不真面目に生きる方法って?ストウブとは?やけくそで生きる…シンガポール、本やブログなど


 

不真面目に生きる方法とは言っても、

 

「いやいや、真面目に生きた方がいいに決まってる!」

 

そんな声が聞こえてきそうだが、

悲しいことに、真面目な人が損をする世の中

であるのは否めない。

 

 

不真面目でも真面目でも

オンラインで安定収入を得る具体的な方法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

不良になれと言っているわけではないし、

真面目に過ごしてきたことを

責めているわけでもない。

 

ただ、少し疲れたときに

たまには不真面目にしても

いいのではないだろうか。

 

 

この記事で掘り下げよう。

 

 

 

不真面目に生きる方法…不真面目とやけくその違いって?真面目で苦しい人へ、解決法の本などご紹介

 

不真面目に生きることは、

やけくそで生きることと

違いはあるのか?

 

 

やけくそとは、

自暴自棄になることである。

 

切羽詰まった末、投げやりになり

自分の身を疎かに扱う。

 

 

「もうどうでもいい」

 

 

そういった感情が、

やけくそなのである。

 

 

あなたの感じている不真面目とも、

既にイメージが違うことに

気が付いたのではないだろうか。

 

 

不真面目に生きる方法について触れていきたいが、

これは真面目に生きることが苦しい人に向けての話だ。

 

 

真面目が一番!真面目に過ごす!という人は、

当然無理をして不真面目に生きる必要などない。

 

 

「真面目に生きなければ・・・」と

重荷に感じている人もいる。

 

そんな人への解決法となる、

不真面目に生きる本も紹介したい。

 

 

個人的に面白かったのが、

 

『人生、真面目に生きるほどヒマじゃない。

~自由であり続けるための42の言葉~』

 

という本だ。

 

 

現在社会は

「勝ち/負け」「成功/失敗」「損/得」

の傾向が強い。

 

だが本来我々は、もっと自由で

楽しい人生を送ってもいいのではないか。

 

 

当たり前のように無意識に

頭のなかで働く損得勘定、

勝ち負け。

 

そして、絶えず恐れられている失敗。

 

 

そういったものから離れ、

自由な考えをしていこうと

説いている。

 

 

他にもこうした

わかりやすい例を上げており、

非常に読みやすい本だ。

 

 

 

不真面目に生きるブログをご紹介。筆者や、ストウブ、シンガポールなど…内容について

 

不真面目に生きるブログにて、

ストウブを紹介している人がいた。

 

どうやら筆者はストウブマニアらしく、

数々のストウブを所持しているそう。

 

アウトレットで購入時の

メリットデメリットなども

紹介されていた。

 

 

脱サラ後、ブロガーとして

生計を立てているという

驚きの人である。

 

会社がつまらないと思いながらも、

悩みながら11年も勤めたそうだ。

 

 

仕事がつまらないと感じたのは

入社後の研修期間を終えてすぐ。

 

しかし、興味のない仕事だと

悩みつつも仕事を続けていた。

 

 

辞めるきっかけはあったそうだが、

辞めた後に待っているのは

当然無職期間。

 

だが、真面目に会社で働いてきたときより、

フリーになった今、楽しくて仕方がないという。

 

 

この不真面目に生きるというブログでは、

シンガポール旅行のことも乗っていた。

 

内容はぜひ直接見に行ってほしいものだが、

毎年一度はシンガポールに訪れているという。

 

 

社会の荒波のなか、

会社に通っていて

そんな暇があるだろうか。

 

もちろん、有給を取らせてくれる会社も多い。

 

 

だが「取りづらい」との理由で、

取らない人がどれだけいることか。

 

 

時は令和だ。

 

有給を取らないことが

美徳とされた時代は終わったのだ。

 

 

有給を使わずにいることが

真面目だなどとは実に馬鹿げている。

 

休みを使って、仕事には集中し、

社会でいるにはメリハリが大切だ。

 

 

休みなしに仕事をすることが、

イコール真面目だと

美徳にしてはならない。

 

もっと身体の力を抜いて、

不真面目に生きてみてはどうだろう。

 

 

仕事上では真面目にすることは当然だが、

自分の生き方を、仕事を中心に

してしまっていいのだろうか。

 

会社への奉仕精神は素晴らしいが、

見返りがあるのかないのか考えた方がいい。

 

 

 

まとめ。不真面目に生きる方法について

 

不真面目に生きる方法とは、

一見簡単であり

実に難しいものである。

 

自分の理想通りにいかないことは当たり前だが、

それをポジティブに受け入れることも大切だ。

 

 

真面目な人ほど損をする、

ということは本当に世知辛い。

 

自分のポリシーに反しろとまでは言わないが。

 

 

だが、真面目に生きることに

疲れてきた人の、

少しでも救いになれば嬉しい。

 

 

不真面目を自称する由香里。

自分と同じくマッサージに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ