ミサンドリー刀剣男士やガールズちゃんねる!ミサンドリーおばさんと対義語、原因と意味…ミサンドリー女とは?


 

Twitter上で、ミサンドリー刀剣男子という

botが話題になっていた時期がある。

 

現在は凍結されており、見ることはできないが、

キャラクターの力を借りて男性差別発言をする

ツイートに、様々な意見が出てきていた。

 

 

海外移住者による国内の面白情報、

どこに住んでも尽きない安定収入を得る

具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、そのミサンドリーについて紹介したい。

 

 

 

ミサンドリーとは?意味と対義語

 

ミサンドリーとは、辞書で調べてみると、

「男性嫌悪」「男嫌い」という意味で出てくる。

 

ミソジニーという言葉もあり、

これはミサンドリーの意味の反対で

「女性嫌悪」「女嫌い」と訳される対義語である。

 

 

ミソジニーやミサンドリーとは、

男性や女性に対する態度や行動、

感情のようなニュアンスで使われる。

 

 

似たような言葉に「フェミニスト」がある。

 

 

これは女性も男性と同じように

権利を持ち、それを行使できる社会。

 

女性だという理由で

不当な扱いを受けない社会を目指す動き、

思想を示す言葉である。

 

 

男女が平等に生きていくという思想は良いと思う。

 

だが、フェミニストの中にも

男性を批判したがるミサンドリーとかいう

意識が入っている人がいて、区別が曖昧な部分がある。

 

 

 

ミサンドリー女って?原因は?フェミニストについて

 

ミサンドリー女は結婚できるのであろうか。

 

 

もちろんミサンドリーの人も結婚はできるが、

その恋愛、結婚生活は厳しいものになる事は

容易に想像できる。

 

自分が相手を愛せないのである。

 

 

良い方法は、夫が

妻の奴隷のような

関係になる事である。

 

そんな関係を望む夫と出会えれば、

結婚は可能になる。

 

 

ミサンドリー のような感覚を持つ人には、

そうなった原因があると言う。

 

 

・男性に傷つけられたトラウマ

 

・小さい頃から家庭で「男は信用できない」と教えられてきた

 

・自己肯定感の低さ

 

・偏った情報を信じてしまう

 

 

などで、ミサンドリーが作られるのである。

 

 

ミサンドリーでフェミニストの人もいる。

 

この人たちは「ツイフェミ」と呼ばれ、

Twitterの中で男性への批判をつぶやいている。

 

 

ツイフェミについては下の項目でまた取り上げる。

 

 

ミサンドリー について

書かれている論文もある。

 

だが、英語の論文が多く、

無料で見られそうなものは

見つからなかった。

 

 

 

ミサンドリー刀剣男士やミサンドリーおばさん、ガールズちゃんねるなど

 

ミサンドリーは、

日本のネット上で

様々な形での話題になっている。

 

 

ミサンドリーについては、

ニコニコ動画にもいくつか

アップされているものもある。

 

さらにミサンドリーについては、

なんjでもたくさん取り上げられているので

調べてみると参考になるものもある。

 

 

TwitterなどのSNSでは、ミサンドリーの崩壊が起こり、

個人的な批判的感情が無関係な他者を

傷つけていることも考えられうるので注意が必要だ。

 

 

さらにTwitter上ではミサンドリーのフェミニスト、

ツイフェミなる人たちが男性批判を

行っていることにも注目が寄せられている。

 

 

ミサンドリーについて、有名人の方達がブログを上げていたり、

SNS上での書き込みをしたりと、こちらも注目を浴びている。

 

 

その他、Twitterには、有名なミサンドリーとして、

「ミサンドリー刀剣男士」や「ミサンドリーおばさん」

というアカウントも存在する。

 

さらに、女性メディアとして国内最大級の

アクセス数をうたっている「ガールズちゃんねる」

というコミュニティサイトも存在する。

 

 

昨今のような言いたい放題できるネット社会で、

ミサンドリーとミソジニーと

どう付き合っていくかが、今後の課題である。

 

 

 

まとめ。ミサンドリー刀剣男士について

 

世の中には様々な差別が存在する。

 

我々がまだ生まれていない昔から、

同じ人間の間で差別をして、

そして苦しんできた歴史がある。

 

 

差別を無くそうとする動きは大きくなってはいるが、

現代にもまだ根強く残り、さらに新しい差別も生まれる。

 

 

難しい問題ではあるが、今は多様性の時代だ。

 

あらゆる人間があらゆる個性を認め、

お互いを認めあい尊重しあえる時代を夢見ながら、

生きていきたいと自分は思う。

 

 

ミサンドリーにやたら詳しかった島津。

自分と同じくフェミニスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ