ベトナムの大学は何年?偏差値や大学進学率、卒業時期とレベル、学費やランキング(一覧)…留学する大学生の数は?


 

ベトナムの大学は何年か聞かれるが、

基本は4年制。日本と同じだ。

 

 

長期滞在者によるベトナムの大学の詳細、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

東南アジアの国で観光でも人気の国であるベトナム。

 

ベトナムに留学する人も増えているという。

 

 

ベトナムの大学の偏差値はどれくらいなのか

などを紹介する。

 

 

 

ベトナムの大学、進学率の推移…大学進学率や偏差値のレベル

 

日本では未だに大学に行くことで

就職に有利だという考えもある。

 

日本の大学への進学率は80%を超えている。

 

 

医療や美術など特殊なことを学ぶ大学を除いて、

一般的な大学は、数が多すぎてレベルの差がかなりある。

 

偏差値の高い大学への人気が集中しているという現状だ。

 

 

一方でベトナムは大学への進学率を

図などで見てみると、昔に比べると

上がっては来ているがまだまだ低い。

 

その推移は近年、急激に

上がっているように見受けられる。

 

 

ベトナムの大学進学率は

ユネスコ調べだと世界で94位である。

 

日本は46位となっている。

 

 

ベトナムの大学の進学率の低い理由としては、

経済格差がまだあるというところが大きい。

 

経済がいくら発達したとはいえ、

富裕層と貧困層の差がとても激しい。

 

 

 

ベトナムの大学は何年?学費や卒業時期

 

日本では大学は何年制かは、ほとんどが4年制大学である。

 

一部医療系などは6年制である。

 

 

ベトナムも大学はほとんどが4年制である。

 

日本とベトナムの大学の違いは、

日本は入学時期は4月、卒業時期は3月であるのに対し、

ベトナムは入学時期は9月、卒業時期は6月となっている。

 

 

ベトナムの大学生はこの卒業と入学の間の

6月から8月あたりが夏季休暇となっている。

 

 

日本と同じで、

1年で必要な単位を取らなければ

次年度へと上がらない方式の大学が多い。

 

そして、ベトナムの大学では

すべての大学ではないが

一部学費を値上げしているところもある。

 

 

ベトナムではそのような理由で

大学卒業者数が入学者数より少なくなっている。

 

 

日本の大学によくある

生協などはベトナムにはない。

 

なにか欲しければ外部で買ってくることが多い。

 

 

大学生協では、自動車免許合宿のあっせんや

旅行のあっせんなどもしてくれるが、

そういうものは個人で手配しなければならない。

 

 

 

ベトナムの大学の数は?ランキングを一覧で

 

ベトナムの大学の数は2017年で

公立私立、短期大学も合わせて約230ほどだ。

 

2020年でも数はさほど変わらない。

 

 

ベトナムの大学ランキングトップ10は

検索するとすぐに出てくる。

 

一覧になっている。

 

 

1位のハノイ工科大学ではベトナムの近代化を目指し、

人材を育てることを目的とした大学で、

日本語教育などもなされている。

 

日本の慶応大学や立命館大学への

編入を目指すクラスもある。

 

 

ベトナムのランキング上位の大学では

日本語が学べるところが多い。

 

留学先としても日本は人気である。

 

 

ベトナムの大学ランキングは

2018年とトップはほとんど変わりない。

 

ベトナムの大学ランキング上位には入っていないが、

ベトナムドンア大学という大学は、

日本の大学と協定をむすび交換留学生などの制度も導入している。

 

 

 

ベトナムのハノイなど大学や大学院に留学!費用や日本語の学科、大学生

 

ベトナムの大学には日本語学科が数多く存在する。

 

ベトナムの大学からの正規ルートで

日本の大学に留学してくる学生も少なくない。

 

 

日本で技術を学ぶということは

とても優秀な証でもある。

 

 

ベトナムの大学生は夏休みは

6月から8月ほどである。

 

その休みを利用して、ベトナムの大学生は

旅行などで日本に来る人も多い。

 

 

大体ベトナムの大学生は2年になって

大学生活に慣れてから、アルバイトなどの

社会経験を積む学生が多い。

 

 

日本と同じでベトナムの大学生は

3年の終わりころから

就職活動を行いはじめる。

 

その時期あたりになってくると、

ベトナムの大学生は

インターンシップなどで忙しくなる。

 

 

それか、その時期ベトナムの大学生は

留学をすることも多い。

 

ベトナムの大学生は英語を学生のうちにしっかりと学び、

英語圏への留学か日本などのアジアへの留学が多い。

 

 

ベトナムの大学生は留学するために

英語を学ぶということも多い。

 

しっかり学ばないと、ベトナムの留学生は

留学した先の大学で勉強についていけない

ということも起きてしまうためだ。

 

 

あとは、ベトナムで

ボランティア活動などを行う大学生も多く、

その経験から社会貢献を学んでいる。

 

 

大学を卒業しても就職しない人も多くいる。

 

ベトナムの大学院でMBAをとるなんて人もいる。

 

 

ベトナムへ日本人が留学する場合、

ハノイなどの土地が住みやすく安心で人気だ。

 

滞在する生活費用などは物価の安さから抑えられるが、

学費は1年間で100万円ほどなので決して安い金額ではない。

 

 

 

まとめ。ベトナムの大学は何年?

 

アジアの発展途上国で、

大学への進学率がまだまだ低い。

 

経済的に発展させるためには、

優秀な人材を育て、優秀な人材を他国へ

流出させないということが大事であると思った。

 

 

そのためにも、貧富の差をなくし、

多くの人が多くの教育を

受けられることが大事だ。

 

 

ベトナムの大学に子供を入れたいと話す新見。

自分と同じく戦争映画が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ