イタリアに移住、女1人で?イタリア移住の後悔…女が1人で住むには?老後イタリアに住むも後悔。イタリアに住みたい?移住手続きと方法など


 

イタリアに移住・・・

女1人でとあなたが考えているなら、

 

ヨーロッパ中から詐欺師が集まる

イタリアの観光地

 

には十分注意を。

 

 

イタリア移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きないオンラインの安定収入を得る方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

イタリアへの移住を

女1人でやってみたいと

考える女性もいるだろう。

 

しかし、実際の手続きや

どうやって生活していくのか、

渡航前に調べないと分からない。

 

 

そこで今回は、イタリア移住について解説。

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

イタリアに移住、女1人も可能?老後のイタリア移住の後悔と移住手続き…子連れの看護師も

 

イタリア移住は、

ビザが取れれば

女1人でも可能だ。

 

 

イタリア移住のためには、

就労ビザ、家族ビザ、就学ビザ、リタイアメントビザの

いずれかのビザ取得が必要。

 

以下、それぞれの

ビザの移住手続きについて

説明する。

 

 

就労ビザは、仕事先を探す必要があるが、

今は、インターネットで日本にいても、

イタリアの仕事を探すこともできる。

 

就職先が決まったら、

口約束ではなく、

契約書を作成するのがおすすめ。

 

 

家族ビザは、イタリアに移住している人と

結婚できれば、簡単にとることができる。

 

相手がいることなので、

お互いの相性次第。

 

 

就学ビザは、

語学・芸術の学校に

留学する際に使う。

 

入学証明書や残高証明書の準備が必要だが、

女1人でも気軽に始められそうな方法だ。

 

 

リタイアメントビザは、

老後、イタリアに

移住する人のためのビザ。

 

資産の確認もあり、

条件は厳しい。

 

 

老後、海外に移住すると、少し経つと

日本が恋しくなって後悔する場合もあるので、

よく考えて決断すべきだ。

 

 

 

イタリアに住みたい…イタリアに住むにはどうすればいいか?イタリア移住と仕事探しの方法(イタリアンへの転職、駐在の求人)

 

イタリアに住みたいと思ったら、

上記で説明したビザを

取得することから始めよう。

 

 

イタリアに住むには金も必要。

 

就労ビザの取得も考えておきたい。

 

 

就労ビザを取得しようと思ったら、

実際の仕事探しの方法は、

どのようにしたらいいのか。

 

 

1つ目は、

転職エージェントサイトを使って、

イタリア駐在の仕事を探すことだ。

 

 

例えば

「ビズリーチ」「ACリクルートメント」

「リクルートエージェント」など。

 

 

イタリアに進出している日本企業は、

ファッション系を中心にかなりある。

 

日本企業であれば、

イタリア語ができなくても、

雇ってもらえる可能性は高い。

 

 

2つ目は、チャレンジングだが、

現地のイタリアンレストランに

雇ってもらえるよう、交渉することだ。

 

 

イタリアへ転職となると、

勇気が要るかもしれない。

 

だが、日本に

帰国しなくてはいけなくなった時、

イタリアでの勤務経験は日本でも役立つ。

 

 

 

イタリアに住むなら?移住してイタリア在住、イタリアに住む日本人のブログをチェック

 

イタリアに住むなら、

おすすめの地域を

いくつか紹介する。

 

 

ローマは観光地も多く、

日本人が思い描く

イタリア移住を満喫できる。

 

留学生も多いので、

外国人も住みやすい。

 

 

フィレンツェは景色がきれい。

 

料理学校も多いので、

料理を勉強したい人におすすめ。

 

 

ミラノは首都ではないがビジネスの街。

 

イタリア移住で仕事をしていきたい、

と考えている人は、

ぜひ検討してほしい。

 

イタリア在住の

日本人のブログ「イタリア在住M日記」の著者も、

ミラノに住んでいる。

 

 

イタリアに住む時に、

ローマより南に住むのは

避けたほうが良い。

 

 

ナポリは治安が悪い。

 

シチリアは交通の便が悪く、

住んでいる人も気安く声をかけてくるので、

危険な目に遭いやすい。

 

 

 

イタリアに留学して失敗?イタリア留学の生活費…イタリア旅行はひとりで大丈夫?

 

イタリア留学に

失敗しないためには、

学校選びが大切だ。

 

 

料金が他に比べて安すぎる学校は、

理由があるので、注意が必要。

 

先生の質が悪かったり、

授業時間が少なかったりする。

 

 

イタリア留学の生活費は、

1ヵ月の留学で9万円ほどだ。

 

留学期間が半年だと約54万円、

1年だと約100万円になる。

 

 

ほとんどの学校は、

長期で通うと割引制度がある。

 

 

イタリア旅行は、気を付ければ、

一人で行っても大丈夫。

 

ただし、いかにも観光客

という雰囲気を出さないのが大切だ。

 

 

自分も海外を一人旅する時には

「昔から住んでいます」という

オーラを出すようにしている。

 

 

具体的には

写真を何枚も取らない、ガイドブックを開かない、

などの対策をしている。

 

 

トラブルに巻き込まれないためには、

語学に自信がなくても、

堂々としているのが一番だ。

 

 

 

番外編:フランスに移住して後悔!失敗の理由は?

 

フランスに移住して後悔するのは、

日本と比べると不便だと感じる時だ。

 

 

外食は高いので

自炊しなくてはいけない。

 

宅配はほとんどなく、

自分で買い物に行かなくてはいけない。

 

 

失敗の理由は、

日本で想像する「オシャレなフランス生活」とは、

実際ほど遠い生活だと知らないからだ。

 

 

実は、フランスは移民が多い。

 

日本人が想像する、

ファッション雑誌に出てくるような

フランス人は少ない。

 

 

色々な人種がいるので、

ルールが守られていないので、

繊細な人は疲れてしまう。

 

 

フランスでは、ほぼフランス語だ。

 

他の国と異なり、

フランス語が使えないとかなり困る。

 

 

フランス語が話せない人は、

勉強しなくてはいけない。

 

 

「学生でもないのに、勉強したくない」

と嫌になる人もいる。

 

 

フランス移住は、

理想を高くしないことが

成功のカギだ。

 

フランスだから、

全てがオシャレな訳でも

素晴らしい訳でもない。

 

 

 

まとめ。イタリア移住は女1人でも大丈夫?

 

・イタリア移住は、

ビザが取得できれば女1人でも可能

 

 

・日本の転職サイトでも、

イタリア駐在の仕事を探せる

 

 

・イタリアに住むなら、

ローマより南の地域は避ける

 

 

・イタリア留学を

失敗しないために

学校選びが大切

 

 

・イタリア旅行は一人でも

気を付ければ大丈夫

 

 

・フランス移住で失敗するのは、

日本に比べると不便だと

ストレスと感じてしまう時

 

 

イタリアやフランスは、

日本人なら一度は

住んでみたいとあこがれる国。

 

今回の情報を活用して、

ぜひ楽しい移住生活を送ってほしい。

 

 

ミラノへの移住を夢見る晴彦。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. かなまな より:

    イタリアには住んでみたいです。
    以前観たイタリアの暮らしを紹介する番組をみてから憧れです。
    とても家族を大切にしていて仲が良いから、一人で移住だとさみしいかも。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ