インドネシア移住のデメリット!海外移住とジャカルタの生活費、インドネシアに住むには仕事は?方法をブログで紹介


 

インドネシア移住のデメリットで個人的に一番なのは、

自然災害。特にジャカルタの水没などは恐ろしい。

 

 

東南アジア在住者によるインドネシア移住情報、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

インドネシアは日本人の

移住先として選択肢に入る事も多い。

 

しかし日本人にとってインドネシア移住は

デメリットも多く、インドネシアに移住した人で

実際に後悔している人もいる。

 

 

そこでここでは、インドネシア移住で後悔しないための

デメリットの説明やジャカルタでの生活費、

インドネシアに移住した時の仕事先などを紹介する。

 

 

 

海外移住…インドネシア移住のデメリットと後悔

 

ここではインドネシア移住で

よく言われるデメリットを紹介する。

 

 

・家に虫が出る

 

日本人はお金さえ出せば

日本のような清潔な家が

手に入ると思いがち。

 

だが、インドネシアでは虫に対して

こだわる人が少ないので、

そこそこキレイな家でも普通に虫が出る。

 

 

ソファにのんびり座っていたと思ったら

手に虫が這っていて嫌な思いをした、という人は多く、

虫がどうしても慣れないで日本に帰るという人も実際にいる。

 

 

・断水や停電がよく起きる

 

首都のジャカルタでさえ、

そういう自然災害が起きた訳でもないのに

唐突に断水や停電が起きる。

 

しっかり整備された

日本のインフラになれていると、

これに耐えられない人も多い。

 

 

・公用語がインドネシア語

 

フィリピンと違い、インドネシアでは

インドネシア語が公用語となっている。

 

観光地では英語も通じるが、

インドネシアに移住するつもりなら

インドネシア語を覚えなくてはいけない。

 

 

インドネシア語は

世界でもっとも習得しやすい

言語のひとつに数えられている。

 

日本人がインドネシア語を

話せるようになるのは英語よりは簡単。

 

 

だが、単語から何から1から

覚えなくてはいけないのでそれで

嫌になってしまったという人も多い。

 

 

海外に住む時は基本、

日本ほどの清潔さや便利さは得られないと

考えて行動した方がいいと自分は思う。

 

日本ほどインフラが整い、

しかも安く利用できる所はない。

 

 

 

インドネシア、ジャカルタの生活費は?

 

インドネシアの首都、ジャカルタでは

どれくらい生活費がかかるのだろうか。

 

 

結論から言うと、5万円~12万円くらいだ。

 

 

一番必要なのは日本と同じく家賃で、

普通の生活をしたいなら

月5万円~6万円ほどの物件に住む必要がある。

 

 

次は光熱水費だが、

インドネシアでは光熱水費は基本安く、

月3千円ほどで済む。

 

ただしクーラーを使う場合は

日本と同じくらい(5千円~1万円)

にまで跳ね上がる。

 

 

次にインターネット代だが、

Wi-Fiをおけば月3千円くらいだ。

 

 

食費に関してはインドネシアの物価が

日本の三分の一程度なので、

今の自分の食費の三分の一と考えるといい。

 

 

その他、意外にかかりやすいのが交通費だ。

 

インドネシアは公共交通機関は

あまり整っていないが車社会なので、

移動はタクシーなどになる。

 

 

1回1回は安いが、

これが1カ月降り積もると

けっこう財布に影響してくる。

 

 

インドネシアの生活で

一番お金がかかるのが家賃。

 

 

そこを削りたくなると思うが、高い物件ほど

周りに住んでいる人も穏やかだったり治安が良かったり、

もちろん店が多くて便利だったりとメリットが多い。

 

家賃の高さは家の快適さだけではなく

生活全体に響いてくるので、もし節約をしたいと考える場合は、

家賃ではなくその他の所を削る事を考えよう。

 

 

 

インドネシアに住むには?インドネシア移住と仕事…看護師など

 

永続的にインドネシアに住むには

仕事を持っていた方が安心だ。

 

ではインドネシアに移住した場合、

日本人にはどんな仕事があるのだろうか。

 

 

インドネシアは人件費が安いので

工場がたくさんあり、

日系企業も多く進出している。

 

だからインドネシア在住の

日本語ができる日本人を

募集しているところは多い。

 

 

また、色んな国の橋渡しの為、

英語ができる人を求められている事も多い。

 

だからインドネシアでは

英語と日本語ができれば

とりあえず就職には苦労しない。

 

 

またインドネシアには定年退職を迎えた

シニア層が多く移住しているので、

その人たちに向けた看護師も求人が多い。

 

特に看護師は、場所がインドネシアに変わっただけで

日本人向け病院の日本人相手という事で

インドネシアの人たちになれてない内は心が楽だ。

 

 

不況不況と言われているが、よっぽど

辺鄙なところでもない限り、海外には「日本人」

というだけで需要のある仕事がたくさんある。

 

また、日本人ならではの

真面目さを重宝されやすい。

 

 

そういう面から見ると、海外というのは

逆に日本人は住みやすいというか、

居場所を見つけやすいのではないかと自分は思う。

 

 

インドネシアに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

インドネシア移住の方法をブログで紹介…子連れと移住手続き

 

インドネシア移住を後悔している人も多いが、

それはデメリットを調べていないからだ。

 

そのデメリットを上回るメリットが本人にあれば、

当然インドネシア移住も良いものに変わる。

 

 

最近多いのは、子連れで

インドネシア移住をするというケースだ。

 

日本の災害の多さに嫌気がさしていたり、

海外でのびのびと育ってほしいという思いから

インドネシアで子育てを考える人が多い。

 

 

特に今はソーシャルメディアが発達しているから、

インドネシアで暮らそうとも日本の状況はすぐに分かるし、

家族ともすぐに連絡が取れるのでハードルは低い。

 

 

では、子連れでインドネシア移住をするには

具体的にどういう方法を取ればいいのだろうか。

 

 

インドネシアの移住手続きについては

せかいじゅうライフ」に詳しく説明がしてある。

 

 

またインドネシアに移住する前に、

「25歳からのインドネシア駐在員日記」

「サムスル公式ブログ」など。

 

実際にインドネシアに移住している

日本人のブログなどを読んで、

現地の空気感を知っておくのもおすすめする。

 

 

清潔で医療施設が充実し、安定して電気が供給され、

安全な水と食べ物が豊富にある日本からの海外移住は、

正直普通に「不便だ」と感じることが多い。

 

しかしそれは、海外移住

したからこそ分かるものでもある。

 

 

そして海外に住めば日本の良さも、

また日本にない海外の良さも、

肌身を通して知ることができる。

 

自分の視野を広げる為にも、

一度は近くの外国に

ステイしてみるのをおすすめする。

 

 

 

まとめ。インドネシア移住のデメリットについて

 

インドネシア移住が本人にとって良いものかどうかは、

デメリット・メリットを比較して分かるものだ。

 

インドネシア移住を考えているなら、

自分がインドネシアに何を求めているのかを

しっかり考えてから行動しよう。

 

 

バリに住む角田。

自分と同じく白子が嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ