ベトナムとタイの違いは?ベトナムを旅行、ツアーでバンコクへ…違いを比較。地図、ベトナムからカンボジアへの飛行機など


 

東南アジアに長期滞在している自分からすると、

ベトナムとタイの違いと言えば、国民性

 

 

特に、前者が外人嫌いなのに対して

後者は観光大国名だけに、外人にもフレンドリー。

 

もちろん個人によって違うので

あくまで傾向だが。

 

 

ベトナムとタイのより詳しい違い、

東南アジアに住んでも入り続ける安定収入を得るための

具体的な秘訣を知りたいなら、以下より無料登録を。

 

秘訣を知りたい方は

フォームより
今すぐご登録を!

 

 

ベトナムとタイ、隣り合うこの二つの国は、

自分の中で親日国であるという

イメージが大きく、似ているように感じる。

 

 

微笑みの国のタイと

女性のアオザイが美しいベトナム。

 

どちらの国も日本からの

旅行先として

人気があるのは間違いない。

 

 

しかしベトナムとタイは

実は大きく違いがある。

 

それは日本と中国や韓国が、近い国であっても、

国民性や食文化など大きな違いがあるのと同じだ。

 

 

ではベトナムとタイは

どのような違いがあるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ベトナムとタイの違い!ベトナムと違いを比較すると…時差は?

 

ベトナムとタイの違いはなんなのか。

 

 

二つの国は隣り合うだけあって、

どちらも時差は日本とマイナス2時間差。

 

言葉はそれぞれ、

ベトナム語とタイ語と

母国語が存在し違いがある。

 

 

料理に関しては共通した食べ物はあるものの、

タイはカレーなど辛い料理を好み、

ベトナムはフォーなど優しい味を好む。

 

 

道路状況はあまり

良いものとは言えない。

 

 

共通のように感じるが、

タイは車に乗る人が多く、

ベトナムはバイクに乗る人が多い。

 

混雑しているのは同じだが、

道路の様子は違いがみられるのだ。

 

 

ベトナムの方が

交通マナーは悪いようだ。

 

タイは車なので渋滞中、

身動きが取れないだけな気もするが。

 

 

ベトナムとタイは同じ仏教国であったり、

性格が優しいところであったり、似てるように見えて、

よく調べると全然違うという特徴を持つといえる。

 

 

 

タイとベトナムをツアーで旅行!タイのバンコク、7日間の旅費やホーチミンへのフライト(飛行機)

 

旅行先を決めるときは、

行ってみたい観光地で決めたり、

現地の食べ物で決めたり色々だ。

 

 

タイとベトナムは隣り合っているが、

どちらも捨てがたい観光名所があり、

食べ物もどちらも魅力的だ。

 

 

タイにもベトナムにも行きたい、

どちらかを選べないという人には、タイとベトナムを

両方楽しむツアーもあるの知ってるだろうか。

 

 

何回も訪れていて、

もっとマニアックな場所に行きたい

という人には向かないかもしれない。

 

だが、初めて訪れ有名どころを

楽しみたい人にはぴったりなツアーだ。

 

 

タイとバンコクを両方旅行する人が

ツアーや個人でも利用しやすいのは、

バンコクからホーチミンへのフライトではないだろうか。

 

スムーズにタイから

バンコクへ行くことができる。

 

 

7日間の旅費は時期によって違うが、

55,000円~84,000円で

楽しむことができる。

 

 

 

タイとベトナムの地図…移動の参考に

 

知らない土地を旅するときに不安なのが、

土地勘が無さ過ぎて

目的地にたどり着けないこと。

 

 

タクシーや観光地なので、

現地の人に案内してもらう事も選択肢の一つではあるが、

海外では日本人は騙されることが多い。

 

日本のように親切心だけで

近づいてくる人は少ない。

 

 

タイやベトナム旅行でも、タクシーでさえ道を知らないからと、

遠回りしたり違う場所に連れていき、多くのお金を出させるのだ。

 

旅行する側も地図を用意するなど、

ある程度の対策が必要になってくるだろう。

 

 

移動の際に便利なのが

Googleマップといえる。

 

Wi-Fiがつながる環境であれば、

ナビにもなるので便利だ。

 

 

観光マップを片手に旅行するのは、

見るからに観光客感が出てしまい、

詐欺にあう確率を自分であげてしまいかねない。

 

Googleマップなら

ケータイやタブレットで見ることができるので、

観光客感は薄れるだろう。

 

 

 

ベトナムからカンボジアに飛行機で?周遊の旅行

 

同じく隣接した国、

カンボジアも魅力のある国だ。

 

ベトナムからカンボジアの

周遊ツアー旅行も人気がある。

 

 

安価なバスでの移動を選択することができるが、

時間がかかってしまうし、

窮屈な移動が考えられるだろう。

 

飛行機で移動することで

1時間から2時間半で、2か国の見どころ満載の

世界遺産を堪能することができる。

 

 

満足な旅行を

過ごせること間違いない。

 

お金の面で負担が多少あっても、

観光できる時間が増えるのは

メリットと感じる。

 

 

通貨が違うので

気を付ける必要がある。

 

 

また隣接国とはいえ、

生活の違いはある。

 

移動手段の違いや現地の人との接し方などが

大きく違うのであらかじめ勉強しておきたい。

 

 

 

ベトナムと日本を比較!ベトナム渡航ならハノイとホーチミン、どっち?

 

 

ベトナムに旅行を考え思うのは、

日本に比べ物価が安く、

長期旅行をするのにぴったりということ。

 

実際にはベトナムと日本を比較したとき、

本当に物価の安さは感じるのだろうか。

 

 

実際にベトナムの物価は

日本の3分の1ほど。

 

国産の食品類や交通費など、

安さを感じることができ、

旅行費は抑えることができる。

 

 

しかしここ数年で

ホーチミンの物価が

高くなっているのは事実。

 

約10%ほど上昇しているのだとか。

 

 

一歩都市から離れることで、

今までの物価の安さを

感じることができる。

 

 

ハノイとホーチミン、

どっちに行けばいいか迷う人も多いが、

はっきり言ってどっちも魅力的だ。

 

どっちを選んでも楽しめる。

 

 

日本から近いのはハノイと言える。

 

自然的なのはハノイ、

街並みを楽しむなら

ホーチミンではないだろうか。

 

 

どちらも魅力あふれる国と言える。

 

 

 

まとめ。ベトナムとタイの違いとは

 

アジアの旅行は

価格を抑えることができるので

長期旅行を選ぶ人も多いだろう。

 

 

世界遺産が多く見どころ満載な観光地は、

人生で1度は見ておきたい物ばかり。

 

 

隣接された国を

1回の旅行で周遊できるのは、

お得に感じる。

 

移動にも時間がかからないので、

観光の時間を大幅に削ることなく

満喫できるところもいいところだ。

 

 

観光場所にあわせて、

空港を変えると良い。

 

 

また観光する際のアイテムとして、

Googleマップを活用すると、

さらに観光がスムーズになると言える。

 

 

ベトナムとタイの両方に住んだことがあるマシコ。

自分と同じく「結婚はいらない」と語る(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ