ベトナムを漢字一文字で表すと越?漢字廃止で読み方は?漢字表記なし、漢字文化もなしへ…漢字で書くと?


 

ベトナムを漢字一字で書くと

」と表記される。

 

元々、ベトナムは

漢字文化圏だったが

現在は使用されていない。

 

 

長期滞在者によるベトナム情報、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

なぜ、ベトナムで漢字が

使われなくなったのだろうか。

 

今回は、ベトナムの

漢字について考察していく。

 

 

 

ベトナムを漢字一文字で書くと越!実は漢字文化圏のベトナム。漢字廃止の理由と歴史は?同音異義語について

 

現在のベトナムでは、

公用語として

ベトナム語が使われている。

 

漢字文化圏のベトナムだが、

言語において様々な国からの

影響を受けている。

 

 

ベトナムにおける漢字の

歴史について振り返ってみよう。

 

 

大昔のベトナムには文字が存在しなかった。

 

漢字文化は中国支配の歴史が影響している。

 

 

中国に支配されていた時期にベトナムは、

漢字や文化などを吸収した歴史がある。

 

ベトナムが中国から独立した後は、

漢字の他に「チュ・ノム」という

ベトナム独自の文字を用いるようになる。

 

 

ちなみにベトナムを漢字表記で表すと、

「越」という一文字になる。

 

これは中国がベトナムを支配していた時代に、

「越南」という国名を用いていたため。

 

 

ベトナムで漢字が廃止された理由は、

フランスによる植民地化のため。

 

 

ベトナムでフランス語を公用語とするために

漢字を廃止させ、クオック・グーの普及を図る。

 

クオック・グーとは現在のベトナム語の表記文字で、

フランスのカトリック宣教師が広めたとされている。

 

 

ベトナムで漢字が廃止されたことによる、

同音異義語の弊害は無いに等しいとのこと。

 

 

しかしそれはベトナム人に限られたことで、

日本人など旅行者は、漢字廃止による

同音異義語に注意をしなければならない。

 

例えば、「Nam」という文字は、

南と男の両方の意味を持つ。

 

 

ベトナムの同音異義語は、

文字が書かれている場所によって

意味が異なる場合が多い。

 

 

 

ベトナムの漢字の読み方は?漢字表記で!漢字文化圏の復活は?教育で名前は漢字表記に!越の変換と読み方

 

元々ベトナムは、中国の

影響を受けた漢字文化圏の国。

 

そのため、ベトナムの単語には

漢字に変換できるものが多い。

 

 

例えば、ベトナム語の表記文字である

クオック・ゴーを漢字に変換すると

「国語」と表すことができる。

 

 

ベトナムでは、漢字に変換できる

単語のことを漢越語という。

 

ベトナムには漢字の文化が未だ根付いており、

名前や地名の多くは

漢越語である場合が非常に多い。

 

 

ベトナムの国会で漢字の復活について

議論されたこともあるが、

結局その案は破棄されることとなった。

 

ベトナムで漢字を復活させることは、

色々な側面で問題があるからだ。

 

 

例えば、ベトナムで漢字を教育に持ち込む場合は、

現代語と対比させていく必要性も出てくる。

 

そう簡単にベトナム漢字を

復活させることはできない。

 

 

ベトナム独自の漢字である「漢越」は、

日本人にとって親しみやすいといえる。

 

難しくて読めない単語でも、

ベトナム漢字に表記すれば

読み方が容易になる。

 

 

 

ベトナムを漢字で!表記で中国は?越南は?名前も漢字で表記するの?漢字一文字の読み方をおさらい

 

ベトナムの漢字や表記、読み方について

詳しく知りたい場合は、書店などで売られている

漢越語辞典がとても役に立つ。

 

 

ベトナムを漢字で表記する場合は、越南と表す。

 

ベトナム語を漢字一文字で表す場合は、「越」となる。

 

 

漢越語辞典には、ベトナム漢字の表記以外にも、

元となった中国の字についても詳しく解説されている。

 

 

ベトナムでは名前も漢字で表記される。

 

ベトナムの人は漢字一文字で名前を表す場合が多く、

「日」や「山」、「安」や「香」など、

他にもまだたくさんある。

 

 

ベトナムにおける漢字一文字の

名前の読み方をいくつか紹介する。

 

 

1.日(ニャッ)

 

2.山(ソン)

 

3.安(アン)

 

4.香(フオン)

 

5.鈴(リン)

 

 

ベトナムが1945年に独立するまで、

漢字は公式の文字として使われていた。

 

現在のベトナムでは漢字を

理解できる人は少なく、

また、漢字の復活も期待が薄い。

 

 

ベトナムで漢字が廃止され、

越南などといった文字が残っているが、

また復活してほしいなと自分は思っている。

 

ベトナム国内で様々な漢字が彩られ、

「越南」としての文化を新たに

再構築することも大事だと自分は思っている。

 

 

 

ベトナムの漢字文化!ベトナムの言葉を漢字で書くと?漢字廃止の弊害と理由、いつ廃止?

 

繰り返しにはなるが、

ベトナムで漢字が廃止された理由は、

フランスによる植民地化。

 

ベトナムで漢字が

廃止されたことで

様々な弊害も出た。

 

 

「漢字文化を甘く見ているのではないか」

 

「漢字文化を野蛮な言葉とひとくくりにはしてほしくない」

 

「なぜ廃止?」

 

 

などといったフランスに対する

文句や反発が多く目立っていた。

 

 

では、ベトナムで漢字が

廃止されたのはいつなのだろうか。

 

詳しく紹介していこう。

 

 

ベトナムで漢字が廃止されるきっかけとなったのは、

1887年のフランス領インドシナ連邦成立による、

フランスの植民地化。

 

フランスはベトナムを植民地化するために、

1883年と1884年の条約で

保護しようと試みてきた。

 

 

ベトナム側はこの条約を認めなかったが、

清仏戦争において敗北し、

フランスの植民地となった。

 

 

現在、ベトナム人で漢字を理解できる人は少ないものの、

ベトナムに漢字文化が全く無いというわけではない。

 

 

ベトナムの漢字文化を尊重させるべきだという意見は多い。

 

その人たちの言葉に耳を傾け、

ベトナムの漢字文化を今一度考える必要がある。

 

 

 

まとめ。ベトナムの漢字一字について

 

ベトナムの漢字について

紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

元々、ベトナムで使われていた漢字は

中国由来のもので、独自の文字である

チュ・ノムと併用して使われていた。

 

 

フランスの植民地化によって

漢字は廃止されたが、

復活の声も多い。

 

ベトナムで漢字が廃止されたことで

様々な弊害をもたらした。

 

 

ベトナム漢字の復活の可能性も

ゼロではないが、それに伴う悪影響もある。

 

今回の記事ではベトナム漢字について、

再度理解を深めることができた。

 

 

ベトナムの文化に詳しい安井。

自分と同じく女性の男言葉がとにかくダメ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ