ダバオで女遊び!風俗で持ち帰りは?フィリピンで女を買う…ビキニバーなどセブ島の女遊び(アリーナの持ち帰りや置屋)


 

フィリピンの歓楽街といえば

ダバオ、マニラ、セブ。

 

女遊びもここが有名。

 

 

ただし、日本と違い

システムが異なるので注意が必要なのだが・・・

ちゃんとした情報が少ない。

 

 

そこでこの記事では、現地在住者が

どんな部分に注意したらいいかまとめてみた。

 

 

 

ダバオで女遊び…風俗で持ち帰りは可能?ダバオ夜遊び

 

結論からいえば、

ダバオで持ち帰りは可能。

 

 

ただし、店によりBFを

禁止しているところもあるから注意したい。

 

分かっているかもしれないが、

ここでいうBFは

バーファインといって売春のこと。

 

 

お友達になりましょうの

BFではない。

 

 

日本のように明らかに

風俗店と分かるようなところはなく、

店によってはぼったくりがあるので注意。

 

多めに支払ってお釣りを期待しても、

しつこく催促しない限り

まず返ってこない。

 

 

女遊びできる店舗だが、

現地で探すのは大変だから

ネットでリサーチすることをおすすめする。

 

 

ダバオでは現地人はショーを楽しんだり、

店の女の子と会話を楽しんだりする人が多いから、

外国人が多い店がねらい目。

 

それから、店の女の子に

直接尋ねてみるのもひとつの方法。

 

 

店で女の子を持ち帰りは、

相場として約10,000円前後かかる。

 

 

これはかなりの出費。

 

決して安くない金額だ。

 

 

完全にセックスが目的なら

立ちんぼと遊んだほうが

1,000円程度で済む。

 

ダバオのダウンタウンには

立ちんぼの女性が

働いているエリアが多くある。

 

 

交渉が入ると2,000円くらいに金額もあがるから、

立ちんぼエリアで直接、

お目当ての女性に声をかけたほうがいい。

 

 

 

フィリピンで女を買う…マニラのビキニバーなど女遊びについて

 

フィリピンで

女を買うという意味では

マニラもおすすめ。

 

マニラには幾つかの

ビキニバーがある。

 

 

店内のスタッフは

客が女遊びに来たことを

よく心得ている。

 

だから、複数でたかり飲み物をせがんだり、

胸を押し付けてきたり、

ピラニアのごとくお金を吸い上げようとしていく。

 

 

おねだりの仕方は巧妙。

 

 

お尻に触れさせたり、

胸を腕に押し付けてきたり。

 

女慣れしていないと、

あっという間に

彼女達の餌食になってしまう。

 

 

だから、自分の目的を

はっきりと決めておくことを

おすすめする。

 

 

店内で女の子に交渉すると、

店に設置されているレンタルスペースで

目的を遂げる流れ。

 

 

金額は細かく設定されているから、

高額にならないためにも

事前にチェックしておくこと。

 

 

女の子を口説くなら

酒は飲まないに限る。

 

間違って泥酔しようものなら、

全て金目のものは持っていかれると

覚悟したほうがいい。

 

 

もしも、お持ち帰りしたいなら、

雇用されているスタッフ以外の

フリーランを探すこと。

 

ただし、キャッチバーレベルで

ぼられることもあるので注意したい。

 

 

店によっては、

1階がバーやショースペースになっていて、

2階がホテルになっている。

 

ホテルに

長時間滞在できないから

持ち帰るという流れに。

 

 

こちらも事前に

店のシステムを

理解しておくことが必要。

 

 

 

 

 

 

セブ島の女遊び…置屋やアリーナでの持ち帰りなど女との遊び

 

セブ島も遊び人にとって天国といえる。

 

女遊びをしたい男性には

おすすめの場所だ。

 

 

セブの風俗で

置屋はかなりマイナーになる。

 

セブ島ではアリーナという

ビキニバーが有名。

 

 

女性の出身地により

持ち帰りの値段が異なる。

 

 

安いのはマニラ。

 

セブ島だと

4,000円加算される計算。

 

 

ただし、

正直アリーナの評判は

あまりよくない。

 

店内の女性スタッフの

えげつないまでのチップ攻撃が

凄いからだ。

 

 

それと、女の子の質は高めだが、

金額的には持ち帰りが

10,000円以上と高め。

 

 

持ち帰りしなくても

シャワーが店内にあり、

気分が盛り上がったままセックスできる店もある。

 

 

 

まとめ。ダバオの女遊びと一人旅

 

フィリピンエリアで有名な歓楽街を

かいつまんで紹介してきた。

 

 

外国は日本と違い治安が悪い。

 

だから、キャッシュカードや

クレジットカード、

スマホなどはくれぐれも携帯しないこと。

 

 

店により女性の値段も

システムも異なる。

 

実際に軽く遊んでから

持ち帰りをするなり、

その場でやるなりしたほうがいい。

 

 

店の入り口に

屈強な男性が立っているところは

避けたほうがいい。

 

 

ダバオで楽しい南国生活を送る犬丸。

自分と同じくムカデが大嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ