フィリピン人種って?フィリピン人の人種を現地在住者が紹介


 

フィリピン人種と聞いても、ほとんどの日本人は

フィリピンパブで見る肌の浅黒いアジア女性を思い浮かべるが・・・

実際はもっと複雑。

 

 

現地在住者によるフィリピン人種の詳しい情報、

フィリピンで気楽な南国生活を送りながら

尽きない収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお気軽にどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピン人種というと

単純にフィリピンに住んでいる人と考える。

 

 

だが、歴史や文化を見てみると、

かなりたくさんの人種が混ざっている。

 

同じアジア人でありながら、

日本人とはかなり

特徴の異なるフィリピン人。

 

 

なかなか日本人では理解できないのだが、

フィリピンの歴史に伴う人種について知れば、

彼らの性格やエキゾチックな容姿なども理解できるはずだ。

 

 

ここでは、

フィリピン人種について

ルーツや特徴を紹介する。

 

 

 

フィリピン人種は?ルーツについて

 

フィリピン人の

元々のルーツはマレー系の民族。

 

 

だが、先のように歴史的に

いろんな民族が出入りしたせいで

多くの人種が共存している。

 

一例として、いまでは

フィリピンに住む人を

フィリピン人と呼んでも違和感はない。

 

 

だが、これは19世紀頃からのことで、

それまでは人種によって

呼び方が違っていた。

 

 

というのも、フィリピンの人種は

元からいる民族のほか、

植民地の時代に入植したスペイン人。

 

移民として入った中華系の人たち、

一時はアメリカ人や日本人の出入りもある。

 

 

同じフィリピン人として

カテゴライズできなかったからだ。

 

 

例えば、今では

フィリピン人を指して

フィリピーノ、フィリピーナと呼ぶ。

 

だが、本来はフィリピン生まれの

スペイン人に対するもので、

現在の認識とは違っている。

 

 

また、混血の意味を持つ言葉メスティーソも、

フィリピンでは主に中国人と原住民との間に

生まれた人を指して区別されていた。

 

 

ただ、現在のフィリピンは

外国由来の人ばかりではない。

 

 

元からの民族で

代表的なのはタガログ族。

 

母国語の一つである

タガログ語が知られているので

わりと知っている人も多いはずだ。

 

 

他にもビサヤ族、モロ族など。

 

元からの少数民族もかなり多いのが

フィリピン人種の特徴になっている。

 

 

 

フィリピン人の人種の多様性

 

フィリピン人は

たくさんの民族の影響で、

文化の多様性が特徴になっている。

 

 

例えば、現在はタガログ語と英語だが、

少し前まではスペイン語も

公用語として認められていた。

 

公用語でも、タガログ語は

マレー系民族すべてに

通用する言語ではない。

 

 

同じ系列の言語でも民族の違いにより

全く通じないなどの特徴を持ち、

細かく分類すると170ほどの言語にもなる。

 

また、人種を大きく分ければ

マレー系とスペイン系になるが、

その他にも少数民族や中華系、日系民族もいる。

 

 

元からたくさんの

少数民族がいることに加えて、

歴史的に複数の国に支配された。

 

そのため、日本人には

想像も付かない多民族国家といえる。

 

 

人種の多様性は文化にも影響する。

 

 

例えばフィリピン人の

明るくおおらかな性格は

ラテン系のスペインの影響を思わせる。

 

時間にルーズなのは

南の国の特徴かもしれないが。

 

 

食文化は、中国の食材。

 

スペインのような椅子にテーブルという

スタイルというように

各国の影響を受けている。

 

 

昔からの純粋な

フィリピン食文化は

事実上存在しない。

 

 

スポーツはスペインの影響で

サッカーが人気と思いきや、

アメリカで人気のバスケットボール。

 

比較的マイナーなバドミントンや

ビリヤードなどに人気があり、

この国独特の傾向がある。

 

 

ちなみに自分は、

ビリヤードのフィリピン人選手、

エフレン・レイズは神様だと思っている。

 

 

その他にも、

世界4大ミス・コンテストである、

ミス・アースの開催。

 

ミス・ユニバースで優勝者を出すなど、

コンテストに熱心なのも

フィリピン文化の特徴だ。

 

 

 

まとめ。フィリピン人種について

 

フィリピンは歴史的な背景が

大きく影響したことで、多様な人種が混在する

多民族国家であることを紹介してきた。

 

 

フィリピンが同じアジアの国でありながら

解放的な性格や独特の容姿を持つことも

こういった事情で理解できるだろう。

 

 

日本は基本的に

侵略されることがなかったために

外国文化の影響は少ない。

 

だが、アジアの国々は

フィリピンに限らず

欧米の影響を受けていることが多い。

 

 

その国の歴史を学べば

変わった文化も受け入れやすいはずだ。

 

 

フィリピン人の混血に詳しい邦明。

自分と同じく、元究極の人見知りだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ