フランス移住で後悔…難しい?移住と仕事、生活や留学、ワーホリのブログ。フランスに住むなら職業は?仕事探し(パリ)と求人など


 

フランスに憧れて移住したが、後悔・・・

二度と住みたくないなんて声も。

 

 

ただ、フランス移住した人は

なぜ後悔したのか?

 

日本との文化の違いはどうかなどが

あまり見えてこない。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

 

フランス移住で後悔?難しい子連れや移住手続きなどで後悔

 

フランスと言えば

芸術、食、ファッションなど独自の文化を持ち、

街並みはそれだけで絵になるようなイメージだ。

 

 

しかし実際に住むとなると

フランスは移住手続きが難しい。

 

提出義務のある書類が多く、

事あるごとに申請、

更新をしなければならない。

 

 

書類大国とも呼ばれ、内容も複雑で、

フランス移住を辞めればよかったかと

後悔させるほどややこしい。

 

 

移住手続きについては

まずビザが必要。

 

このビザもいろいろと種類が多い。

 

 

無事に移住できても

ビザの更新をしなければいけない。

 

この更新の情報は

人によって言うことがバラバラで、

国籍によっても変わると言う。

 

 

移民局の人からもらった確かな情報は、

結婚して3年たてば

10年のビザが申請できるということだ。

 

 

ここで取得した

ビザについて注意をしたい。

 

 

フランスのビザは入国3ヶ月以内に

フランス移民局(Ofii)へ出頭し

「滞在許可書」として有効にする手続きが必要だ。

 

この手続きはいつでも良い訳ではなく、

郵送で申請し、

移民局からの返信で出頭日が決まる。

 

 

この移民局からの返信は

すぐに来る人もいれば

3ヶ月ギリギリで来た人もいる。

 

 

どちらにせよ入国すれば

すぐに郵送した方が良い。

 

 

日が決まれば

必要書類を持って出頭するのだが、

絶対に書類不備には気を付けてほしい。

 

少しでも書類にミスがあれば

受け付けてもらえず、

今日は終了と突っぱねられるのだ。

 

 

出頭して書類を提出で

終わりではない。

 

 

健康診断、予防接種歴の確認、

フランス語のレベルチェック。

 

配偶者がいれば家族についての質など

まだまだやることがある。

 

 

そして、

CIR(共和国統合契約)の

取り交わしも行われる。

 

フランスとフランス滞在が認められた外国人との間で、

社会のルールなどに従うことを誓う書類にサインする。

 

 

さすが移民が多い国だ。

 

 

フランス語のレベルチェックでは、

A1という一番下のレベルに

達しているかどうかのテストがある。

 

達していなければ、

A1のフランス語の授業を

100時間強制的に受講しなければいけない。

 

 

テストで合格した場合は、

A2の授業が受けられる書類が渡される。

 

任意だが無料なので

できるだけ受講しておきたい。

 

 

A2に合格すればB1の授業が受けられる。

 

 

初年度は1年ビザだが、

より長いビザを取得するための更新時には、

A2以上のレベルが必要になる。

 

 

ここまででも

非常に面倒で挫折しそうだ。

 

語学力まで

試されるとは驚きである。

 

 

子連れとなれば

学校の手続きもあるので

かなりの仕事になる。

 

 

余談だが、フランスは

幼稚園から飛び級、

留年が存在する。

 

こちらにも驚かされる。

 

 

 

フランスに住むには…フランス移住と仕事!フランスに住むなら職業は看護師?フランス移住と仕事探し(パリ)、求人

 

フランス移住で

次に問題なのは仕事だ。

 

 

フランスでの

仕事探しは楽ではない。

 

 

今やフランス人も就職難。

 

優先的にフランス人が採用されるため、

職業も専門職でなければ

日本人は日系の企業に偏ってしまう。

 

 

特にパリでフランス企業に就職できる人は、

生まれも育ちもパリでなければ難しい。

 

 

就職できても待遇は悪く、

最低賃金の仕事しかないのがほとんどだ。

 

 

どこの国でも必要とされる看護師。

 

ではフランスではどうか。

 

 

日本と同様、激務で

賃金は日本より少ない。

 

そのため、

辞めていく人も少なくない。

 

 

しかしフランスは

バカンス大国であるため、

休日はとても多い。

 

 

ほとんどの患者が予約制で、

病院自体が1ヶ月の夏休みを取る所もあり、有給休暇も

最低5週間取得しなければならないという決まりがある。

 

 

日本の看護師免許を持っていても

フランスでは通用せず、

新たに免許を取得する必要がある。

 

フランスはEU圏のため、

取得できればEU圏内なら

どこでも働く事ができる。

 

 

色んな国の

医療現場を知りたい人には

これはとても有難い。

 

 

また日本の看護師免許があれば、

EU圏外の外国の看護師資格所持者に対する

試験を受けることができる。

 

試験内容は、筆記試験、

面接、実技テスト。

 

 

合格すれば、

本来フランスの看護学校の

教育期間は3年だが1~2年で済む。

 

 

ただ、一番の壁は

やはりフランス語だ。

 

英語なら日本の看護学校でも

学ぶことができるが、

さすがにフランス語の授業はない。

 

 

専門用語もあるので

かなり苦労するだろう。

 

 

ちなみに、フランスでは

看護師より薬剤師の方が

地位は高く給料も良い。

 

 

フランスの求人情報サイト

「OVNI」 「MixB(ミックスビークラシファイド」が

参考になる。

 

 

フランスに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

 

 

 

フランスに留学!ブログでフランス生活をチェック…ワーホリのブログなどフランス生活ブログ

 

フランスに留学すると

実際に生活する中で

日本との違いに驚く事が多い。

 

 

実際にワーキングホリデーで

留学した人の話だ。

 

 

まず住む家を探す難しさ。

 

 

特にパリの住居は家賃が高い。

 

ルームシェアをしたり

パートナーを見つけたらすぐに

同居する人が多いのはそのせいだ。

 

 

おまけに建物が非常に古く、

下水道もしっかり整備されていないため、

トイレやシャワーがない部屋もある。

 

あったとしてもよく壊れる。

 

 

街中のスーパーでは

会計時に店員に待たされたり、

値段や商品の打ち間違いは日常茶飯事だ。

 

 

交通ではよくストライキが起こる。

 

電車では運転手が寝坊したという理由で

列車の出発が1時間遅れたなんて話もある。

 

 

あと、電車内や駅でスリが多い。

 

 

フランスは美しい街と思いがちだが、

実は犬の糞があちこちに落ちている。

 

はっきり言って臭うし汚い。

 

 

日本という国は

美しく優しい、つくづく感じる。

 

 

実際にフランスに

ワーホリをした人のブログも

読んでみてほしい。

 

 

・フランス留学体験談、パリでのワーキングホリデー1年間で苦労したこと

 

・フランス留学体験談、ユゴーを泣きながら読んだパリでの生活

 

 

 

フランスに移住する方法!フランス移住の方法は?

 

フランスに移住する方法には、

先ほども言ったが、

まずビザの申請から始まる。

 

ビザだけでもたくさん種類があるので

自分にあった条件のビザを選ぶ必要がある。

 

 

・ワーキングホリデービザ

 

申請時に満18歳以上30歳未満であること。

(30歳の誕生日の前日まで申請が可能)

 

 

フランスを知るための渡航であり、

就労する意思があること、

このビザを過去に取得していないこと。

 

 

子ども同伴ではないこと。

 

 

このビザは1年間のみ有効で、

期間の延長や身分の変更はできない。

 

 

・ビジタービザ

 

フランスに様々な目的で

3ヶ月以上滞在するときに申請をするビザ。

 

語学を学びながら

フランスの文化も体験したい人向け。

 

 

パートナーがフランス人で

結婚する準備期間や、

一緒に住むために取得する人もいる。

 

 

・才能能力ビザ

 

芸術家やアーティスト、作家、

スポーツ選手などの、特別な才能を持っている人や、

すでにその分野で活躍していることが条件。

 

日本での会社の経営者、実業家、起業している人が、

フランスのパリに法人を設立し、

フランスにおいて最高責任者となる場合も可能。

 

 

早い話が、素晴らしい才能を持った外国人が

フランスの発展に貢献すると

認められた人だけが取得できる。

 

 

基準は段々と厳しくなっているようだが

一般人ではなかなか使えない方法だ。

 

 

 

まとめ。フランス移住で後悔する理由とは

 

移住するのにこんなにも

大変な国があったことを初めて知った。

 

移民が多い国だから

仕方ないのだろうが。

 

 

また、政権が変われば

制度の内容も変わるかもしれないと

聞かされて愕然とした。

 

フランス移住をお考えの方、

語学力に加えて

忍耐力も身に付けよう。

 

 

パリに住む康成。

自分と同じくロボコンが好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ