タイのソイカウボーイの店一覧!地図(場所)やホテルへの行き方、コロナとソイカウボーイの今…店は?旅行の料金など


 

タイのソイカウボーイには、エイズ患者やドラッグ中毒者

半端なくいる。ハメを外し過ぎないように注意を。

 

 

長期滞在者によるタイの夜遊び情報、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

タイは日本人観光客からも人気の観光地である。

 

リゾートや寺院などの有名な観光地以外にも、

ソイカウボーイなどの歓楽街も

観光地として人気。

 

 

タイのソイカウボーイについて紹介しよう。

 

 

 

タイのソイカウボーイ、店一覧と場所の地図!

 

タイは日本人にも人気の観光地となっている。

 

物価も安く、高級ホテルなどに安価に泊まれるうえに、

滞在費もわりと安く済ませることができる。

 

 

贅沢しやすく、非日常感を味わうには

もってこいの国である。

 

 

昨今では、友人同士やカップルでの旅行のほか、

男性女性問わず、一人旅をする場所としても人気である。

 

 

タイは比較的治安が良いとされているが、

小さなトラブルやスリといった

軽犯罪などは多い。

 

観光をするなら地図などで安全な場所を

しっかり確認した方がいいだろう。

 

 

そして、タイは夜の観光地も有名である。

 

 

タイのソイカウボーイなどは有名な歓楽街の一つで、

バーなどの店が軒を連ねる通りである。

 

ここにあるバーはゴーゴーバーと呼ばれる、

女性が露出しステージで踊ったりして、

その周りをテーブルで囲むという店がほとんどである。

 

観光客に向けたスタイルのバーである。

 

 

タイのソイカウボーイでは、連れ出し料金もプラスで払えば、

店の気に入った女の子をお持ち帰りできるシステムもある。

 

どんな店があるかなどの一覧は

ホームページなどで確認ができるので、

事前に確認しておきたい。

 

 

タイのソイカウボーイはタイ政府の方針により

午前2時には閉店するようになっている。

 

閉店の1時間前から店のネオンも消えるので、

もし行こうとしているのなら、時間なども

考慮しておきたいところである。

 

 

歓楽街になるので、普通の街中よりも

トラブルなどがやや多いので、そこも

しっかりと頭に入れておきたい。

 

アルコールを飲む場所になるので、

飲み過ぎには注意しなけれならないところである。

 

 

 

タイのソイカウボーイ、ホテルへの行き方は?

 

タイのソイカウボーイは

観光客旅行客向けのバーが

立ち並ぶ歓楽街である。

 

 

女性が露出し、ステージ上で踊るのを見ながら飲む

ゴーゴーバーと呼ばれるバーがほとんどであり、

客層は外国人男性がほとんどである。

 

 

行き方はホームページなどをみれば分かる。

 

 

タイ自体夜の歓楽街は有名で、旅行にきたら

誰しもが一度は立ち寄ることはあるだろう。

 

歓楽街のあちらこちらに

立ちんぼのような娼婦がいて、

声をかけてくるのも珍しくはない。

 

 

日本人はお金持ちだと思われているので、

余計に声をかけられる可能性は高い。

 

 

そのような歓楽街にはスリなども

多くいるので気をつけたいところだ。

 

 

ゴーゴーバーなどのバーでは、

店側に連れ出し料を払えば、

女の子をホテルまでお持ち帰りできる。

 

そのために、歓楽街近くの

ホテルを予約する

観光客もいるほどである。

 

 

そこから先は女の子との

個人間での交渉による場合が多い。

 

ホテルに行ったり、

連れ出しても違う場所で

飲むだけだったり、様々である。

 

 

タイのソイカウボーイは

とても賑わいのある歓楽街であった。

 

だが、コロナ以降、観光客もいなくなり、

タイにも緊急事態宣言がでていたので

人出も少なくなった。

 

 

タイのソイカウボーイの今は、

前のような賑わいはなくバーの半分ほどは閉店していて、

女の子もおらず閑散としている。

 

コロナが落ち着き、世界的に旅行がまた

自由に行けるようにならない限りは、

賑わいを取り戻すことは難しいだろう。

 

 

 

まとめ。タイのソイカウボーイについて

 

日本含めて、世界中の観光地では

コロナウイルスの影響で

様々な影響を受けている。

 

 

様々な国で緊急事態宣言が出されたため、

歓楽街は特に人が消えてしまっている状態だ。

 

また、タイのソイカウボーイに

以前のような歓楽街としての

賑わいが戻るように祈るばかりである。

 

 

ソイカウボーイを知り尽くした拓郎。

自分と同じくシイタケが苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ