マニラのKTVでアフター?ミスユ二バースとKTVのおすすめ、持ち帰り…フィリピン、マニラKTVのアフター、ホームページを紹介


 

日本でのフィリピンパブ、

フィリピン現地のKTV。

 

 

日本のキャバクラや

女性が接客してくれる店に

出向いたことはある人が多いとは思う。

 

だが、異国の

そういった店に行くには

少し勇気がいるかもしれない。

 

 

しかし日本にはない

魅力の詰まった

KTVをぜひ体験してほしい。

 

 

そこでこの記事では、

 

 

フィリピンのKTV事情、

料金システムやおすすめ。

 

気に入った女の子が居たら

アフターやお持ち帰りはありなのか。

 

 

そんな疑問に答えていく。

 

 

カラオケができる店が基本なので、

カラオケ好きな人にもおすすめだ。

 

 

 

フィリピン、マニラのKTV…アフターや持ち帰りは?フィリピンのマニラKTV

 

フィリピンといえば自然も多く、

海などのリゾート地もある。

 

屋台で楽しむことができる

ローカルフードなども魅力だが、

夜のフィリピンにも目を向けてほしい。

 

 

日本ではフィリピンパブや

フィリピンガールズバーなどがある。

 

 

フィリピンではこういった

キャバクラ的な店のことをKTVという。

 

カラオケができるキャバクラ、

カラオケパブといったところだろうか。

 

 

マニラを中心に店があり、

「ジャパニーズKTV」「コリアンKTV」「ローカルKTV」

の3種類に分かれる。

 

 

ジャパニーズとは日本式であり、

極めて日本のキャバクラに

近いとされている。

 

 

サービスも日本水準で、

18~22歳と若い世代を中心に

日本語が話すことができる女の子が在籍している。

 

教育も行き届いている女の子たちだ。

 

 

ただし、お持ち帰りや

アフターサービスは厳禁であり、

そこらへんの規則は厳しいとされている。

 

 

コリアンとは韓国式とされていて、

日本式とスタイルはほぼ変わらないが、

個室で接客という点に違いがある。

 

 

もちろん個室では

お触り程度ならありだろうが、

それ以上の行為は禁止だ。

 

日本語がほとんど通じず、

英語も通じるかどうかなので

初心者向けではない。

 

 

カラオケに熱が入ると、

接客そっちのけになる

女の子も少なくない。

 

 

日本式と違う点は、バーファインという

気に入った女の子を連れ出すシステムがあり、

料金さえ払えばその後は自由なところだ。

 

 

ローカルとはフィリピン式であり、

地元のフィリピン人が訪れるKTVで

観光客向けではない。

 

日本語も英語も通じないので、

楽しむためには地元の友人や

知り合いに連れて行ってもらうといいだろう。

 

 

 

フィリピンのマニラ、ミスユニバースのKTV?シンシアなどおすすめやホームページ

 

フィリピンのマニラのKTVには

ミスユニバース並みの美女が

集まっている店も存在する。

 

 

フィリピンは

1969年、1973年、2015年、2018年に

ミスユニバースが誕生している。

 

基本的に美女が多いだろう。

 

 

フィリピンのKTVのおすすめは、

シンシアKTVのブログで定期的に

女の子の指名ランキングが掲載されている。

 

 

参考にしてみるのもいいだろう。

 

お気に入りの女の子が

見つかるかもしれない。

 

 

日本語での問い合わせも対応している

ジャパニーズKTVが多く、有名な店もいくつかあるので

初心者にはおすすめである。

 

 

ジャパニーズKTVの

海ラウンジという店がある。

 

海をイメージとしているのか、

女の子はハワイアンのような水着姿で、

花の首飾りのレイと頭にハイビスカスを付けている。

 

 

海が好きな自分としては

海と女の子を一度に楽しめるKTVで

おすすめである。

 

 

『海ラウンジ KAI LOUNGE』の他、

最近ではフェイスブックやインスタグラムでも

公式ホームページがある店が多い。

 

行く前にチェックすることだ。

 

 

 

 

 

 

KTV(フィリピン)の意味は?マニラ(manila)のカラオケ、KTV

 

KTVの意味は

カラオケTVの略である。

 

 

日本ならカラオケパブや

カラオケができる女の子が居る店のことで、

フィリピンではKTVと呼んでいる。

 

主に首都マニラの

マラテという地区に

集中して存在する。

 

 

システムとしては、

ジャパニーズKTVは90分500ペソ、

日本円で約3,000円が相場とされている。

 

ここに女の子の飲み物代300ペソ、

気に入った女の子の指名料300ペソ。

 

 

コリアンKTVは時間は無制限が基本で、

部屋代として500~1,000ペソ。

 

個室ごとに食べ物や飲み物を頼んで、

みんなで飲み食いしようというスタイルで

飲み物は60~80ペソ。

 

 

これらに税金が

12~20%かかる

といったシステムだ。

 

日本よりも安く、

陽気なフィリピン人の女の子たちが

もてなしてくれるので、大いに楽しめるだろう。

 

 

 

番外編:コリアンパブの料金やシステムは?

 

コリアンパブについて少し。

 

 

最近の反日影響もあり、

韓国のクラブは料金が高いということもあるのか、

日本では人気が落ちて着いているという噂を聞く。

 

しかし、コリアンパブを始めとする

コリアンガールズバーなどは

引き続き好評である。

 

 

例えば新大久保の

コリアンガールズバーだと

50分2,000円と格安で楽しむことができる。

 

 

コリアンパブの料金といえば

時間制限ありシステムで

90分6,000円。

 

そこに飲み物代などが加算されていき、

相場では全部で15,000円くらい。

 

 

日本のキャバクラのように

結構料金はかかる。

 

 

注意点としては、

お持ち帰りやアフターは

基本的には許されていないこと。

 

 

酔っぱらって

トラブルにならないよう

注意が必要なことだ。

 

 

 

まとめ。マニラのKTVとアフターとは

 

フィリピンのKTVは

基本的に3種類に分かれている。

 

日本人であれば

ジャパニーズKTVをおすすめする。

 

 

日本では

キャバクラやパブなどの

女性が接客する店だ。

 

そこで働く女性と客が

親密になることは

ないといっても過言ではない。

 

 

だがフィリピンのKTVでは

日本人男性と結婚してもいい、

むしろ結婚する相手を探している女性も居るのが現状だ。

 

実際、小遣い稼ぎで働くというより、

本気で一攫千金を狙って

働いている女性が少なくない。

 

 

本気で働いているからこその魅力があるし、

日本のキャバクラやパブより格段に安い。

 

 

ジャパニーズKTVは

しっかりと管理がされている店が多いので

トラブルが少ない。

 

 

日本とはまた違った感じで

楽しむことができるだろう。

 

クセにならないように注意は必要だが、

KTVを一度体験してみてほしい。

 

 

マニラのKTVにガツンとハマった羽根田。

自分と同じく白子が大嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ