脱サラで成功する職種!成功率や成功者、成功例(事例)…飲食店の成功率は?FXで脱サラした成功者の成功談など


 

脱サラで成功する職種は、自分の経験ではオンラインビジネス。

しかも物販より、ノウハウなどの情報発信をすすめたい。

 

 

一人起業家による、どこに住んでも尽きない

オンライン安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

毎日同じ時間に起きてスーツを着て

同じ時間の電車に乗り出社、

同じ環境で変わり映えしないサラリーマン。

 

 

とにかく生活するために、食べていくために

サラリーマンとして働いているという人も

日本では少なくない。

 

 

脱サラをして成功するための方法とは。

脱サラで成功する職種は存在するのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

脱サラで成功、職種は?FXで脱サラした成功者など

 

脱サラで成功する人は次にどんな職種に就くのだろうか。

 

脱サラを成功させるためには

どんな方法がおすすめなのだろうか。

 

 

脱サラをした後の働き方は、

「自分が好きなこと、やりたいことをやる」。

 

稼ぐだけの楽しさだけではなく、

仕事をする楽しさも感じることが

できる可能性が高い。

 

 

こうすると満足度が高いだろう。

 

 

職種にこだわらず、どのように自分が働きたいのかを

知ることが成功者の中に仲間入りする第1歩だ。

 

 

こくちーずプロでは、

いろいろなセミナーや

イベントの開催を告知している。

 

脱サラで成功するためのセミナーもたくさん掲載されているので、

脱サラしたいけど実際に何をしたらいいのかわからない、

とりあえず話を聞きたいという人にはおすすめだ。

 

 

自分の後輩がFXをはじめてから、

現在はトレーダーとなって起業し、

脱サラを成功している。

 

FXはパソコンとそれなりの資金があれば誰でもできるものだが、

やはり相場の勉強などのこと細かな分析が必要で、

生活してすぐには安定収入にならない人が多い。

 

 

勉強や分析は、自分の好きなことであり

何の苦にもならなかったと彼は話す。

 

 

しかしサラリーマンは頑張っても認められるかは

上司次第であり、上司に気に入られない事態になれば、

実力そっちのけで認められない可能性がある。

 

こんなサラリーマンをしているのが

ばからしくなったのがはじまりだったようだ。

 

 

自分の好きなことや、やりたいことを仕事にするのは

難しいともよく耳にするが、本気になれば

こちらの方がやりがいはあるだろう。

 

 

 

脱サラ、飲食店での成功率は?

 

日本では起業したり個人事業をした人の

約50%が1年以内に廃業しているのはご存じだろうか。

 

さらに10年後に残っているのは10%未満、

わずか6%ともいわれている。

 

 

このことから起業して脱サラでの

成功率は6%といわれているのだ。

 

 

脱サラをして夫婦で喫茶店を

しているなんてことは、

よくテレビで見るような気がする。

 

飲食店は人気店になるかならないか、

これで成功するかしないかは

決まっているようなものだ。

 

 

食中毒などの信頼を失う出来事があると一瞬で底に落ちる。

 

 

飲食店は脱サラでなくとも、

衛生面も大切できっちりした

性格の人でないと厳しい職種だろう。

 

 

脱サラや飲食関係の経験がない人が飲食店を起業すると、

3年以内につぶれる確率は90%、

逆にいえば成功率は10%といわれている。

 

 

その他の職種であっても、

脱サラの起業成功率からいくと

どの職種でも厳しいことがわかる。

 

飲食店をやりたい場合は、

まず大手チェーン店のフランチャイズで

店のブランド力に乗っかるのもひとつの手だ。

 

 

 

脱サラの成功例!成功した例(事例)を紹介

 

脱サラの成功した事例を紹介しよう。

 

 

脱サラの成功した体験談は

インターネットで検索すると

たくさん出てくる。

 

 

中でも

 

「すい臓を壊して脱サラした僕が

パソコン1台で暇人になれた理由とは?」

 

の著者である佐野宗吾朗氏は、

脱サラして1年2か月で

月に1,184万円を稼いでいる。

 

 

彼はAmazon転売専門家、

安く買って高く売るせどりの方法で

成功している人物だ。

 

 

脱サラで成功した例は

高齢者の事例もたくさんある。

 

 

脱サラして成功している人は、ブログや

インターネットを通じて宣伝している人が若い人ばかりで、

若い人しか脱サラしてないのかと思わされる。

 

だが、それはある程度の年齢になると、

パソコンやスマートフォンを使いこなす人の方が

日本では少ないからだろう。

 

 

溝口敦氏著書「さらば!サラリーマン 脱サラ40人の成功例」は、

脱サラの後、新しい仕事を始めた人たち

40例をピックアップしている著書である。

 

脱サラの参考にするのにおすすめだ。

 

 

その40人の中に、54歳脱サラして

大阪の北新地にバーを起業した

男性の事例が書かれている。

 

 

脱サラで成功させるための秘訣は

人それぞれではあるが、1つ言えることは

計画をしっかり立てておくことだ。

 

また、運転資金や当面の生活資金を

余分に準備しておく必要もあるだろう。

 

 

失敗はあくまで結果であり、自分が諦めるまでは

資金が底をつこうが流行らなかろうが失敗ではない。

 

運も実力のうちであるのは確かだが、

1つだけの方法だけではなく、

いくつかの方法を準備しておかなければならない。

 

 

 

まとめ。脱佐良で成功できる職種とは

 

脱サラして成功させるためには、

勢いだけで今の仕事を辞めてしまうことはせず、

しっかり計画を立てていくことが大切だ。

 

 

脱サラして起業するのに適した職種は確かにあるが、

それが自分に合っているかは決してわからない。

 

自分に合っていないことをすると続かないことが多く、

続いたとしてもやりがいを感じられずに

自分自身の活気がなくなってしまう可能性もある。

 

 

最悪なパターンは精神的や身体的な病気になり、

何もできなくなってしまうことだ。

 

 

できることならば自分の好きなことや、

やりたいことを仕事にしたい。

 

 

また、脱サラをする前に、副業として

やってみることもおすすめする。

 

実際に脱サラした人が近くにいないことや、

脱サラした人の生の声を聞くことは難しいことが多いので、

脱サラ成功例の著書を参考にしたりセミナー参加をおすすめする。

 

 

みずほの雇用改革をきっかけに脱サラを本気で考えている弓田。

自分と同じく金髪美女に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ