本茶臼(体位)合体の画像!夫婦のブログや写真(画像)…ほんちゃうすは女性に人気?


 

本茶臼は、

セックスにおける体位のひとつ。

 

正式名称を知らないだけで、体験している人は

意外と多いといわれている。

 

 

移住者による外国人とのスキンシップの詳細、

海外に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

より密着度の高いセックスを

楽しめるものなので、女性に人気だ。

 

 

なによりキスができるというのが魅力的。

 

 

女性が上になるものなので、肌を磨いていれば

彼が新たな良さに気が付くかもしれない。

 

逆に男性は、彼女をサポートしながら

密着することができるのだ。

 

 

ただし、女性への身体の負担は

付き物のため、長時間は難しい。

 

また、激しいピストンも

あまり続かない体位ではある。

 

 

しかしじっくりゆっくりと

触れ合うにはぴったりだ。

 

今までしてきたものではあるが、

本茶臼と名前があったことを初めて知った、

そういった人も多いだろう。

 

 

ここでは、その本茶臼について説明していきたい。

 

 

 

本茶臼ってどんな体位?

 

本茶臼は「ほんちゃうす」と読む。

 

ではその本茶臼とは、

どんな体位のことなのか。

 

それについて説明していこう。

 

 

漢字だけ見るとなかなか

イメージしづらいのでは。

 

 

特徴は、騎乗位の一種で、

より密着することが

できるため女性に人気だ。

 

 

騎乗位の体勢から、

仰向けになっている男性の上に

女性が身体を倒す。

 

女性が好きに動ける体位になるため、

普段と違う興奮を味わえるはず。

 

 

男性はしっかり腰を支え、

サポートすることを

忘れてはいけない。

 

抜けないように腰を支えることで、

女性が身体を動かすことに集中できる。

 

 

また、下から男性が動いて

刺激を与えるのもいいだろう。

 

お互いに肌を密着した

状態なので興奮も冷めない。

 

 

女性には少し負担になるかもしれないが、

主導権を握りたい女性にはもってこいだ。

 

また、たまにはそうした嗜好の

男性にもぴったりな体位なのである。

 

 

 

本茶臼について紹介したブログ…画像も

 

本茶臼について夫婦での

やり方を紹介したブログもある。

 

本茶臼の合体した画像や、

本茶臼の写真が画像で見れる。

 

 

だが、アダルトサイトに

飛ばされないよう気を付けてほしい。

 

アダルトサイトでのウイルスなどは関与できない。

 

自己責任で調べてほしいところだ。

 

 

しかし、上でも述べた通り

密着できることは伝わっただろうか。

 

 

騎乗位の中でも特に密着することができ、

ラブラブな時間を過ごせる人気のものだ。

 

 

人気、といってもいきなり行うには

ハードルが高いかもしれない。

 

正常位でお互いに気持ちよくなってから、

ゆっくりとその体位に持っていく。

 

 

雰囲気を壊さぬよう相手を

抱き締めながら導くといい。

 

 

女性側からすると、男性の上に跨がり

抱き付きながら腰を寄せるのがいいだろう。

 

女性が主導権を握るような体位になるが、

下から男性がピストンも行える。

 

 

そして何より、キスがしやすいのも

人気になる理由のひとつである。

 

画像も検索すると出てくるので、

ビジュアルで確認してみよう。

 

 

 

まとめ。本茶臼ってどんな体位?

 

本茶臼についてイメージしてもらえただろうか。

 

 

四十八手というと、

プレイのイメージがあるかもしれないが、

ラブラブに行えるものも多い。

 

興奮を求めるだけでなく、

より身体を密着できるのは

好きな相手となら嬉しい。

 

 

なかなかこれをしようと言うのは言いづらいが、

さりげなく誘い、その体位に近付くのがいいだろう。

 

 

正常位から本茶臼へと移動していくもよし。

 

騎乗位から男性が背中を倒してもいい。

 

 

いきなりこれをしてくれと女性に頼むのは

雰囲気的にいかがなものかとは思うが、密着できる体位のため、

意外と乗り気になってくれるかもしれない。

 

 

忘れてはいけないが、それでも上になる女性に

無理をさせることは当然ながら言語道断。

 

 

セックスはお互いの性欲のみならず、

愛情を確かめるいわば

コミュニケーションツールでもある。

 

自分本意に行うだけでなく、

相手のことも気遣ってあげてほしい。

 

 

お互いに雰囲気を壊さず、

流れでうまくもっていきたいものだ。

 

 

正常位以外は嫌と語る綾井。

自分と同じく太った日本猫好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ