ブルースリー死の原因と生涯!名言「感じろ」、強さや身長、息子と死因…師匠や筋肉、ブルースリー動画やフィギュアなど


 

ブルースリーの死の原因は重度の脳浮腫とされているが、

はっきりしたことが分からないまま時だけが過ぎた。

 

 

ブルースリーなど海外の映画情報、

海外に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ヌンチャクを振り回し、回し蹴りや突き技で

敵をやっつけていく姿は

ブルースリーの象徴ともいえる。

 

 

有名な出演映画といえば「燃えよドラゴン」だが、

この映画の公開日6日前に彼は突然この世を去り、

世界に衝撃を与えた。

 

 

ブルースリー死の原因や息子の死の原因など、

ブルースリーについて解説していく。

 

 

 

ブルースリー死の原因!死因、真相は腹上死?息子の映画や生涯

 

1973年7月20日、32歳という若さで

ブルースリーは亡くなっている。

 

「燃えよドラゴン」撮影終了後、

並行して撮影されていた「死亡遊戯」の

打ち合わせ中のことだ。

 

 

頭痛を訴えて共演女優の

ベティ・ティンペイの痛み止めの薬を飲み、

彼女のベッドに横になったまま死んだ。

 

司法解剖の結果、死因は

重度の脳浮腫と発表されたが、

いまだに確実な死因はわからないままだ。

 

 

ブルースリーの死因は銃による暗殺説があるが、

ブルースリーの遺体には外傷がなかったことから

これは違うだろう。

 

 

ブルースリーの息子であるブランドンリーは

「クロウ」撮影中に空砲であるはずの銃に

誤って実弾が入っていてその銃撃によって死んでいる。

 

28歳という若さで亡くなり、

親子ともに若くして生涯を閉じている。

 

 

ブルースリーの死因が薬物による中毒死説もある。

 

ブルースリーの遺体からはほんの少しの

大麻が検出されたのは確かだが、死につながるほどの

量には満たないためこれも違うとされている。

 

 

また、ベティ・ティンペイが後に

ブルースリーの愛人だったと

告白しているため、腹上死も浮上した。

 

だが、ブルースリーが死んだ日に

性交渉はなかったとベティ・ティンペイが

話しているため、この死因も違うとされている。

 

 

このようにブルースリーの死因には

いろいろな憶測が飛び交っている。

 

 

英語でのブルースリーの肉声を聞くことができるのは、

ハリウッド映画である「燃えよドラゴン」だけである。

 

 

 

ブルースリーの名言!感じろ、水…名言集(本)や動画、英語など

 

ブルースリーといえば名言がたくさんある。

 

 

ブルースリーの名言といえば

「考えるな、感じろ」だろう。

 

このブルースリーの名言は

映画「燃えよドラゴン」で言ったセリフ。

 

 

ブルースリーが弟子にカンフーを

教えている場面で、弟子に対して発したセリフだ。

 

 

ブルースリーの代表的な名言

「don’t think,feel!」の英語を

和訳したものが「考えるな、感じろ」だ。

 

 

このブルースリーの名言である

「考えるな、感じろ」は1番有名な名言だ。

 

 

また、ブルースリーの名言の

「walk on」「歩み続けよ」。

 

walk onはTシャツにもなっている。

 

 

他には「水になれ」、英語では

「be water,my friend」などの名言がある。

 

 

ブルースリーがのこしたたくさんの言葉が載っている

名言集のような本「Bruce Lee Wisdom for the Way」

も出版されている。

 

 

ブルースリーはアメリカ国籍ではあるが、

中国人(香港)であり、名言は

中国語でも英語でものこされている。

 

 

 

ブルースリーの強さ!身長や筋肉(増強剤)やブルースリー画像

 

ブルースリーといえば、映画の中では

素手で次々と敵を倒していく

とても強さを象徴する人物だ。

 

 

これは演出であって、本人に

強さはないといった意見もある。

 

だが、和製ドラゴンこと倉田保昭氏が、

ブルースリーは本当に強いと

断言していることで有名だ。

 

 

ブルースリーは小柄だという説もあるが、

身長に関しても諸説ありさまざま。

 

 

当時の映画スターは厚底の靴を履くことが多く、

見た目では実際の身長は憶測でしかわからない。

 

 

ブルースリーが写っている写真を見て、

165cmないといった説もある。

 

実は173cmほどあったのではないかという説もある。

 

 

ブルースリーは筋肉が細い細マッチョだ。

 

 

2014年にアメリカの雑誌「マッスル・アンド・フィットネス」で、

ブルースリーは筋肉の鍛え方、筋トレ内容が詳しく公開されている。

 

しかしあの筋肉美を作り出すために

筋肉増強剤を使っていたとの証言もある。

 

 

ブルースリーの美しい筋肉は映画でも

上半身が裸なシーンがたくさんあるので確認できる。

 

 

 

ブルースリー動画!youtube(ユーチューブ)で吹き替えも

 

ブルースリーの動画で「燃えよドラゴン」の吹き替えを

無料で見ることができるのは

U-NEXTとTSUTAYA DISCASだ。

 

 

30日間もしくは31日間無料お試しで見ること、

利用することができるのでおすすめ。

 

 

youtube(ユーチューブ)では、

吹き替えや日本語版も少しは見ることができるが、

全編はアップロードされていない。

 

 

また、ブルースリーの動画で「ドラゴン危機一発」は、

31日間無料のU-NEXTや

2週間無料のhuluで見ることができる。

 

 

「ブルース・リーの神話」や

「実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男」、

「死亡の塔」、「死亡遊戯」など。

 

ブルースリーの動画はgyao(GYAO!)では

レンタル料金を支払うと見ることができる。

 

 

日本語以外がわからない人には吹き替えでないと

内容がわかりにくいが、ブルースリーの英語での

肉声は「燃えよドラゴン」で聞くことができる。

 

 

 

ブルースリーの映画の動画(ドラゴンへの道、死亡遊戯)、代役、靴や服、テーマ曲…一覧をランキング(順番)で。人気のおすすめや映画館、音楽

 

ブルースリーの代表的な映画といえば

やはり「燃えよドラゴン」。

 

 

ブルースリーの映画はyoutubeでも見ることはできるが、

名場面集や予告編などがあるだけで

映画全部を見ることはできない。

 

 

ブルースリーの映画配信はU-NEXTやhuluなどの

無料のお試し期間はあるが有料でならたくさんある。

 

 

ブルースリーは映画での名言

「考えるな、感じろ」は世界的に有名。

 

 

ブルースリーと映画で共演した女優は数少ない。

 

 

ブルースリーのドラゴンシリーズ3部作に

共演を果たしているのがノラ・ミャオ。

 

その他ブルースリーの死の直前まで

一緒にいたベティ・ティンペイがいる。

 

 

ブルースリーは「死亡遊戯」の撮影中に謎の死を遂げた。

 

 

このブルースリーの死亡遊戯には

2メートル18センチの巨人が登場するが、

彼はカリーム・アブドゥル=ジャバー。

 

当時NBAのスーパースターであり、

ブルースリーの弟子でもあった。

 

 

ブルースリーの死亡遊戯のあらすじは、

途中でブルースリー本人が死んでいるために

ストーリー性がない。

 

変なシーンが入っていて、最後になぜ

格闘シーンがあるのかもわからない。

 

 

これはブルースリーの映画ではないという意見が多い。

 

 

というのも、死亡遊戯はブルースリーの代役に

韓国人俳優のタン・ロンをたてて撮影が続行された。

 

タン・ロンはブルースリーの死亡遊戯の

続編だといわれる「死亡の塔」の

主演をつとめている。

 

 

ブルースリーが映画の「死亡の塔」の中で、

格闘シーンだけ生きている時に

撮影したものだといわれている。

 

死亡の塔は映画館で公開された際の題名は

「ブルースリー 死亡の塔」となっている。

 

 

ブルースリーといえばイエロー・トラックスーツ。

 

全身黄色に肩から足のすそにかけて

1本の黒ラインが入っている服と

オニツカタイガーの靴だろう。

 

 

2003年公開のアメリカ映画キル・ビル。

 

自分はこれを映画館に見に行ったが、

ユマ・サーマンのイエロー・トラックスーツは

印象的だった。

 

 

元プロボクサーの辰吉丈一郎は、

自分のリングへの入場曲に死亡遊戯の

テーマ曲を使っていたことも印象的だ。

 

 

ブルースリーの映画の人気オススメランキング

 

1:燃えよドラゴン

 

2:最後のブルース・リー/ドラゴンへの道

 

3:ドラゴン怒りの鉄拳

 

4:ブルース・リーの神話

 

5:アイアム ブルース・リー

 

6:ドラゴン危機一発

 

7:ブルース・リーのグリーン・ホーネット

 

8:ブルース・リーの生と死

 

9:死亡遊戯

 

10:死亡の塔

 

 

 

ブルースリーのヌンチャクの師匠!映画やフィギュアの買取など

 

ブルースリーといえばヌンチャクを

振り回すシーンもとても有名だ。

 

このヌンチャクブームが起こる前に、

ヌンチャクをブルースリーに

プレゼントしたのは倉田保昭氏だ。

 

 

ブルースリーにヌンチャクを教えた

師匠という人物は、アメリカで

有名な空手家の落合秀彦氏。

 

ショー・コスギ氏の師匠である

出村文男氏、ダン・イノサント氏など

諸説存在する。

 

 

ブルースリーのフィギュアは

ヤフオクで海外限定品だと

50,000~60,000円。

 

安いものは1,000円台から取引されている。

 

 

2011年にブルースリーの

フィギュアがラウンド5に登場した。

 

インターネットだと25,000円前後で販売されている。

 

 

ブルースリーのフィギュアはたくさんある。

 

手に入りやすいものから、

限定品でなかなか手に入らないものまで、

買取価格は平均で10,000円前後といったところだ。

 

 

 

まとめ。ブルースリーの死の原因について

 

ブルースリーがこの世を去って年月が経つ。

 

しかしいまだにファンは多い。

 

 

小さい頃から父に太極拳を学んで中国武術を学んだ。

 

その父は俳優であり、ブルースリーは

実は生後3か月ほどで映画デビューしている。

 

 

ブルースリーの象徴ともいえる

「アチョー」という声は怪鳥音ともいわれる。

 

 

死亡遊戯での

イエロー・トラックスーツは

数々の映画にも登場。

 

 

日本でも世界でもブルースリーの

功績をたたえるように、ブルースリーの

影響を受けていることが分かる。

 

 

「燃えよドラゴン」は日本でも大ヒットとなり、

ブルースリーが亡くなってから

彼の人気は爆発的だったともいえる。

 

 

香港の海沿いにブルースリーの

銅像があることも有名だがこれは実は2体目。

 

1体目はボスニアヘルツェゴビナのモスタルにある。

 

 

ブルースリーの死がいまだに

よくわかっていないことが気にはなる。

 

だが、今後もブルースリーの人気は

衰えることなく後世に受け継がれていくだろう。

 

 

ブルースリーの障害に詳しい一ノ瀬。

自分と同じく金髪美女に弱すぎる(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ