インスタントジョンソンのじゃいの競馬の税金…税金の払い方。競馬で税金が1000万?税金の法の改正は?


 

インスタントジョンソンのじゃいと

競馬の税金が話題になりましたが、

 

50万円以上は課税対象なので

少なくない税金を納めた様子。

 

 

競馬で毎月黒字を生むノウハウを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

お笑いトリオ、インスタントジョンソンの

じゃいの競馬の腕を一躍世に知らしめたのが

2014年のWIN5。

 

4千万円を超える配当金を手にしています。

 

 

万馬券を当てると

考えなければならないのが税金についてです。

 

 

 

スポンサードリンク

競馬の税金の払い方。競馬の税金はばれない?競馬の税金はいくらからでバレる?税金の計算方法

 

1997年に結成されたお笑いトリオ、

インスタントジョンソン。

 

ボケ担当のじゃいはギャンブル全般に強く、

競馬でも何度か万馬券を当てています。

 

 

高額当選となると、

気になるのが税金のこと。

 

 

競馬の払戻金は一時所得とされ

課税対象になります。

 

競馬で万馬券を狙うつもりなら

税金の払い方について

しっかりと調べておきましょう。

 

 

競馬の税金が

いくらからかかるのかというと、

50万円を超える額からです。

 

とはいえ厳しく取り締まっていたら

人々が競馬離れしてしまう恐れがありますし、

全ての人の所得状況を把握するのは不可能です。

 

 

さすがに競馬の利益が数千万を超える額になると

話題になるので税金の申告漏れは許されませんが、

数百万程度の利益ならばれないという考えが浸透。

 

8割の人が課税逃れをしていると言われています。

 

 

万馬券がもしインターネットで

購入したものなら履歴が残ってしまいます。

 

競馬場で購入したものなら税金の申告を

しなくてもばれる心配はないという意見がありますが、

絶対大丈夫とは言い切れません。

 

 

納税の義務を怠ると

追加課税の恐れもあるし

裁判沙汰になることもあります。

 

ある程度競馬で利益を出している人は

しっかりと税金の計算をしておきましょう。

 

 

競馬の税金の計算方法は

 

(払戻金-的中馬券の購入額-50万円)×1/2

 

です。

 

 

競馬の払戻金は先に述べた通り一時所得ですが、

投資のように継続的に馬券を購入している場合は

雑所得と見做されることがあります。

 

 

雑所得の計算方法は

 

収入(払戻金)-経費(馬券購入代)

 

 

つまり雑所得なら外れ馬券も

経費として計上できるのです。

 

 

 

競馬の税金で裁判…競馬の税金のニュース、逮捕はある?税金の対策や申請の方法とは?

 

競馬の税金については過去に何度も

裁判でトラブルになっています。

 

有名な事例を紹介します。

 

 

・2015年3月の事例

 

大阪在住の男性は会社員をしながら

競馬予想ソフトを使って

高額の利益を得ていました。

 

しかし期限を過ぎても確定申告をしなかったことで

脱税の疑いにより最高裁で争われることになりました。

 

 

争点となったのは外れ馬券は

経費となるか否かというポイント。

 

最終的には外れ馬券も

馬券を的中させる為に必要な経費という

男性の主張が認められ課税額は減額されました。

 

 

・2017年12月の事例

 

北海道在住の男性は

インターネットを利用して馬券を購入し

高額の利益を得ていました。

 

競馬の税金を申告する際、外れ馬券を

経費として申請しましたが、国税局は払戻金は

一時所得として経費に含めることを認めませんでした。

 

 

この男性は競馬予想ソフトを使用していませんでしたが、

購入方法は違えど継続して利益を上げている点で本質的に

2015年の事例と同じとされ、雑所得と認められました。

 

 

・2018年8月の事例

 

横浜在住の男性が万馬券の収入は事業所得であり

外れ馬券は経費で処理できると主張しましたが、

こちらは認められず敗訴という形になりました。

 

 

結果的に外れ馬券が経費として認められた

2015年、2017年のケースは特殊な例で、

競馬の利益は原則一時所得だと思っておきましょう。

 

 

これら競馬の税金に関する裁判は

ニュースでも大きくとりあげられました。

 

国税局では競馬の税金について

法改正を行ったほどでした。

 

 

しかし、

経費うんぬん以前に問題とされるのが

競馬の配当金の未納率の多さ。

 

この調査を受け政府では競馬・競輪など公営ギャンブルの

高額配当受取者に対し、税金の申告漏れの対策として

監視体制を強化する方針を固めています。

 

 

これにより

1,000万円以上の払戻を受けた人の情報が

国税局に提供されることになりました。

 

 

おもな対象は

インターネットでの馬券購入者ですが、

競馬場で購入した人も例外ではありません。

 

今までは窓口受取の際、

身分証提示の必要はありませんでした。

 

しかし、現在は

払戻金が1,000万円を超える場合は

記録が残されるようになりました。

 

 

競馬の税金は二重課税の疑いがあり、

今回の法改正にも不満の声が上がっています。

 

とはいえ、支払い義務を無視し続けると

追加課税が課せられたり、

最悪逮捕され刑事責任に発展することも。

 

 

競馬ファンには納得できない点も多いでしょうが

決定してしまった以上従うしかないのが現状です。

 

 

競馬の税金で注意しなければいけないのは

自身で収支を把握ししっかり申告をすること。

 

 

申告をしないと課税通知が届きません。

 

通知が来ないからといって

納税の義務がないと

勘違いしないようにしましょう。

 

 

 

まとめ。競馬の税金について

 

過去に何度も万馬券を的中させている

インスタントジョンソンのじゃい。

 

馬券の買い方や

ギャンブルの法則などの本も

出版しています。

 

 

競馬をよく当てる人は

独自の馬券購入ルールを持っているので、

是非とも参考にしたいものです。

 

 

趣味程度に競馬を楽しんでいる人は別にして、

定期的に馬券を購入している人、

競馬で利益を上げている人は確定申告を忘れずに。

 

競馬では年間の利益が50万円を超えると

納税の義務が発生します。

 

 

申告の際に外れ馬券を経費に算入出来るかどうかは

大きな問題で、過去にも何度か裁判沙汰になっていますが、

基本的に競馬で得た利益は一時所得とされます。

 

的中券の購入費以外は

経費として認められないことを

覚えておきましょう。

 

 

高額配当の取り締まりが強化されています。

 

今までのように納税しなくてもばれないと

楽観的に構えていると足元をすくわれることにも。

 

迂闊な失敗をしないよう、

税金の計算はしっかり行いましょう。

 

 

競馬にかつてハマっていた駒田。

 

自分と同じく、霊感はないが

生まれ変わりや神の存在を信じている人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

もっとエキサイティングな目標を立て、

それを達成したいあなたへ。

 

このノウハウで時代の変化に対応するスキルを身につけて

勝ち組になりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授