日本人が多く

滞在していることもあり、

通訳などに重宝される。

 

 

日本人コーディネーターとして

医療現場で働く人もいる。

 

 

ただ、日本で看護師をしていたからと言って、

海外に移住しすぐに働けるわけでは

ないことは忘れてはいけない。

 

 

マレーシアの看護師の求人を紹介した

サイトの代表は「リクルートエージェント」など。

 

 

マレーシアに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

マレーシアで就職!海外移住して仕事をする40代…40代海外移住(マレーシア移住した40代)

 

マレーシア移住で就職とは、

まず最初の難関である。

 

40代の海外移住について、

仕事はどうしているのだろう。

 

 

日経企業からの

海外転勤であれば難しくはない。

 

もちろん見知らぬ地への転勤が

大変なことは大前提だが、企業側からビザの申請や

その他の情報をもらえることが大半だ。

 

 

住居は自分で探さなければ

ならないかもしれないとしても、

比較的ハードルは低く位置するはずである。

 

 

マレーシアには、

実は40代50代になってから

移住を試みる日本人が多い。

 

 

これは、定年後にマレーシアでの

生活を望んでいるケースだ。

 

物価が安く温暖な気候のマレーシアで、

老後を過ごしたいという考えである。

 

 

マレーシアで仕事を探すのであれば、

プロに任せることをおすすめする。

 

 

今やリクルートエージェントなど、

プロが仕事を紹介してくれる。

 

ネット環境さえあれば、

様々な求人をみることができて便利だ。

 

 

 

マレーシアに子連れで移住できる?求人は?子連れの海外移住の仕事(50代女性海外で仕事)

 

では、マレーシアに子連れで

移住はできるのだろうか。

 

 

日本より断然物価が安いため、

家族で生活している人も多い。

 

 

50代女性の海外移住で

求人を探すのであれば、それこそ

リクルートエージェントがおすすめである。

 

 

女性や子連れの場合、

気になるのはセキュリティだ。

 

少し良いところに住むとなると、

当然家賃は跳ね上がる。

 

 

それをカバーできるだけの

給料でなくてはならない。

 

英語ができるのであれば、

ぜひ活用したいところだ。

 

 

また、上でも紹介した通り

医療現場での経験も優遇される。

 

日本人患者と医師との

コミュニケーションの手助けなど、

大切な仕事がある。

 

 

若いうちに単身で乗り込むのではなく、

子供がいるのなら英語は修得しておきたい。

 

子供達のためにも、

人とのコミュニケーションは

できた方がいいに決まっている。

 

 

 

マレーシア移住で後悔?ジョホールバル移住の失敗と20代のデメリット

 

マレーシア移住で

後悔したことといえば。

 

今回は、ジョホールバル移住での

失敗について見ていきたい。

 

 

ジョホールバルといえば、

マレーシアで第二の都市である。

 

シンガポールと高速道路で繋がり、

都会での暮らしを楽しめる。

 

 

そんなジョホールバルだが、

失敗と感じることはあるのだろうか。

 

 

ジョホールバルは非常に便利だが、

その分物価が高い傾向にある。

 

日本の食材が気軽に手に入るものの、

けしてそれは安くない。

 

 

また、車移動が主流となり

渋滞が多いこともネックだ。

 

 

個人的に気になることは、

治安の悪さにもある。

 

 

20代から移住するデメリットとして、

若者は標的にされやすい。

 

治安の悪さから、一人で

出歩くことはおすすめできない。

 

 

20代から物価の高さに

苦しむことも覚悟しておいた方がいい。

 

 

 

番外編:コスタリカに駐在したい!求人は?

 

余談だが、

コスタリカに駐在するには

どうすればいいのだろう。

 

 

コスタリカはメキシコの南に位置し、

中米のスイスと言われる

非武装中立国である。

 

 

魅力は「自然の中での生活」

といって過言でない。

 

 

都会的な便利さ、

快適さを求めている人には

おすすめできない。

 

物価は安く、

ゆったりとした生活を

望む人には合う国だ。

 

 

待遇はもちろん

日本の大企業と比べると劣るだろうが、

物価の安さがウリの穴場移住スポットといえる。

 

 

しかしながら、日本人向けの

求人は生憎非常に少ない。

 

 

一から仕事を探すとなると

なかなか困難なものである。

 

英語やスペイン語を

得意としているのであれば

話は別だ。

 

 

英語だけでなく

スペイン語も話せるのであれば、

一気に可能性の幅は広がる。

 

 

日系企業があまり進出していないため、

必然的に現地の企業での就職となる。

 

「BRIDGE」など、

コスタリカ求人を

紹介したサイトもある。

 

 

 

まとめ。マレーシアで働く50代について

 

マレーシアでの就職、移住について

考え方が変わっただろうか。

 

 

海外移住はどこであっても

苦労することは

覚悟しておくべきだ。

 

 

だがしかし、定年後に

ゆったりとした生活を

送りたいのはよくわかる。

 

そのためにいざ移住してから、

失敗だと帰国しなくてはならないことが起こらないよう

事前の情報収集は怠ってはならない。

 

 

いい生活が送れるかどうかは、

自分の考え方次第でもあるのだ。

 

 

クアラルンプールで気楽に暮らす重明。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育った男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ