ドイツ移住は子連れでも?ドイツに移住したいが仕事は…後悔と親子移住の失敗、デメリット。ドイツに住むにはどうすればいいか?


 

海外移住を考えたとき、

大人だけで移住するとなっても不安だが、

子供も一緒にとなると不安度はさらに高くなるだろう。

 

 

日本で住み慣れた地域から

引っ越しをするだけでも不安だ。

 

しかもドイツは英語圏でもない。

 

 

ドイツ移住を子連れで考えたとき、

子供がなじむことができる環境は

整っているのだろうか。

 

 

またドイツ移住をした時に、

仕事はすぐに見つかるのだろうか。

 

移住の失敗や後悔・デメリットなどから、

ドイツ移住の仕方を考える。

 

 

 

ドイツ移住は子連れでも可能?親子移住の失敗

 

ドイツは公教育が無料。

 

18歳以下の

子供のいる家庭への

補助金が出る。

 

 

比較的子育ての

しやすい国と言える。

 

 

外国から子連れ移住した

子供であっても

適用されるのがうれしい。

 

 

日本から親子移住した子供が選択できる学校は、

「現地の学校」「インターナショナルスクール」

「日本人学校」の3つがある。

 

 

現地の学校はもちろん

ドイツ語での生活になるため、

ドイツ語に慣れている子供でない限り難しいだろう。

 

 

インターナショナルスクールでは

英語での生活になる。

 

英語の方がまだ覚えるのは早そうだが、

日本語で生活できる日本人学校が安心ではある。

 

 

しかし公教育無料で

当てはまるのは、

現地の学校のみ。

 

 

無理して現地の学校に入り、

言葉の問題でなじめないのでは、

移住は失敗となるだろう。

 

 

 

ドイツに移住したい…ドイツに住むにはどうすればいいか?ドイツ移住と仕事(看護師など)、永住権について

 

ドイツに移住したいと思いすぐに行動。

 

何も考えずに

ドイツに来ちゃいました、

というわけにはいかない。

 

 

ドイツに限らず移住するとなれば、

ドイツに住むための

手続きをしなくてはいけない。

 

生活をするために

仕事を見つけなくては

いけないのだ。

 

 

ドイツに移住を考えたとき、

長期滞在となるのでビザを取得するが、

永住権が取得できる方法を考える必要もあるだろう。

 

 

問題は移住した後の仕事だ。

 

 

ドイツ語ができる人なら、

どこの地域であっても就職は可能だが、

ドイツ語はいまいちとなると話は別だ。

 

求人がある地域は

グッと狭くなるのが現実だ。

 

 

日本人が多く住む地域を狙う事で、

日系の企業の求人を

ゲットできるチャンスはある。

 

 

また看護師など専門的な職業の場合、

ドイツでの国家試験に合格する必要がある。

 

試験に合格が必須になるため、

試験の勉強だけでなく

語学の習得も必須だろう。

 

 

 

 

 

 

ドイツに移住して失敗?ドイツ移住のデメリット…失敗と後悔

 

ドイツの移住を夢見ている人からしたら、

移住について調べていても

メリットばかりに目が行ってしまうだろう。

 

しかし必ずデメリットも

ついて回るのが現実だ。

 

 

デメリットとして

あがっているのは、

冬の寒さ。

 

1年の半分は

雪の降る寒さと

戦う事となる。

 

 

寒さが苦手な人には、

後悔するポイントになるだろう。

 

 

また税金の高さに

驚かされるという。

 

 

生活費が安くても

税金が高いので、

貯金は難しいくらい。

 

 

また永住権を取得することが

簡単ではないという事も

デメリットとして大きいかもしれない。

 

アジア圏に比べてしまうと

簡単とは言えないんだとか。

 

 

子供が移住する際、年齢が低いうちに移住すると

ドイツの語学は習得が早くても、

日本語が習得しずらいという問題も出てくる。

 

 

このように

デメリットは必ずある。

 

失敗の内容に下調べは必要だ。

 

 

 

まとめ。子連れでドイツ移住することについて

 

海外移住は

計画しているときは楽しく、

メリットばかり考えがち。

 

だが、いざ移住生活が始まると

途端にデメリットで

いっぱいになるものだ。

 

 

だからと言って

移住することが良くない

という事ではない。

 

計画をしっかりし、

デメリットもあるという事をしっかり考え

行動することが大切である。

 

 

また子供が一緒に移住するとなれば、

子供が安心して生活できる環境と、

教育の環境を整えなくては始まらない。

 

 

ドイツ語が難しいのであれば、

その他の学校を選ぶ必要があるが、

その分費用は掛かるという事は忘れてはいけない。

 

 

ドイツで働くことを検討する杉谷。

自分と同じくロボコンファンだったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ